ピクシブ百科事典

目次[非表示]

うわさ
事件が発生してから、人類は昆虫と何の違いも無いことをメリーは悟った。
彼らが忠実心を見せるのは、決まってあなたを必要としている時だけだ。

概要

アプリゲーム「IdentityV」に登場するサバイバーの女性。
実装前に「メリー・プリニー」と翻訳されたことから、pixiv内にはそちらの表記の作品が多少ある。

プロフィール

名前メリー・プリニウス
職業昆虫学者
出身階級平民


容姿

Entomologist


被り物をかぶっており、顔が全く見えない。
UR衣装では口元が見えており、素顔は美人であることがうかがえる。公式から配布されている3Dモデルの解析により素顔・髪型が判明している。

蟲



性能

外在特質

  • 昆虫研究

虫取り網を携帯し、使用すると前方に虫の群れを集めることができる。
集めた虫の群れは追い散らしボタンを押すことで自ら追い散らすことができる。
虫の群れは生成された場所で障壁を形成する。

ハンターが虫の群れを通過すると妨害を受け、70%の移動速度が減少する。
サバイバーは影響を受けず、同時に障壁は一部のスキルの貫通を防ぐことができる。

虫の群れを集めた後は視点を切り替えることができ、虫の群れを指揮して左右に方向転換させたり、前へ移動させることができる。
虫の群れが素早く移動している間、操作していないサバイバー(昆虫学者自身を含む)を前方に押し進め、同時にハンターの移動を妨害することができる。
ハンターは2回攻撃することで虫の群れを追い散らすことができる(攻撃回復を触発しない)。

  • 調製試薬
複数の種類の昆虫の摘出物を混ぜ合わせてできた特殊な試薬。
板・窓を乗り越える時にその窓や板の摩擦を減らすことができ、サバイバーがその窓・板を乗り越える速度が10%増加する。
  • 香り
身体に香りを纏っており、ハンターの視界から外れると追加で5秒位置が表示される。

衣装(スキン)一覧

UR
ソフィアムジカ
新サバイバーUR衣装
【Identity Ⅴ 第五人格】 × 【約束のネバーランド】
溢れだす憎しみは白雪のような安らかな愛に埋もれるかもしれないが、いずれ太陽が大地を照らす日がやってくる。ムジカの服装。
約束のネバーランドコラボ。昆虫を使い切るとフードを脱ぐ。


SSR
黒の魔女
新衣装
黒の魔女
騙され、陥れられ、孤塔に囚われても、彼女はかつての名前を、かつての自分を諦めなかった。

SR
「特使」
悲劇の始まり。影は例外なく日の光に焦がれ、暖かい太陽は氷霜を抱きしめたいと望む。
反逆者
檻から逃げられない蝶は、とうに余力のあった羽根を折られている。

R
クロアゲハ
光に向かって飛べば、深淵にいたことを忘れられるのだろうか?
灰蝶
共生の情は、影が退いた途端に消えてなくなる。
枯葉蝶
劣悪な殻に長く囚われていると、かつての魂の輝きを忘れてしまう。

初期衣装ボロい服
昆虫学者
初期衣装。すべてが自然に見える。服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?

関連動画

キャラストーリー


関連タグ

IdentityV サバイバー(IdentityV) 被り物 蟲使い

背景推理(ネタバレ注意!)














背景ストーリー

昆虫学者メリー・プリニウスという人物は、生物学界で雑談のネタとして楽しまれている。その理由の一部は彼女の才能によるもの。
貧しい荘園のメイドから女主人、裕福な未亡人、そして生物学界の明星に至るまで、まるで鯉の滝登りのような物語は常に人を惹き付けた。
そして昆虫研究、特に有翅昆虫において、彼女は独特な見解を持っていた。彼女はその飛び回る小さき者たちを動かし、彼らが起こす行動を全て理解できる能力を持っているらしい。
そしてもっと多いのは彼女の容姿についての噂だ。
メリーが顔を表に出すことは滅多になく、議論の飛び交う学会よりも密林、沼地や荒野へ足を運び、そこの奇異な昆虫たちを探す方が好きなようだ。ほんの数回姿を現した時でさえ、顔全体を覆う大げさな紗帽をかぶっていた。
彼女が醜いから素顔で人に会いたくないのだと言う人もいれば、彼女が美しすぎるせいで彼女の研究ではなく、その容姿にばかり気を取られてしまうからだと言う人もいる。



1.安定安全な生活は相対的に不変な環境によって決まる。
1枚の写真:メリーが1人の歳の近い男性と一緒に、森の中で幸せそうに寄り添っている。
2.生物相私たちが本当に望むものは、表面上の生活では満足できない。
1枚の処方箋:眠り薬
3.固体化原理あの苦しみに対して後ずさなる者は、それ以上の苦痛を求められてしまうだろう。
1冊の筆跡が乱れたノート:彼女の変わらなさには虫唾が走る。
4.向光性信じたいものを信じれば、幸せではないのか?
1枚の写真:メリーが1人でテーブルに向かって座り、黙って向かいの空席を見つめている。
5.底生生物海の底には夢もあれば、絶望もある。
教会裁判所司法別居協議書:双方の司法別居を判決。
6.キーストーン種権利は沈黙する少数の者に握られるものだ。
1枚の写真:メリーがテーブルに向かって座っており、歳の近い男性が不満げな顔で彼の向かいに座っている。
7.地理隔離近いのに、遠い。
1通の招待状:我々はあなたの過去の経歴に非常に興味があります。きっとあなたのユーモアが、我が校の生徒に良い影響を与えてくれると信じています。
8.絶対的寄生物命の重さ、彼と私。
ある日の日記:私は今後の長い人生を、欠けてしまった生活を、どうやって過ごせばいいのだろう?
.9.異所的種分化周囲の匂いに微妙な変化が起こった。
1枚の写真:蜂の群れがベールをかぶった女性を取り巻いている。
10.母喰現象新たな生命には、常に「犠牲」が伴う。
ある日の日記:私の精神世界を永遠に楽しく保つ方法が分かった。
11.卵生新たな個体が殻を破って生まれようとしている。
1枚の写真:メリーは1人でテーブルに向かっており、向かいの席に笑みを向けている。

Identity V /entomologist

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メリー・プリニウス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メリー・プリニウス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149379

コメント