ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「……なんて、心の底から腹立たしい奴なのかしら?」

プロフィール

年齢外見年齢は11〜12歳、実年齢は400歳以上
身長140cm
苦手なもの距離を無防備に詰めてくる相手
一人称ベティー
CV新井里美


人物像

ロズワール邸の隠し部屋、『禁書庫』を管理する幼女精霊。金髪ツインドリルの髪型と瞳の虹彩が蝶型になっているのが特徴的。
一人称は「ベティー」、二人称は「お前」。呼称はエミリアだったら「半魔の娘」、レムだったら「姉妹の妹」など、直接名前で呼ぶことを避ける。ただしロズワールだけは名前で呼び、パックに対しては親しみを込めて「にーちゃ」と呼ぶ。
言葉遣いは、「~なのよ」「~かしら」といった女性語を常用する。
ただ、通常会話や命令文の語尾まで「~かしら」になることも多く、ある種独特な言葉遣いになっている。

愛称は「ベティー」、「ベア子」。

無愛想でつっけんどんな態度を取っているが、なんだかんだで優しいツンデレ。実際は意地っ張りな寂しがりやでもある。
善良であるが、とある事情により数百年を孤独に過ごしており、自暴自棄ともなっている。その為、陣営に降りかかる苦難に対しても関わりを放棄し、禁書庫に閉じこもることも。

エミリアの契約精霊であるパックとは縁があり、「にーちゃ」と呼び親しくしている。
無遠慮に接してくるスバルには鬱陶しがりつつも、世話を焼いている。

陰魔法を極めており、『扉渡り』や失われた術など様々な魔術を使いこなす。
屋敷内など禁書庫の影響下ではロズワールとも渡り合えるほどの力を発揮できるが、一方でそこから外に出ると大幅に弱体化してしまう。

4章(アニメ2期)のネタバレ
























第四章で、エキドナによって作られた人工精霊であることが明かされる。ロズワールに入れ知恵を与えられたエルザに『禁書庫』を燃やされたこと、スバルのゲートが壊れたことによる生命事情等が重なり、最終的にスバルの説得によって彼と契約し、外に出ることになる

俺を選べ




「俺を選べ! ベアトリス!!」

「誰かに外に連れ出してほしいから! お前はいつも! 扉の前に座ってたんじゃないのか!!」


スバルとの契約後、スバルのことを名前で呼ぶようになり、共に大兎を倒すことに成功。冷たい態度も次第になくなっていった。

ああ、 どうにかしてやろうぜ。 ──俺と、お前で!!



精霊ベアトリスと、契約者ナツキ・スバルの、これから何度も何度も手を繋ぎながら戦っていくことになる二人の、初陣の火蓋が切って落とされた。







余談だが、契約時の「俺を選べ」というセリフは作者のお気に入りだとリゼロ10周年配信で明らかにした。また、同じ配信でベアトリスの記念日をこのシーンがアニメで放送された3月17日に制定した。

5章のネタバレ


























第五章では、ユリウスと同じ精霊騎士ナツキ・スバルの契約精霊として名が広まっているが、その容姿、行動等からスバルが『幼女使い』の異名で呼ばれる原因となっている。

二人は相棒であり家族のような関係で、時折繰り出されるほのぼのシーンでは、お互いにデレデレ状態であることが分かる。
口調も、外見年齢相応の幼く愛らしいものになっていくのだった。

また、契約者のスバル以外にエミリアのことを唯一名前呼びするようになっている。

スバベア
はっぱがついてた





「ま、何かあってもベティーがなんとかしてあげるかしら」

「感謝と労いの気持ちと抱っこが足りないかしら!」

感謝と労いの気持ちと





関連イラスト

ベアトリス
ベア子


ベア子
ベアトリス


リゼロまとめ
センシティブな作品




関連項目

Re:ゼロから始める異世界生活
ナツキ・スバル レム ラム パック エキドナ  リューズ
金髪 / ツインドリル 幼女 ロリ 高飛車 ツンデレ
ベティー / ベア子 お嬢様 深窓の令嬢 セレブリティ

関連記事

親記事

Re:ゼロから始める異世界生活の登場人物一覧 りぜろのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベアトリス(リゼロ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ベアトリス(リゼロ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9946666

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました