ピクシブ百科事典

リッパー(IdentityV)

りっぱー

リッパーとは、「IdentityV」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

鼻歌を歌いながら腕を組む。
客人に対するリッパーの要求には、独特の基準がある。


概要

リッパーとは、スマートフォンアプリ「IdentityV」に登場するキャラクターである。
「リッパー」とは通称であり、本名は「ジャック」。
名前の通り「切り裂きジャック」をモチーフにしたキャラクターである。
職業は画家。


容姿

スーツとコートを纏う、いかにも紳士といった服装をしており、同ゲーム内のハンターの中でも比較的人間に近い形状をしている。
が、白い面をつけその下は計り知れず、左手には大きな刃がついている。

衣装

  • 初期衣装

初期衣装。すべてが自然に見える。

  • ボロい服
服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?
  • 薔薇の紳士
誤解しないで欲しい。
この薔薇色は赤ワインに似合うためだけだ。
その他の液体とは一切無関係さ。
  • 黄銅の紳士
赤は警告、緑は息災を意味し、黄色は最も人を不安にさせる。
  • 緑の紳士
たまには葉っぱで手慣らしをするのも、いい暇つぶしだ。
  • コーヒーの紳士
紳士はコーヒーの味が分かるものだ。
  • パティシエ
この結婚がどれほど荒唐無稽であっても、パティシエはただ心を込めて労を尽くし、前代未聞の食材を取り入れながら驚くほど美しい作品を作り上げる。
  • 理髪師
理髪師はかつて職業、身分、外見を偽っていた…
唯一事実を語るのは左手の抑えきれない衝動だ。
  • 金のテンタクル
不気味な霧の色に溶け込んでいくうちに、彼は元の形を失ってしまった──
「リッパー」はどこにもいないようで、どこにでも存在する…
  • 銀のテンタクル/緑のテンタクル
この原始的な色合いは世間からそがいされた霧の都の怪人ですら虜にしてしまった。
彼はスカーレットで自分を彩るのが待ちきれないのだ。
  • 霧のミサゴ
霧がかった航路や港で、それ…あるいは彼に出会いたいとは、永遠に思わないでしょう。
  • 赤い鴉
濃霧の港には、時折このような得体のしれない艶やかな色が現れる。
  • エイの航海士
彼は終始諦めなかった。
邪魔な蝶を海底に沈めることが船長の目を覚まさせる最良の方法だった。
しかし、最後にあの秘宝を代償にしたのは少し痛い。
  • 冷たい航海士
彼はどんな人間にも甘んじない。
特に退屈な情や愛に陥った船長には。


性能

能力

霧に隠れる

濃霧はリッパーにとって最も親しい相棒であり、切ってもきれない関係にある。
大きな動作をしていない時、リッパーは次第に霧に隠れた状態になり、真の無形なる者への変わる。

幽暗に隠れる

深く濃い濃霧は霧の都についてより多くの記憶を呼び起こす。
リッパーはすばやく霧に隠れた状態になり、かつ霧に隠れた状態での移動速度が上昇する。


外在特質

寒霧

寒気が骨まで染み入り、霧がリッパーの爪刃に凝集して霧の刃になる。
霧の刃が一定程度溜まったあと、リッパーが攻撃すると追加で霧の刃が発生し、同時に溜まった霧を消費する。
霧の刃は飛行経路に霧エリアを残す。
霧エリア内ではリッパーの移動速度がアップし、霧に隠れるスキルのクールタイムが大幅に低下する。
霧の刃が命中したサバイバーも、移動時に霧エリアを残す。

霧の都

※アップデートにより変更になった寒霧前のリッパーの外在特質
濃霧はリッパーの最高の相棒である。
サバイバーが一つのエリアに長く止まりすぎると、霧を引き寄せてしまう。
リッパーが霧のエリアで攻撃する時、より多くの霧の刃が発生し、同時に「霧に隠れる」のクールダウンも大幅に短縮される。



背景推理

この先ゲーム内における「背景推理」のネタバレを含みます。




  • 1.好奇心
君は考えたことがあるか?あの下にどんなものが隠されているか。
日記:私はかつて、大好きな人形を持っていた。
「彼」はその腹を切り裂いてみるように私をそそのかした。
中には何もなかったが、二度とその人形をうまく縫い合わせることはできなかった。

  • 2.平静
芸術とは相手のない慈悲だ。
日記:絵を描いている時だけ、「彼」はこんなに静かになる。
だから私は描き続けなければならない。

  • 3.悪い子
お前は自分を律しなければならない。
私は今、悪い子だ。
なぜなら、良い子はもう眠っているから。

  • 4.戦績
人生の苦しみとは、どれだけ努力しても誰にも理解されないことだ。
新聞の切り抜き:婦人が5名、メアリー・アン・ニコルズ、アーニー・チャップマン、エリザベス・ストライド、キャサリン。エドウッズ、メアリー・ゼイン・ケリー。

  • 5.身分
どんな人にも身分が必要だ。
私が言いたいのは、身分は1つで良いということだ。
日記:私は眠ることに恐怖を抱き始めた。
それは元々、一度きりの冗談だったのに、今となっては……
毎朝、鉄さびた匂いの中で目覚めた。
どうしたら「彼」から逃れられるだろうか?

  • 6.ジョーク
ほう、これはなかなか面白い。
別に危害を加えるようなものじゃないだろう?
私は彼らが震えている可愛い姿を見るのが大好きなんだよ。

  • 7.地獄から来た
暗闇は、まだ光によって見通すことができる。
しかし霧は、消えるのを待つことしかできない。
日記:できるのなら、私を止めてみせろ。

  • 8.拒めない贈り物
来るべき運命を拒む方法はひとつしかない。
それは死だ。
木の化粧箱:新聞紙で包んだ赤い肉会が収められている。
紙片にはこのように書いてある:「送り出せ」!

  • 9.追補
ちょっとした厄介ごとを生み出せば、簡単に元あった秩序を乱すことができる。
混乱のいいところを知っているか?
それは公平さをもたらることだ。
悪いことが半分、いいことが──ちょっと待てよ、ヤツはまだ存在しているのか?

  • 10.幕が下りる
終わりは来なくなんかない。
人が不安になるのは、このすべてがどんな形で終わるのかがわからないことだ。
油絵:暗い寝室で黒いトレンチコートを着た男性が窓のそばに立って下を眺めている。


関連イラスト

リッパーさん
リッパー
瞬間移動
銀のテンタクル





関連タグ

IdentityV 第五人格

コメント