ピクシブ百科事典

白黒無常

しろくろむじょう

アプリゲーム「IdentityV」に登場するハンター。
目次[非表示]

うわさ
謝必安と范無咎は傘に魂を宿している。かわるがわる生まれ変わり、かわるがわるすれ違い、憂う思いは断ちがたい。

概要

アプリゲーム「IdentityV」に登場するハンター
二人一組のキャラクターであり、本名は白い方が「謝必安」、黒い方が「范無咎」だが、こちらで呼ばれることは稀。
略称として「白黒」「無常」などと呼ばれる。

                            職業:鬼使い  通称:白黒無常

容姿

白黒さん


非常に細身で背の高い、瓜二つな外見を持つ2人の男性であり、名前通り白黒を基調としている。
髪型は辮髪で、顔は大半が侵食されているかのように二色に分かれている。
なお彼らは容姿が非常によく似ているが双子ではなく、血の繋がった兄弟でもないようだ。(余談の項も参照)

謝必安

雨の日
梅雨


シャ・ビーアン、またはシェーピアンと読む。通称「白無常」。
白をメインとした服装で、顔の白い部分が多い。瞳は紫色。
大人しい印象を抱く声で、動作もどこか優雅さを感じさせる。

范無咎

白黒無常まとめ(王遙有)
黒無常


ファン・ウジン、またはファンジョーと読む。通称「黒無常」。
黒をメインとした服装で、顔の黒い部分が多い。瞳は黄色。
勇ましい印象を抱く声で、動作は荒々しい力強さを感じさせる。

性能

基本性能から異なる二種類のモードを切り替えて戦うハンターであり、
切り替え時に瞬間移動による長距離移動も可能で、
実質的に補助特質「瞬間移動」を内包していると評されることもある。

外在特質(パッシブ能力)

  • 双魂

白と黒の2つの側面を持ち、それぞれの形態を切り替えることができる。
謝必安(白)は移動が速くリーチが長いが、スタンからの回復が遅く攻撃が遅い。
范無咎(黒)はスタンからの回復が速く攻撃が速いが、リーチが短く移動が遅い。
ゲーム開始時は白。

形態変化/固有スキル(アクティブ能力)

  • 諸行無常
交代


開幕から使用可能。
形態(白黒)を切り替えることができる。
アイコンを押しすると、前方に傘を投げることができる。
傘を投げると、形態を切り替えつつ傘のある位置にまで瞬間移動する。
移動距離は長押しした時間がながければ長いほど伸びる。
クールタイム30秒。

  • 吸魂揺魄
存在感ゲージが1000溜まることで解放。
使用時の形態によって効果とクールタイムが異なる。

第五人格まとめ【1】


白無常時では「吸魂」。
5秒間移動速度が大きく上昇し、付近にいるサバイバーに吸魂ゲージを与えることができる。
ただし効果時間中は「諸行無常」が使えなくなり、窓や板を越えることもできなくなる。
吸魂ゲージが最大まで溜まると「失魂状態」となり、数秒間サバイバーは移動以外のアクションが行えなくなる。
ただし吸魂状態でもハッチ脱出はできるため、立ち回りには注意。
デバフ目的より距離を詰めるためと割り切って使用するのも手。
クールタイムは20秒。

むっじょ


黒無常時では「揺魄」。
鈴を鳴らし、前方の範囲内にいるサバイバーに特殊な調整(スキルチェック)を発生させる。
サバイバーが調整に失敗すると60秒間の「心震状態」になる。
「心震状態」自体には弱体化効果はないが、この状態にあるサバイバーが再度「吸魂揺魄」で調整に失敗すると「落魄状態」となり、一定時間操作方向が逆になる。
また、命中時に2秒程度のスタンを付与するため、板や窓まであと少しの距離というところで使用することで足止めし、先手を打つという使い方も強力。
クールタイムは15秒。

両方の「失魂状態」と「落魄状態」が同時に付与されると「失魂落魄状態」に変化し、
付与されてから15秒間そのサバイバーは行動速度が大幅に低下する。

  • 諸行無常増強
存在感ゲージが2500(最大)まで溜まることで解放。
諸行無常が強化され、切り替え時のモーションが短縮される。
また切り替え後にそれぞれの形態に対応した吸魂/揺魄効果を与える衝撃波を発生させる。
クールタイムは強化前から変わらず30秒。

長所

索敵が得意な白無常と攻撃性能の高い黒無常を臨機応変に扱いつつ、
諸行無常による長距離移動でマップ中を縦横無尽に動き回る立ち回りが強力。
特に補助特質「瞬間移動」を装備しなくとも長距離移動が可能なため
別の補助特質を選んでも高い機動力を誇る。
やや扱いが複雑ではあるものの、全体的にバランスの良い強力なハンターと言える。

細かいところでは、白無常の攻撃判定は見た目では絶対に当たっていないように見える距離でも届くことがある(ランダムで長さが変わる)という異様な範囲を持つが、長さ故に障害物に吸われることもあるので当たるかどうかは運次第である。

短所

白無常では攻撃の出の遅さやスタンの長さ、黒無常では移動の遅さとリーチの短さがネックとなる。

白無常の吸魂使用中は板や窓を超えられないことや攻撃の出の遅さから複雑な地形を苦手としており、
移動が速いとはいえ板や窓の多い場所でのチェイスは苦手。
スタンさせられると回復までに余計に時間がかかることもあり、板地帯などでは特に辛いものがあるだろう。

黒無常は移動速度が遅いため、直線的に逃げられるだけでも追いつくまでに時間がかかり、
揺魄が障害物を貫通しても板などを早倒しされているとスタン時間が無駄になりがち。
各種デバフも慣れている相手にはほとんど通用しないため、
スタン時間も活かせないとなれば大幅なタイムロスは免れないだろう。
また、攻撃性能が高いとはいえ全体的なチェイス能力は低い方なので、切り替えるタイミングを見極める必要がある。

両者共通の弱点として、チェイス中に諸行無常で先回りしようとしても、
傘の動きを見てから逆方向に逃げられて余計に距離を稼がれるといった場合も起こりうるので、
使いどころには注意が必要。
また、距離が離れていてもダメージを与えられる手段を持たないハンターでもあるため、
極端にチェイスを短縮することは難しく、基本は純粋なチェイス能力が試される部分も弱点として挙げられるか。

余談

日本実装前は「黒白無常(こくびゃくむじょう)」という名称だった。

彼らには明確な元ネタがあり、七爺八爺という台湾・中国の二人組の神様がモチーフ。
別名も「黑白無常」とまんまである。
白い服で背の高い方が「七爺」「謝将軍」「謝必安」「白無常鬼」、
黒い服で背の低い方が「八爺」「范将軍」「范無咎(范無救とも)」「黒無常鬼」。
生前から死に至るまでのエピソードもほぼ同じであるが、
元ネタの方では死後に地獄の神となっており、悪い魂等を地獄へ捕縛するとされている。
要は「地獄の神」を「ハンター」に置き換えたのが白黒無常というキャラクターである。

中国地域出身である故か、彼らの衣装説明などには所々漢詩が使用されている。

衣装(スキン)一覧

UR
東風遙神の眷属
ててご 2
B&W IdentityV fan art
今日岐路を憐れむ 帰り来たれども衣払わず 急難の中で懇願せよ。虚無からの応答は、あなたに喜びをもたらすだろう。
中国語で「ドン フン イアオ」と読む。三国時代の武将のような装いとなる。名称通り、白無常が教皇のような外観となるが、黒無常はそれが闇堕ちしたような対照的なカラーリングになっている。


SSR
四つ辻の美少年レクイエム
美少年
レクイエム
霧が立つあの十字路で、彼らに会ったことはあるだろうか?彼は既に銀色の鎌で過去に関する全ての縁を絶ち切っていた。
伊藤潤二『コレクション』」コラボ限定のスキン。「死びとの恋わずらい」に登場する四つ辻の美少年がモチーフ。見た目が大きく変わるためか、モーションも専用のものに変更された。プレビューアクションでも専用ボイスを喋るが、試合中では通常ボイス。専用ボイスの声優はアニメ版と同じく吉野裕行氏と緑川光氏。

SR
無影の陽無水の渓
無影の陽  無水の渓
無常まとめ
世で最も遠い距離、それが陰陽、相生、隔たり。この岸の枯渇、あの岸の繁栄、汝も思いも無い。
白と黒の比率が少し均等寄りになり、雲のような模様の装飾が追加されている。全体的に青いカラーリングとなり、両者の違いも青と白の比率の差になる。
荊衛
ててご 3
赤か青か。それは意味のない選択だ。
白無常は赤、黒無常は青になる他、将軍のような服装になる。

R
霞の影
夕陽が落ちてようやく雨が上がり、関所には崩れかけた欄干が名残をとどめているだけだ。千里の彼方まで美しい春の風景が遠望でき、五陵は何事もなければ顧みられることがない。
全体的に赤い服装になり、白無常は白、黒無常は赤になる。

初期衣装ボロい服
しろくろ
初期衣装。すべてが自然に見える。服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?

携帯品

UR
潮呼び夜も朝も海が砂をさらい続け、蒼海変じて桑田になってしまった。
特殊効果:スキルエフェクトの切替。「吸魂」は、水を吸収しているような感じになり、「揺魄」は、さざめく波になる。


SSR
逐香塵暗馥微火を留む 心事共に灰に成す
特殊効果:スキルエフェクトの切替。「吸魂」は、黄色いオーラになる。「揺魄」は、その範囲の縁がはじめは一筆で白い墨をなぞった感じになり、消えかかる時は黒い墨っぽくなる。

SR
封情人は死んでも、その姿は絵に残る。
巻いてある絵巻物。
前世の記憶あんな奴らも、こんな事も、もう既に全て砂の中で混ざり込んでる。
謝必安(シャ・ビーアン)と范無咎(ファン・ウジン)の、ハンターになる前の二人の名札。

関連イラスト

白黒無常
無常


無常
ててご



関連タグ

IdentityV 第五人格

無常兄弟……同じくNeteaseGamesが開発したゲーム「陰陽師」に登場する、元ネタが同じキャラクター。

背景推理(ネタバレ注意!)

この先ゲーム内における「背景推理」のネタバレを含みます。




























1.同道その一瞥で、旧知の如く分かち合える気がした。
結ばれている二人の名札:謝必安(シャ・ビーアン)と范無咎(ファン・ウジン)、二人の衙役(がえき)の名前が微かに読み取れる。
2.憂悪は罪を補うべきだ!
一枚の告発状:自分の息子が酒場で衙役に傷付けられたと地方大員が訴えている。
3.疾風情義に苦しみ
正義を貫くことが、名誉につながるとは限らない。
4.驟雨(しゅうう)浮名に患う
「あの日は誰が手を出した?お前か?謝必安か?」
5.劫(こう)命は蜉蝣(かげろう)の若し
一封の極秘手紙:十日以内に満足のいく結果が欲しいと、地方大員が促している。
6.一つの理由棄(う)つるべからず
一封目の自供書:謝必安は酒場で傷害事件を起こした事実を認め、その他人物と一切無関係であることを誓った。
7.一つの言い訳留めるべからず
二封目の自供書:范無咎は酒場で傷害事件を起こした事実を認め、その他人物と一切無関係であることを誓った。
8.途方の暮れ絶滅の境地では、必ずしも一生を得るわけではない。
一枚の委託書:謝必安と范無咎、二人で逃走中の犯人を追うよう書かれている。
9.咎(とが)めぬ者おらず天の与えるものを取らずんば、必ずその咎(とが)を受く。
一封の手紙:范無咎が謝必安を南台橋に誘い、傷害事件の解決策について相談しようと綴られている。
10.風雨去りしも是非を問う
謝必安は逃走した犯人を突き止めた手柄で「真相」を選ぶ権利を得た。彼は、自ら唯一の「罪有る人」になることを選んだ。
11.南台不帰約束を破ったのは、誰か ——
范無咎は知っていた。大員が求めているのは真相ではなく、誰かが代価を支払うことなのだと。
12.降り止まぬ雨と今生の別れ
一枚の判決書:衙役・范無咎は酒場で障害事件を起こし、事件が明らかになる寸前、暴雨によって南台橋で溺れ死んだ。傷害事件はこれにて解決したと看做(みな)される。

※用語の意味
衙役(がえき)中国清代に地方官庁において、令状の送達、人身の召喚、逮捕、看守など、肉体的労務に使われた人員。
驟雨(しゅうう)にわか雨のこと。
劫(こう)非常に長い時間という意味が一般的だが、この場合「おどす」という意味になると予想。
不帰(ふき)二度と帰ってこないこと。転じて、死ぬこと。



背景ストーリー

謝必安と范無咎は幼い頃から深い絆を結んでおり、二人はまさに兄弟のようだった。

ある日、二人が南台橋を歩いていると、空に雲がかかり、今にも雨が降り出しそうになっていた。
謝必安は范無咎に橋の下で雨宿りをするよう言い残し、自分は傘を取りに一旦家へ戻ることにした。
しかし謝必安がその場を離れた途端大雨が降りかかり、河の水面が瞬く間に上昇していく。
范無咎は約束を破りたくない一心で、橋の下を離れようとしなかった。

その後、傘を持った謝必安が戻ってきても、范無咎の姿はどこにもなく、河は既に橋ごと呑み込んでいた。
謝必安は心を酷く痛め、晴れの日も雨の日も、白い服を着てはその時の黒傘を持つようになり、狂った彼は南台橋で首を吊り、命の終焉を迎えた。

白黒常不成



2人の絆を見届けたあの黒傘はその後、どこかの商人に買い取られ、行方がわからなくなったという。
しかしあの二人の魂は既に傘に宿っており、永遠に離れることはないだろう。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白黒無常」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1884721

コメント