ピクシブ百科事典

アイザック・フォスター

あいざっくふぉすたー

アイザック・フォスターとは、フリーゲーム『殺戮の天使』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

通称名Zack(ザック)
身長186cm
血液型B
誕生日推定7/24前後
星座獅子座
CV岡本信彦

※正確な日付は不明。施設にある書類にはこのように示されている。

レイがB6Fで出会った殺人鬼。
二十歳前後ともいわれるが年齢不明。(B4にて発見された履歴書に20歳と表記されている。)
巨大な鎌を携え、逃げ惑うレイを追いかける。黒っぽいパーカーを被っており、髪はあるようだが顔と上半身と両手を(火傷の跡を隠すため)包帯で覆っており容姿が不明。パーカーには返り血跡らしきものが付いている。身体能力が異常に高く、多少のダメージはものともしない。

…もっとも、もっと生命力が高い人物がいるようだが。


幸せそうな人間や嬉しそうな人間を見ると、つい殺したくてたまらなくなる自称"マトモな成人男性"。希望との落差や、恐怖に怯える表情に快楽を覚え、興奮が高まると思わず相手を斬り殺してしまう。あまり考えることは得意ではなく、頭はよくない。

「各フロアの者はそのフロアから出てはいけない」という「規則」があるはずのビルで、何故か自分のフロアであるB6から出てきてレイを追いかけてくる。レイに「殺してほしい」と請われるが、感情が欠落したレイを殺すことは彼の殺人観念にそぐわないようで拒絶反応すら見せた。ビルから出るためにレイと共に行動するようになる。嘘が大嫌い。自分が嘘をつくのも嫌らしい。

B4Fの資料、並びに本人の語りにより彼の生い立ちが語られる。
幼少の頃、母親の連れの男に火をつけられたが、上半身に火傷を負って生き残り、やがて違法の孤児院に預けられ捨てられる。劣悪すぎる環境に置かれ、死体処理などを手伝わせられるものの、経営者夫妻を殺し、逃亡した模様。また、この生い立ちのために、火に対してトラウマがある。

子供として過ごす時間がなかったため、字も読めないありさまだが、彼の部屋には練習しようとした痕跡が残っている。レイと過ごすうち、殺すことしか知らなかった彼にも次第に別の感情が現れるようになるが…

#コンパスコラボ



NHN×ドワンゴにより共同開発されたTPS(三人称視点シューティング)リアルタイムオンライン対戦ゲームの「#コンパス」で殺戮の天使コラボにてレイチェルとの2人1組ヒーローとして参戦。

これにより、CAPCOMリュウ春麗VOCALOID初音ミク鏡音リン鏡音レンKADOKAWAエミリアレムアークシステムワークスソル=バッドガイディズィーカイ=キスクと初共演を果たすこととなる。

ザック&レイチェルのユニットはスプリンターとなっており、スプリンターの中では攻撃力が高めで、アタッカーのような立ち回りが可能。特徴として主に操作するのはザックであり、レイチェルはその後を自動で追いかけてくるという#コンパス初登場となる2人1組で行動するヒーローである。(なおレイチェルには当たり判定がない)
アビリティ『ザック、動いちゃダメ』はザックが移動していないときにレイチェルがライフを回復するというもので、ザックが移動を止めたあとにレイチェルが追いつくと発動する。
ヒーローアクション『ダッシュ』は画面を長押しで歩きよりも早いスピードで移動し、敵の近くで指を離すと専用エフェクトと共に鎌で攻撃(ダッシュアタック)するというもので、後述のヒーロースキルによって強化される。
ヒーロースキル『殺されると誓え』は専用のエフェクトをまとい、前述のダッシュアタックをスキル発動後一度だけ超ダメージ(ガード貫通)にするというもの。しかし倒されてしまうと効果がなくなってしまう為、返り討ちに遭い倒されたり、ヒーロースキルの無敵・"返"カード(カウンター)発動などによって回避されてしまう。

余談

綴りは『Isaac・Foster』。
アイザック」の名前の意味は、『(彼は)笑う』。
本編の登場人物の一部と同じく、旧約聖書創世記』の登場人物が由来となっている名前である。
また名字の方は、作品のモデルであると考えられる英語圏、特にアメリカ辺りだと職業に由来する名字がつけられることが多く、「フォスター」は『刃物屋』という意味である。
ちなみに職業以外だと『里子、里親の』という意味がある。

関連イラスト

殺人狂
殺天LOG002


ザックさんの爽快シーン
レイ!



関連タグ

殺戮の天使 レイチェル・ガードナー
包帯 殺人鬼 パーカー男子

13†サーティーン†:カップやきそば現象。#コンパスに参戦したガンナーのヒーロー

pixivに投稿された作品 pixivで「アイザック・フォスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1286115

コメント