ピクシブ百科事典

シャウラ(リゼロ)

りぜろのしゃうら

シャウラは、ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』の登場人物である。
目次[非表示]

※タグとしてはシャウラも利用されている。

「お師様ぁ! もうもうもう! 待ってたッスよ~!」

人物像

ホットパンツ黒ビキニをつけ、マントを羽織っただけというかなり際どい恰好グラマラスな美女。髪型はポニーテール…ではなくスコーピオンテール。

400年前に「嫉妬の魔女」サテラの封印に貢献した「三英傑」の一人、「賢者」シャウラとして、「剣聖」レイド・アストレア、「神龍」ボルカニカと並び評される。
嫉妬の魔女が封印されている「魔女の祠」に塔(プレアデス監視塔)を建て、400年前からずっと祠を見張り続けている。
しかし、彼女からすれば近づいてくる人物が魔女の祠を暴こうとする不埒な魔女教の輩なのか、それとも賢者と友好的なコンタクトを取ろうとする人間なのかの判別はできないため、塔に近づいてくる人物は皆殺し、という方針をとっている。
賢者の持つ知識と見識を求めてコンタクトを取ろうとする者は多くいる。が、プレアデス監視塔の位置するアウグリア砂丘が魔獣の巣窟と化していること、塔は目視できているのに何故か距離が縮まらないこと、更には賢者自体の厄介さも相まって、今までに賢者との接触を成功させた者はいない。作中最強の存在のラインハルトですら塔にたどり着くことはできなかった。

自身の針と標的をマナで繋いで引き寄せられるように放つ「ヘルズ・スナイプ」という魔法を得意とする。
高速、高火力、高速射能力でありながら超精密射撃で、塔に近づく人や魔獣の撃退に大きく貢献している。


“シャウラ”という名前の由来は蠍座の二等星、シャウラ。星名の意味は「針」。
プレアデス監視塔の名前の由来はプレアデス星団。ちなみに、プレアデス星団の和名は

関連イラスト

センシティブな作品
シャウラ



関連タグ

Re:ゼロから始める異世界生活

(リンク先ネタバレ注意)
レイド・アストレア ボルカニカ(リゼロ)

以下、6章のネタバレ































































原作第六章「記憶の回廊」編に登場。
「暴食」の被害者たちを救う手掛かりを「賢者」から得るため、スバルエミリアラムベアトリスメィリィユリウスアナスタシア(=衿ドナ)の7人がプレアデス監視塔に向かう。

紆余曲折の末なんとか監視塔の中にたどり着いたスバル一行。
そして、スバルの前にミステリアス雰囲気を放つ美女が現れ――

「お師様ぁ! もうもうもう! 待ってたッスよ~!」


実際の概要
最初こそミステリアスな雰囲気を装っていたが、実際のところかなりノリが軽く、一人称は「あーし」、語尾は「~ッス」という下っ端口調で話す。実年齢は400歳を超えているはずだが、年長者としての威厳は全くない。
なぜかスバルの話すような異世界の言葉を使うが、これは彼女の慕う「お師様」の影響である。
シャウラ曰く、真の「賢者」は「お師様」ことフリューゲルであり、現在、賢者の功績として語られているのは全て(注)フリューゲルがやったものだとのこと(詳細は「フリューゲル(リゼロ)」の項目を参照)。

注…塔から近づく者の狙撃をしていたのはシャウラ

なぜか、シャウラはスバルのことをフリューゲルだと認識しており(スバル達が塔に入れたのはこれが大きな理由)、お師様と呼んで慕う。スバルのことをフリューゲルと判断した理由はその匂い。

試験

「プレアデス監視塔」というのは、外に対する呼び名。
本来の役割は、全知と呼ばれた『賢者』の記した知識の眠る「大図書館プレイアデス」である。
名前の由来はギリシア神話に登場するプレイアデスという七人姉妹。この七人姉妹のそれぞれの名前が各階層の名称となっている。ちなみに「プレアデス監視塔」の元ネタとなっていると思われるプレアデス星団の名前の由来もここから。
(以下塔の階層)

階層数名称概要
六層アステローペ最下層。実は地下
五層ケラエノ塔の外との出入り口がある
四層アルキオネシャウラの住処。ここから狙撃を行っている
三層タイゲタここから上が試験会場
二層エレクトラ
一層マイア
ゼロ層メローペ

だが、無条件に書庫を閲覧することはできない。
三層“タイゲタ”からは試験会場となっており、書庫に入る権利が試される。
三層から上は試験と、それに対応する書庫がある。書庫の本の内容はシャウラも知らない(というより四層より上に行ったことがない)。

シャウラは試験の番人として、挑戦者を外に出すことができない。
挑戦者が大図書館の試験を解き終えるまで、挑戦者が外に出ることは許されない。
塔への破壊行為、脱走などの「条件」が破られたときには、シャウラは血も涙もないキリングマシーン(自称)として挑戦者を殺戮する。
「条件」が破られた場合、何らかの仕組みによりシャウラにはそれが分かるようになっている。条件を破ったことを隠すことはできない。また、どれだけシャウラからの心証を良くしても、彼女は挑戦者を排除しにかかる。そこにシャウラの意志は介在しない





















以下、6章後半のネタバレ注意





















シャウラの正体は魔獣「紅蠍」。
「条件」が破られた際には、彼女は人間の姿から巨大な蠍の姿へと変貌する。
蠍の姿になって以降は、先述の通り彼女自身の意思とは無関係に挑戦者を排除する。――たとえ、その挑戦者が400年間愛し続けた存在であったとしても。



「四百年なんて、明日の明日みたいなもんだったッス」

「だって、待ってる時間も、愛してたッスもん」



その後、プレアデス監視塔が全層攻略され、シャウラは塔の番人としての役目を果たし、塵となって消えていった。



「ねえ、お師様。だから、また、いつか――」

「いつかまた、あーしと出会ってほしいッス」

「――お師様、大事な、大事な、約束ッス」





…っす



「――お師様、愛してるッス」





塵の中から、一体の小さな紅蠍が現れる。
獰猛な魔獣であり、メィリィ曰く「裸のお姉さん(シャウラ)じゃない」らしい。
それでも、ナツキ・スバルの脳裏にシャウラの記憶を焼きつけるのには、十分すぎる存在だった。



――それは、四百年の時でも色褪せさせられない、『愛』の色をしていた。

関連記事

親記事

Re:ゼロから始める異世界生活の登場人物一覧 りぜろのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャウラ(リゼロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429654

コメント