ピクシブ百科事典

IdentityV

あいでんてぃてぃふぁいぶ

IdentityV(第五人格/アイデンティティ5)とは非対称対戦型ホラーゲームアプリ。
目次[非表示]

概要

IdentityV(第五人格/アイデンティティ5)とは、中国NeteaseGamesが開発した、4対1の鬼ごっこ風対戦型ホラーゲーム。
日本語版の配信開始日は、iPhone版は2018年7月5日、Android版は同年7月11日。
2018年11月9日にはDMM.comでサービス開始、こちらはPCブラウザ版となる。ただし、アプリ版とも連動する模様。

プレイヤーは逃亡者「サバイバー」か追跡者「ハンター」を選択する。
各々には固有の能力がありそれらを駆使して、
サバイバー側はハンターから逃げながらゲートを開き、3人以上脱出すれば勝利、
ハンター側は逃げ惑うサバイバーを捕らえ、彼らを3人以上倒せば勝利。

2018年10月には2人のハンターと8人のサバイバーの計10人対戦が導入され、必要解読暗号機の数は7個など数の変化や、アイテムが購入できる電話ボックスなども導入された。

CS/PCゲーム『Dead by Daylight』とほぼ同じルール・ゲーム性になっているが、IdentityV の運営「NetEase Games」とDbDの開発「Behaviour Digital」の二つの会社は提携しており、DBDのプロダクトマネージャーらがIdentityVの公式なアドバイザーに就任している。

物語

記憶を失った元小説家の私立探偵オルフェウスは「失踪した娘を探してほしい」という依頼を受け、とある怪しい屋敷を訪れる。
そこで見つけた日記には、“謎のゲーム”への参加記録が記されており、何か失踪した娘と関係があるのではないかと考えたオルフェウスは、ここで開催されていた“ゲーム”についての調査を始めていく……。
このゲームには、サバイバーは“賞金”を求めて参加しており、ハンターはルールを侵したサバイバーが罰を受けた姿だという。このゲームの参加者が最終的にどこに消えてしまったのかはわかっていない。

プレイヤーは、オルフェウスの日記などに込められた想いをイメージで再現する能力を通じて、逃亡者「サバイバー」、または追跡者「ハンター」となり、ゲーム参加者の日記を通してこの奇妙な事件を追体験していく。

操作可能キャラクター

探偵

オルフェウス

ハンター

復讐者
断罪狩人
道化師
リッパー
結魂者
芸者
黄衣の王
白黒無常
写真家
狂眼
夢の魔女
泣き虫

サバイバー

幸運児
弁護士
医師
泥棒
庭師
マジシャン
冒険家
空軍
機械技師
傭兵
オフェンス
心眼
祭司
調香師
カウボーイ
踊り子
占い師
納棺師
探鉱者
呪術師

公式イラコン

pixivにて公式のイラコンが行われる事になった。詳細に関しては、以下の記事を参照してもらいたい。

「IdentityⅤ 第五人格 イラストコンテスト」開催



関連タグ

スマホアプリ ホラーゲーム 海外ゲーム

表記ゆれ

第五人格:タグ登録が多い
アイデンティティVidentityⅤ第5人格

腐向けタグBL人格

外部リンク

公式サイト
公式Twitter
ブラウザ版サイト

関連記事

親記事

アプリゲーム あぷりげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「IdentityV」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23548394

コメント