ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ああ、今のはとても、感じたわ」


プロフィール

誕生日4月29日(死肉)
年齢23歳
身長168cm
体重奪った命の数だけ重い
CV能登麻美子

人物

一章において、スバルたちの前に現れた謎の女性。

グラマラス妖艶な雰囲気の女性。

その正体は『腸狩り』の異名で恐れられる悪名高い暗殺者にして快楽殺人鬼で、人の腹を捌き、中身を観察することに快感を覚える異常性癖の持ち主。また、互いの命がせめぎ合う壮絶かつ血生臭いギリギリの戦いに至上の悦楽を見出し、その果てに勝利して相手を殺すも自らが敗れて死するも、どちらも本望という狂気のバトルジャンキーでもある。

スバルも何回か捌かれることとなり、一章におけるバッドエンドの主要因となっている。四章においても、エルザの存在がスバルを始め多くの人物の障害となって立ち塞がる。


何者かの依頼によってエミリアの徽章を狙っており、度々行方を阻むが背後関係は書籍時点では不明。

何度目かの死に戻りの際に介入したラインハルトによって、その正体は人間ではなく吸血鬼であることが判明している。

二振りのククリ刀のようなナイフや投擲用の暗器を武器とし、身体能力も非常に高い。また、常人にはない異常な回復能力を持つ。基本的には素早い身のこなしで相手を翻弄しながら斬りかかる暗殺者らしい戦闘スタイルだが、本気を出すと完全な二刀流となり、先述の嗜好から更に興が乗ると、回復能力を盾に半ば防御を捨てた怒涛の攻めを行うこともある。


羽織っている紫のマントには魔法攻撃を一度だけ無効にしてくれる術式が編み込まれており、これでピンチを凌いだ事も何度かある。

(本人曰く、「重くて嫌いだけど。」と言っているが、「備えはしておくものね。」と言う考えの下で基本着用している。)



関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

Re:ゼロから始める異世界生活 暗殺者


シェーレ・・・中の人が同じ暗殺者つながり


4章(アニメ2期)のネタバレ
































第四章において、ある者の依頼を受け、魔獣使いメィリィ・ポートルートと共に屋敷に襲いかかり、再びスバルの行く手を阻む。

何度もスバルや屋敷に残ったメンバーの命を奪うが、何度目かのループで事を上手く運んだスバルに差し向けられたガーフィールによって殺害される。

しかし、首を絶たれない限りは何度か復活が可能で、半ばゾンビに近い状態と化す。同じく蘇ったウルガルムと共に半狂乱状態でスバルに襲いかかるが、偶然スバルが禁書庫に逃げ込んだ扉を開けた際に起きたバックドラフトの炎の中で、ウルガルムと同時に消えた(小説版のみ。アニメでは完全にガーフィールが手を下した)。




また、それと同時に、彼女の過去も判明する。

出身は北国のグステコ。親もいないうえ貧しかった為、盗みを働く毎日を送っていたが、ある日商店の店長に取り押さえられる。

下品に笑ったその男に上着も下着も奪われ、何をされるかよりも凍死を覚悟するが、彼女はたまたまガラス片を拾い、何も考えずただただそれで男の腹を切り開いた

そして、冷たい風の中、こう思った。


 「血と臓物は、なんて温かいんだろう――」 


その日から彼女は、この世に幸せがあるとしたら『寒さを忘れさせる温かさと美しさ』が正にそうだと考えるようになったのだ。


余談

  • S度もM度も高い

「今まで出てきた中で一番S度が高いキャラとM度が高いリゼロキャラは?」という質問に対し、原作者は「どっちもエルザ姐さん。」と回答している。


  • 味方としての登場

彼女はスバルにとっては因縁深い相手なのは確かだが、実を言えばifの世界では意外な事にメィリィと共にスバルの心強い味方として行動する事もある。

彼女が味方となるルートでは必ずスバルにとっては強力な味方として活躍しており、場合によっては彼を守るために身を犠牲にする行動も取るなど、ヒロイン的ポジションも担っていた

圧倒的な格上の相手との戦闘では、スバルが弱点を見抜いた事で勝利を収めている。

関連記事

親記事

Re:ゼロから始める異世界生活の登場人物一覧 りぜろのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11168405

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました