ピクシブ百科事典

オオツキガタ

おおつきがた

メディアミックス作品『機動戦士ガンダムSEED MSV』に登場するモビルスーツ。

概要

ムラサメをベースに宇宙戦闘用主力機として開発された可変モビルスーツ。主なパイロットはタキト・ハヤ・オシダリ
外見はムラサメそのものだが、大きな変更点として背部にある大気圏内飛行用の主翼が外されており、M1Aアストレイと同じく、赤い部分が青色になっている。

ムラサメやM1アストレイの連携、ロングレンジからの超長射程高機動砲撃戦を考慮した設計となっており、取り外された大気圏内飛行用の主翼の代わりに、右側にセンサー連動式レールガン、左側に索敵・照準センサーが新たに装備されている。

ビームサーベルビームライフルバルカン砲等の装備は勿論、変形機構もそのまま残されているが、基本的にMA形態の運用を重点に置かれている。

名前の元ネタは里見義成の佩刀「大月像」から。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDMSV 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
オーブ連合首長国
ムラサメ(MS)
アストレイ

コメント