ピクシブ百科事典

魔トカゲ

まとかげ

魔トカゲとは、「IdentityV」に登場するハンターである。
目次[非表示]

うわさ
ルキノは禁忌の領域に深入りした代償を負っている。そのウロコはいつまでたってもきれいになることはない。

概要

魔トカゲとは、アプリゲーム「IdentityV」に登場するハンターの一人である。
プレイヤー間の通称として「ルキノ」と呼ばれている。

プロフィール

名前通称職業
ルキノ・ディルシ魔トカゲ生物学者


容姿

無題


名前の通りトカゲのような見た目をしており猫背気味。緑色のウロコがついておりあたまに赤色の突起のようなものがついている。ナイフのようなもので攻撃する。
設定資料ではグルカナイフに似た形状をしているが、傭兵との繋がりは不明。しっぽが生えているが切れるかも不明。
ちなみに武器の外見は、後に中国版で規制の対象となりペンチへと変更された。グローバル版では変わらずナイフのままである。衣装レアリティがSSR以上の場合のみナイフの形状をした武器になる。

特徴

ルキノさん


全体的にアウトローな感じが漂うハンターである。
風船拘束中の攻撃がヒットすると、悪役がよくやる剣舐めをする。
また、マッチング待機モーションでは唯一椅子に対して真っ直ぐ座らず、右のひじ掛けに背中を向け、左のひじ掛けに足を掛ける。ナイフを持った手は椅子からだらんとおろしている。

性能

外在特質(パッシブ能力)

  • 呪われた体

ルキノの体は変異により爆発的な力を手に入れた。
しかし、ジャンプするたびに体力を消費する。多段ジャンプにより消費する体力は比較的少ない。

形態変化/固有スキル(アクティブ能力)

  • 落下


ルキノは空中でみずから垂直落下することができる。

  • ハンタージャンプ

クリスタルキノくん


ルキノは地面から飛び上がり、空中で2回ジャンプできる。
ジャンプ中に障害物に衝突すると、空中から落下する。

カメラを向けている方向に大きくジャンプする。なので魔トカゲが向いている方向には飛べない。
2段目のジャンプの際にカメラの向きを変えると、飛ぶ方向を変えることができる。

  • 落下攻撃
一定の高さまで跳び上がった後にスキルボタンを押すと、ルキノが急速に垂直落下し、
範囲内でもっとも近いサバイバーにダメージを与えることができる。
また、範囲内の倒されている板を破壊する。

存在感が一段階目で使用可能。
ちなみに範囲はそこまで大きくない。

  • 熱狂
ルキノはさらに変異し、空中で三段ジャンプすることができる。
存在感が二段階目で使用可能。 

  • 蛇の化け物
強力な爆発力により、ルキノの垂直落下攻撃速度が大幅にアップする。
存在感が二段階目で使用可能。


長所

ジャンプによるある程度の障害物を無視したチェイスや、能力解放後は落下攻撃を絡めたトリッキーな攻撃が強み。

ジャンプは直線上に飛べば普通に歩くよりも早く移動でき、屋根や壁の無い高台(湖景村の船上やレオの思い出の工場階段など)にも素早く移動できる。
落下攻撃は攻撃後の硬直が短く、壁などの障害物を貫通して相手にダメージを与えられるので解放されればチェイス面が改善される。落下攻撃では椅子ケバブも発生しないため、キャンプにおいても優秀な性能を持つ。

レオの思い出では開けた場所が多くジャンプで階段をショートカットできるので能力を活かしやすい。

短所

ジャンプがとにかく障害物で停止しやすいことがよく槍玉に挙がる。木の枝どころか見た目では何もない場所ですら失敗することがあり、いつ何にぶつかるか怯えながらジャンプしなければならないという繊細な面を持っている。
そしてジャンプに成功したところで小回りも利きづらく、特にファーストチェイスで落下攻撃も使えないうちは板窓グル(特に小屋グル)に弱く時間を稼がれやすい。通常攻撃の貧弱さも拍車をかけ、前傾姿勢のせいか通常攻撃は当たらないのに板は食らうといった事態も起こりやすい。
かと言って落下攻撃が解放されたところで範囲はそこまで広くないのでサバイバーに回避されることも少なくない。

何より外在特質(パッシブ能力)がデメリットでしかないというのは下手をすれば調整前の断罪狩人(パッシブ無し)よりひどい。この体力の制約があるせいでスキルのCTが回復してもスキルが使えない場合が容易に起こりうる。さらに結魂者のクモの糸と違って使い道は増えるのに消費が軽くならないので後半になるほど息切れしやすくなってしまう。

かつて最弱と言われていた断罪狩人が強化により地位を上げてしまったため、現在は復讐者と並ぶ最弱筆頭候補となってしまった。

協力狩りにおいては体力の制約が輪をかけて足を引っ張り、「回復剤」でスキルのCTを短くしても体力の回復は早まらないので結局スキルの回転に制限がかかるという致命的な弱点を抱えているため、どうしても他のハンターに劣ってしまう。こちらでは疑う余地もなく最弱だろう。
一方BlackJackモードでは通常攻撃が1回でも当てればダウンなので、ジャンプで障害物を超えたり距離を詰めやすいため意外と活躍の機会はある方。

ジャンプできない場所が大部分を占めるホワイトサンド精神病院は彼にとって地獄以外の何物でもない。ランク戦では出現しないのがまだ救い。
ちなみにジャンプしても空軍などの持つ信号銃は追尾してきて命中するので回避にはほぼ使えない。ジャンプした結果壁に命中するルートになるよう誘導するなどの工夫が必要。興奮でいいとか言わない

衣装(スキン)一覧

宝石マトカゲ



UR
結晶体
第五人格log
引き留めるあり!
医療職:??? 備忘録:かつての肉体は地下のゴミ山の中に残っているのだろう。あの私を裏切り、捨て、替え、忘れ去ったやつ……必ず報復してやる。狩りはまだ始まったばかりだ。
結晶体がある白衣にゴーグルをつけ研究者のようないでたち。水色で体から宝石のようなものが突き出している。きらきら光ってとても目立つ。

SSR
夢を盗む行者骨笛
君の夢も頂こうじゃないか。
第五人格
夢こそが最も人を惑わすコレクションなのだ。君の夢も頂こうじゃないか。彼が裏切った悪魔を狩る時、その身にはめ込んだ笛は絶えず蒸気を放ち、恐ろしい笛の音を響かせる――それは戦利品たちがこの世に残した唯一の慟哭である。そして彼の次のターゲットは、人の世で堕落に甘んじているやつだ。
推理の径報酬

SR
実験体赤いウロコ
〚ゲームを開始します〛
【ててご】ついったおえかき
症状:機能異化 記録:体の複数の部分に爬虫類の生物的特徴が表れている。この実験体は院長がみずから管理していた。しかし、実験体が姿を消してから、事情を知っていた関係者も姿をくらました。ときにそれが赤いウロコなのか、できたばかりの傷なのかわからなくなるだろう。
服が青と白の縦じま模様になり、体にも青色がかかる。しかし、その服の柄からローソン店員と言われてしまう事もしばしば。
男爵ビル
ルキノ
てて5詰め詰め②
彼、又はあれがあなたを凝視していたら、真っ先に逃げる準備をしたほうがいい。「何がおきたかわけが分からないんだ。でも…私がロケットみたいにピューっと飛んだんだ!」
キノボリトカゲ
スス~自分より密林と相性がいい宝探しハンターに出会うことはめったにない。なんせ、自分はやや「特殊」だから。しかし三日目に、あの目を半分ぐらいしか開けていない奴に遭遇した時は、蛇はトカゲよりも危ない生物だと、認めざるを得なかった。

R
紫鳥頭
出会うと息苦しくなってしまうのは、その美しさの故ではなく毒性のため。

初期衣装ボロい服
ルキノさん出てください祈願
初期衣装。すべてが自然に見える。服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?

関連イラスト

結晶体ルキノ
例の如くルキノセンセ


ひなたぼっこ
ててごログ2



関連タグ

IdentityV 第五人格

背景推理(ネタバレ注意!)

この先ゲーム内における他キャラの「背景推理」のネタバレも含みます。











1.研究何が私たちに研究をさせるのか? 貪欲、知識に対する貪欲だ。
日記1:我々はこの世界で何を感じたかによって、自分が誰なのかを定めている。私がこの世界で感じたものは、未知だ。人々ははっきりしない情報や、存在すら怪しい暗示に不安にならないのだろうか? 1つの問題に完璧な答えを得られなければ、それは私の脳みその中でずっと私を「祟る」のだ。
2.毒液リスクがない仕事とはどのようなものだろう? 見返りが相応のものであればいい。
ファイル1:メキシコドクトカゲ、体長57-91cm、見た目は玉のように見える。腹部以外のほとんどを鱗が覆っている。毒液はドブネズミすら呼吸困難にする威力だが、人間に対する効力は限界がある。噛まれた部分が腫れ、痛みは24時間続き、発汗と血圧の低下が見られる。この品種の尻尾は一度千切れると二度と再生しない。
3.社交これは仕事がもたらす副産物の1つだ。
日記2:デュケイン・トンプソン博士は彼の本当の考えを上手く隠しているが、時間がすべてを説明するだろう。私が彼の「仲人」事業を挫折させたからか、あるいはトンプソン博士の価値観によるものか:「買収できない者がいれば、それは潜在的な敵だ」。
4.つまむくらいで十分錠剤分量の重要性は詭弁で無視されがちだ。
ファイル2:ミイロヤドクガエル、体長1.6~2.7cm、広い頭部と短い鼻を持つ。皮膚は滑らかだ。1本目の指は2本目の指より長く、指部分は全て水かきがついている。背中は緑色か黄色をしており、縦に模様が入っている。毒液の鎮痛効果はモルヒネ以上だ。
5.近道金で全てを買えるのか?
日記3:デュケイン・トンプソン博士の告知は彼に大量の研究素材をもたらした。彼の新しい課題に期待している。彼が二度とこれらの素材を新たな「展示品」にしなくなることを祈る。
6.苦境有限なる人生で無限の知識を求めれば、失敗するのも当然だ。
ファイル3:アメリカドクトカゲ、体長30-60cm、鱗はメキシコドクトカゲに似ており、色のある面積はさらに大きく、豊富な色がある。尻尾は太く、切れると再生できない。毒液は人の四肢を麻痺させ、嘔吐を催させ、時間が経つと昏睡させるなどの症状が見られる。治療すれば命の危険はない。大きな裂傷は傷口の炎症と極度の痛みを引き起こす。
7.取るに足らない者我々はいつも目立たない者たちを無視しがちだ。
日記4:実験室の清掃員から奇妙な蛇の話を聞いた。彼が言うには、この蛇は十数日で四肢を生やすらしい。科学知識を持たない人間の戯れ言のように聞こえるが、すぐに冗談ではないことを察した。私は彼に手袋を着けるか、他の道具を使ってその「蛇」を捕まえることを提案した。もしかすると我々は新しい生物を発見できるかもしれないと。
8.誘惑罠だと分かっていても進んでしまう。
日記5:トンプソン博士から決して断れない提案をされた。あの品種不明のトカゲの共同研究?あるいは蛇か。とにかく、これはつまり私が新たな種属を確立させる機会を得ることができるということだ。うますぎる話だ。しかし誰がこんな誘惑を断れるだろうか?
9.罠最高の罠には、人は自分から足を踏み入れるものだ。
ファイル4:この生物は完全な前肢を有しており、後肢はまだ発育が未完全だ。頭部の両側面に耳孔は見られない。全身を灰色で四角い鱗が覆っており、腹部の鱗は背部よりやや大きい。目は開閉可能で、共に瞬膜を持っている。咥内検査の結果、上顎前部に尖歯あり、毒液は無効の様子。ドブネズミに異常は見られない。
10.境界越えようとしなければ、境界ははっきりと見えない。
傷口が乾燥し、荒くなってきている。痛みはない。体力も嗅覚も上がっているし、古傷も薄くなってきている。メキシコドクトカゲやアメリカドクトカゲとは明らかに異なる。この生物の毒液は世界を変えるかもしれん! 実験の速度を早めなければ。

補足
「トンプソン博士」と「実験室の清掃員」は夢の魔女の背景推理にも登場している。
そちらは清掃員こと「ダレン」視点で品種不明のトカゲの入手経緯が書かれている。

トンプソン博士は実験のためと称して高値段で珍しい鱗のある動物を募集し、展示・仲介(販売)することで大金を得ていたと思われる。
それを妨害したのが研究機関に移動してきたルキノで、トンプソン博士から恨みを買うことになった。

進化論を信じていたルキノは両生類・爬虫類の毒液をドブネズミと、おそらく自身の体を使い研究していたようで、トンプソン博士が清掃員から購入した品種不明のトカゲの毒も自分に使用している。
その結果「禁忌の領域に深入りした代償」でトカゲ人間になった。

清掃員「ダレン」の父と兄弟は眠りに隠れている禁忌の場所を研究しており、長い階段を夢に見た後に相次いで失踪している。ダレン自身も品種不明のトカゲを譲渡後に夢で長い階段を見ている。

なお夢の魔女の趣味は「生物の改造」である。

近期



背景ストーリー

かつてルキノ・ディルシはとても優秀な学者だった。彼はいつも爬虫類生物の研究に夢中だった。
そんなある日、彼は同僚からある珍しい毒蛇をもらって、永遠に姿を消した。
人々は彼の部屋で血だらけの鱗を発見したが、奇怪なことに、これらの巨大な緑色の鱗は異常に硬く、表面はとても粗かった、今まで知られている爬虫類生物とは思えなかった。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔トカゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 915961

コメント