ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「食休みかと思えばこの有様。美食だの悪食だのどうでもいいのに……本当、私たち以外は食事のなんたるかが全然わかってない」

「私たちの名前は、魔女教大罪司教『暴食』担当、ルイ・アルネブ」

「いい、いいわ、いいわね、いいわよ、いいじゃない、いいじゃないのさ、いいだろうからこそ……私たちも、あたしたちも、『食す』価値をあなたに見る」

プロフィール

性別不明
名前の由来うさぎ座α星アルネブ(Arneb)
能力『暴食』の魔女因子


概要

魔女教大罪司教『暴食』担当。

同じく『暴食』担当の「ライ・バテンカイトス」とは別人格の大罪司教。
第5章にてオットーらに追い詰められたバテンカイトスの能力、『月食』によって突如現れた存在である。

姿はバテンカイトスと全く同じであったが、直後に姿を変え四十路に迫ろうかという厳つい顔つきをした筋骨隆々な大男へと変貌した。
それに反して話し方はオカマ口調というとにかく濃いキャラクター。
そしてその瞳には渦巻く狂気と怨嗟を宿しており、バテンカイトスとアルファルドのそれとは段違いにどす黒いものを感じさせるという。

本人曰くバテンカイトス、アルファルドとは兄妹(兄弟?)である模様。

暴食の中でも『飽食』であるとされているが、どういった主義であるかは詳しくは不明。

人物

狂気を孕んでいるとはいえ子供っぽく、常にハイテンションなバテンカイトス、アルファルドとは違い酷く達観した物言いをする人物で、空虚で気怠げな雰囲気を纏っている。

「美食家」「悪食」の二人を兄弟としているが、二人の主義に「なァんにもわかってない」と否定的であり、同時に「出来の悪い兄弟を持つと苦労する」と評している。

シリウス曰く暴食の中では『飽食』であると称されており、
その主義通り「何を食べるか」に重点を置いておらず、「食す価値」「誰と食べるか」を重要視しているという。

行使する権能も恐らく二人と同じであるが、戦闘能力は少なくともその二人以上に凄まじいものであり、短時間のうちでもその圧倒的な力量を感じさせる程。
既にオットーらとの戦闘で満身創痍となったバテンカイトスの肉体でもその気になれば全滅に追い込むことも可能であったらしい。

その性質も二人と同様に悪辣、またそれ以上に邪悪なものであることが窺える。

余談

  • 三大魔獣との関係

くじら座が名前の由来となっているバテンカイトスは「白鯨」をペットにしている。
ところでアルネブの名前の由来はうさぎ座である。うさぎと言えば三大魔獣には「大兎」が存在しているが、果たして…

関連タグ

Re:ゼロから始める異世界生活
魔女教 , 暴食 , 飽食
ライ・バテンカイトス(美食家)
ロイ・アルファルド(悪食)


























※ここから先は第6章のネタバレを含みます。※





































第6章、バテンカイトスに記憶を奪われたクルシュ、名前と記憶を奪われたレム、アルファルドに名前を奪われたユリウス、その他同じく『暴食』に人生を奪われた人達を救う為、『プレアデス監視塔』へ赴いたスバル一行。

その過程でスバルは「死者の本」という現在では故人となっている者の人生を追体験できる書物に目を通す。
しかし、その本を読んだ直後、スバルは異世界に来てからの記憶全てを喪失してしまう。
それでも状況を打破する為、紆余曲折の末に再び「死者の本」に目を通すが…










「ここは、寂しく白い、魂の終着地点。オド・ラグナの揺り籠。――記憶の回廊」

「――あたしたちは、魔女教大罪司教『暴食』担当、ルイ・アルネブ」

ルイちゃん捏造



「どうせまた、短い間だけど、よろしくね、お兄さん」








死者の人生を追体験するつもりだったはずが突如として何故か『記憶の回廊』と呼ばれるリゼロ世界の輪廻転生を司る場所に飛ばされる。

その場に現れたのは真の姿の魔女教大罪司教『暴食』担当、ルイ・アルネブであった。

年齢は13,4歳程で、透き通った金髪を足元を埋め尽くすほど恐ろしく長く伸ばした美少女。
身体には薄布を継ぎ合せたような粗末な服を纏っている。
一人称は「あたし達」「私達」。

プレアデス監視塔にてスバルの記憶を喰らった張本人。

バテンカイトスとアルファルドの妹であるらしく、二人を「お兄ちゃん」「兄様」と呼んでいる。

外の世界を自由に蹂躙している兄達と違い、理由は不明だが彼女は記憶の回廊に「閉じ込められ」ており、外に出られない模様。

そのため、彼女は外で他者の記憶や名前を権能で自由に選択することができないが、その代わり兄達が奪ってきたものから分けてもらっているらしい。
そういった生活から彼女は二人が奪ってきた人生の「美味しいところ」だけを喰らってきた。
結果、彼女は他人の人生に目新しさを感じることができなくなってしまった。どんなに輝かしい人生であろうと、他人の人生のいいとこ取りをし続けてきた彼女にとってそれはありふれたイベントであり、退屈で古臭い代物であると感じられてしまうのである。

彼女は他人の人生を食らうことに飽いていた。故に、彼女は『飽食』。
ありとあらゆる存在の経験を堪能し、味わい尽くした、人生の飽食者である。

こんな境遇のためか兄達がもってくる目新しさのない記憶にはいい加減飽き飽きしており、普段こそ「お兄ちゃん」「兄様」と呼んでいるが「ダメ兄弟」と吐き捨てていたりと根本的には見下している節がある。

彼女の戦闘能力が二人と比べ段違いであることは恐らくはこのため。
兄達と違い本体は外の世界へ出ることはできないという制約があるが、彼女の場合は奪った記憶や経験から肉体を再現できる『日食』という能力により、むしろその制約がアドバンテージとなっている。

兄達は『日食』を利用することができないのか、優秀な経験を持ってこそいるがその経験を完璧に生かすことができないという欠点があったが、
彼女はこの能力により、英雄級の戦闘技術を完璧に再現することが可能。
むしろそれどころか他の記憶との応用により元の記憶の持ち主を上回りかねない圧倒的なまでの力量を見せつける事ができる。

言うまでもないが、外の世界で現れた筋骨隆々の大男の姿はこの『日食』によるものである。

そんな彼女達の目的は「幸せになる」こと。
それは誰もが追求するありふれたものであるが、彼女のそれは他人の人生を奪い、自分のものとして利用するという極めて悪質で独善的なものである。
またそんな目的に至った理由も仄めかされており、彼女もバテンカイトスら同様、決して恵まれた過去を過ごしていなかったものと思われる。

スバルを狙った理由は、『死に戻り』をもつスバルから誰もが経験することがない『死』の経験を喰らいたいがため。
いくら素晴らしい人生を送っていたとしても、必ず浮き沈みがある人生で「失敗すれば死んでやり直せばいい(ルイ視点で)」というスバルの能力は、彼女から見れば魅力的なものに思えたのだろう。

劇中ではスバルに精神攻撃をかけ、死に戻りの能力を喰らおうとしたが失敗。プレアデス監視塔へ兄達を呼び、『日食』を利用して実力行使をかける。

関連記事

親記事

魔女教 まじょきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルイ・アルネブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14820

コメント