ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「レムは、スバルくんを愛しています」

プロフィール

誕生日2月2日
年齢17歳
身長154cm
体重53kg
名前の由来Left
特技料理・洗濯・掃除・裁縫
趣味演劇鑑賞・詩文
CV水瀬いのり


人物像

エミリアの暮らすロズワール邸でメイド頭を任される水色髪ショートが特徴の鬼族の少女。
一人称は「レム」。
姉のラムとは対照的に右目に前髪が掛かっている。
ラムと二人、広大な屋敷を維持する有能メイド。雑務全般を一手に担っており、屋敷の仕事の9割は彼女が行っているお陰で屋敷の機能は維持されている。本人曰く「ラムはただいるだけで満足」。

性格は温和で献身的だが、それは心を許した相手にだけ見せる表情で、敵対者には容赦をしない。
意外と感情の抑制が利かず、暴走しやすい一面もある。目下、レムの愛情はラムとスバルの二人に捧げられている。なお、姉より胸が大きいことがコンプレックスだったが、最近それを克服した。
ラムが姉らしく「傲岸不遜な毒舌担当」と形容されるなら、妹のレムは「慇懃無礼な毒舌担当」と紹介されている。
とある事情からラムに対して負い目を持っており、自己評価が極端に低い。
姉への贖罪の為に生きていたが、主人公のスバルに救われ諭されたことで、トラウマを克服する。
スバルを「レムの英雄」として絶対視し身を尽くすが、彼の逃避を許さない厳しさの象徴でもある。

見た目は可憐な少女だが、その実態は鬼族としての怪力と身体能力をフルに活かして戦うゴリゴリの戦士で、戦闘力は折り紙付き。戦いでは鎖で柄と繋がれた刺付きの鉄球、モーニングスター(フレイル型)を振り回して敵を粉砕する。相当使い慣れているようで、掠め当てて抉り斬るなんて芸当も見せる。
後に白猫プロジェクトかんぱに☆ガールズでも、このモーニングスターが彼女のモチーフ武器として登場する。
武器は、昔にロズワールから贈られた物。
癒やしを司る水魔法の使い手でもあり、攻撃と回復の両方をこなすことができる魔法戦士でもある。
鬼族なので、角の力を解放して鬼化することで身体能力や回復力を一気に高めるという切り札を持つが、角を折られる前のラムと違って鬼化中は理性を保てず激情の赴くままに行動しがちになる上、心身の負担も大きいため、余程のことがない限りは使わない。

ラムやエミリアとは違い、レムは「魔女の残り香」を嗅ぐことができる。
そのため、最初はその臭いのするスバルを警戒しており、ループの中には憎悪を肥大化させて彼(スバル)を殺害してしまった展開もある。
だが、魔獣の騒動の中で和解したのを機に、彼に恋心を抱いて支えるようになる。また、3章では打開策が全く見つからず、精神が摩耗しきった末にスバルから駆け落ちを持ち掛けられた際は、それを嬉しく思いながらも、自らの好きな「英雄」としてのスバルであり続けて欲しいという気持ちを打ち明け、その直後に彼から「エミリアの事が好きである」という正直な気持ちに告げても、その想いは全く色褪せない所か真摯に向き合い続けようする。
そして、三大魔獣の一つである白鯨と壮絶な激戦の後は、負傷を押してでも泣きながらついて行きたいと願う献身さも見せ、そんなレムの存在は、スバルにとっても精神的な支柱と言える程、かけがえのない物になっていく。
ある意味、メインヒロインのエミリア以上にメインヒロイン的な役割を果たしている

学園リゼロにおけるレム

学園リゼロでは勿論ラムの妹で、スバルの幼馴染となっている。
いつもスバルと一緒に登校している。原作同様、スバルに対する愛情は重い。
席替えで三回連続でスバルの右隣という鬼がかかったくじ運を持つ。

外部出演

白猫プロジェクト

ラム、エミリアと共に参戦した、水属性のウォリアー。
スキル1「アル・ヒューマ」で周囲の仲間のHP回復と前方への水属性攻撃
スキル2「鉄球振り回し」で広範囲に防御無視の水属性攻撃
スキル3(チャージでスキル1が変化する)「鬼化」でバーサーカーのごとく「暴走」し、
HPを回復できなくなる代わりに倒されなくなる。攻撃速度などもアップする。
効果が切れると、しばらく同スキルは使えない。
モチーフ武器もモーニングスター「棘鉄球ロズワールセレクト」だが、
オートスキルに「フォームチェンジ」が入っているために、装備すると「クラスチェンジ」の一部恩恵を受けられなくなってしまう

Re:#コンパスから始める異世界生活



コンパスコラボ


リアルタイムオンライン対戦ゲーム『#コンパス 戦闘摂理解析システム』でエミリアと共にヒーローユニットとして参戦する事となった。もちろん新規ボイスで登場。最初のKADOKAWA枠となる。

レムのロールはアタッカー。おなじみの鉄球を携え、ガンナー以外のヒーローの中でトップの通常攻撃範囲を持つ。
得意カードは「近」と「周」で、特に「周」はヒットまでの時間が全ヒーロー中2位タイ。ただしどちららのカードも(「周」は特に)使用後の後隙が長いので、攻撃を外してしまうと手痛い反撃を喰らうだろう。

アビリティ「レムは英雄の介添え人!」は自分の体力が少ないほど攻撃力が上がる効果を持つ。そのため、殴り合ってたら攻撃力がどんどん上がり、止められなくなることもある。ただしその分、体力が減っているため狙われやすいという弱点も持っている。カード攻撃を使ってうまく反撃しよう。

ヒーロースキルは「レムは鬼がかってます!」。原作通りの鬼化状態になり、約6.5秒間攻撃力・移動速度が大幅アップするほか、通常攻撃にガードブレイクが付与される。ただし、強力な効果の代償として発動中は一切操作不可能という大きな弱点を抱えている。
非常に強力だが、溜め時間が長いこともあり、敵のヒーロースキルの無敵時間で防がれてしまう事も多い。

ヒーローアクション「鉄球叩きつけ」は、前方に移動すると同時に着地点の周囲にダメージを与える。攻撃以外にも長距離を一気に移動できるほか、一部のステージでは段差をショートカットする事もできる

配信開始時、そのホントに鬼がかった性能によって、ゲームバランスを崩壊させる事態に。
それを重く見た公式は後日、レムだけの弱体化アプデを公開した。
余談だが、ほぼ1年後に今度は同社のこのすばアクアも同じ事をされている。

プリンセスコネクト!Re:Diveにおけるレム

あちらでのコラボイベントRe:ゼロから集まる異世界食卓開始と同時に、新キャラクターとして追加された。ラムと異なり☆3ガチャ排出だがアングレアと違い期間限定

イベントではスバル達と同時に転移したペテルギウス打倒のため美食殿と共闘する。

角も怪力も当たり前のように受け入れてもらえたアストルムの人々には感謝しているようで、
その恩に報いるよう日常では日々給仕活動に励んでいる。

原作で見せた狂気は鳴りを潜めている。
美食殿やアストルムの人達の雰囲気に毒された結果かもしれない。

戦闘モーションはラムと共に固有のものが与えられている他、
攻撃時にあちらは魔弾、こちらは鉄球を繰り出す他、勝利時に二人が隣り合っていると専用の演出が見られる
コラボキャラとしては破格の待遇といえるだろう。

スキル

ユニオンバーストアル・ヒューマ前方範囲に物理ダメージ、行動不能の相手にはダメージアップ
スキルエル・ヒューマ目の前の敵単体に物理ダメージ+凍結
エル・ヒューマ+目の前の敵周辺に物理ダメージ+凍結
アクアヒーリング最もHP割合の低い味方一人を回復
EXスキル鬼がかってます!物理攻撃力中アップ


ステータス

【物理】
中衛で、鬼の力で敵を粉砕する、双子の妹。
回復スキルの他にも、温度を操るスキルを得意とし、敵を凍結させた上でユニオンバーストで薙ぎ払う。

初期レアリティは☆3。各スキルにシナジーはあまりないが、アタッカーながら回復を、スタン持ちながら範囲攻撃を使えるキャラクターと言い換えることもでき、持たせられる役割は多い。
ステータス「回復量上昇」はさほど高くならないものの、攻撃力が非常に高いので回復量はメインヒーラーにひけを取らず、他のヒーラーとタイミングをずらして回復してくれるのは嬉しい限り。
ユニオンバーストのダメージは「中」「大」表記だが「大」「特大」の間違いではないかと思うくらい強く、行動不能の脆い相手に当てることができれば撃墜が狙える。
どのスキルも有用な反面単体では生かしきれないことが多いため、他のキャラとのシナジーを狙って編成を組むことが求められるだろう。姉は勿論のことだが、回復を持たず、ユニオンバーストでスタンさせられる振袖レイとは特に相性がいい。

斧三本をRank毎に要求するためか物理攻撃力が非常に高く、同条件だと壊し屋迫る
鬼族なのに専用装備なしでも攻撃力トップに踊り出ないのはどういうことだろうか。
(一応装備や絆ボーナスを抜いた素の攻撃力ではエリコに勝るがその差は☆5・Lv130で7。誤差と取られても仕方がない)
しかも耐久面もバレンタインver.のそれに魔法防御力以外全て負けており、
物理アタッカー中ワーストクラスである。姉もワーストクラスに打たれ弱いが、それでいいのか鬼族。

2020年11月10日にイベント復刻に併せて専用装備「レムの髪飾り」が実装された。
スキル1の効果が範囲攻撃となり周辺の敵への足止めも可能となった。ついでに威力も1.3倍に強化され効果時間も1秒程伸びている。

余談

作者曰く「構想の段階では存在していなかったキャラクター」。
双子キャラのという脇役ポジションから、人気だけでサブヒロインと呼ばれるまでに昇格した成り上がりヒロイン
第2章の猟奇的な存在感と、第3章で見せたスバルへのスパルタながら一途で献身的な態度のギャップで、読者から圧倒的人気を勝ち取った。
その他、本命が他にいるスバルに「レムは第二夫人でもいいですよ」とさらっと言ってしまえる強かさや、演技だけでスバルから言質をとるあざとかわいさなど、エミリアには無い魅力も兼ね備えている。

初期はスバルから「レムりん」の愛称で呼ばれていたがあまり定着せず、
本編内ではもっぱら「レム」と呼ばれるに留まっている。
ただ一部ファンからは未だに愛称で呼ばれることも多く、pixiv内で「レムりん」のタグはほぼ彼女のイラストが占めている。

タグに関して

『(リゼロ)』の付いていないレムでもイラストが投稿されている。
そのため、イラスト検索の精度向上のためにも、こちらのタグを使用することを推奨。

関連項目

Re:ゼロから始める異世界生活
ラム(リゼロ) ベアトリス(リゼロ) ナツキ・スバル エミリア(リゼロ) 
レムりん メカクレ スバレム
メイド 双子  青髪
水色髪 ショートヘア モーニングスター
鬼の嫁 真ヒロイン 鬼化レム
ゼロから

香風智乃声優繋がり+水色髪つながり+制作会社繋がり(ごちうさ1・2期のみ)
ちなみにラムは奈津恵と同じ声優である。

ご注文はバルバロうさぎですか?


園崎魅音(真詩音):鬼の双子。彼女の姉・園崎詩音(真魅音)は「角」ではなく、「鬼の名」を失っている。設定などがかなり似ている。名シーン「いいえ、ゼロから!」に似たシーンが存在する

私たち来世も双子がいいね


カスミ(プリコネ):プリコネにおける声優繋がり

センシティブな作品


エリコ(プリコネ):プリコネの人物。角、怪力、ヤンデレ、154cm、1Rankアップに斧3本と共通点が多い。
セン・ヤガミ/オン・イズモ:かんぱににおける同族。

以下、3章ラスト〜4章(アニメ2期)のネタバレ






































第三章の最後で、魔女教大罪司教「暴食」担当のライ・バテンカイトスに『喰われ』、眠り人となる(ラムが受け取った手紙が白紙だったなど、伏線はある。さらにスバルの白鯨を倒したセーブ地点ではもう襲われるのを避けられず、「エミリアかレムの二択になる」と第三章のエピローグでスバルが語っている)。
これにより、スバルと、禁書庫により時空の流れから離されていたベアトリス以外の全員が、レムの存在を忘れてしまう。(ただし、作者曰く「ベアトリスが禁書庫にいた間は権能の影響を受けなかったが、出てきたら受けた」とのことであり、ベアトリスはスバルと契約して禁書庫を離れた時点でレムを忘れている。

Re:zero 9 Illustration Color




以下、6章のネタバレ










































第六章61にて、一瞬だけ『記憶の回廊』に登場。
恐らく、ライ・バテンカイトスに喰われた『記憶』が現れたものだと思われる。
ルイ・アルネブとの対峙で心が折れそうになっているスバルを、世界で一番厳しい声で叱る



「――立ちなさい!!」

「立ちなさい!!」

「立ちなさい――!」

「立って……! 立って! 立って! 立ちなさい!」

「立ちなさい、ナツキ・スバル! 立ちなさい! ――レムの英雄!!」

「立ち上がれたなら、いってください。いって、救ってきて、全てを」

「全ては全て。何もかも。全部、全員、自分も、最も身近な他人さえも!」

「やれますよ。だって」



 「――スバルくんは、レムの英雄なんです」 

Re:zero 24 Illustration Color 1






以下、6章ラスト〜7章のネタバレ










































第6章90 『英雄』でレムが目を覚ますが、スバルに向かって「──あなたは、だれ、ですか?」と言い放つ。レムがスバルを覚えていないことがわかる。

更に自身の記憶も欠落しており、いわばスバルと出会った頃に戻ってしまい、魔女の残り香を漂わす彼に不信感を持っている。塩い。


「耳障りのいいことを言って私を誘い、挙句に女の子は見捨てる。そんな相手に、どうして信じろなんて言われて信じられるんですか。ふざけないでください」

「そんな邪悪な臭いを漂わせて、何も企んでないだなんて白々しいですよ!」

「は? 違いますけど?」

「――あなたは、英雄じゃないんですから」

Re:zero 26 Illustration Color 1

関連記事

親記事

Re:ゼロから始める異世界生活の登場人物一覧 りぜろのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レム(リゼロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229715698

コメント