ピクシブ百科事典

阿久津真矢

あくつまや

日本テレビドラマ「女王の教室」に登場する架空の人物(主人公の女性教師)。演じたのは天海祐希。
目次[非表示]

いい加減目覚めなさい……
イメージできる?

概要

演:天海祐希

このドラマの主人公。半崎小学校6年3組の担任になった鬼教師。
いつもロングワンピース、シニヨン、靴など全て一色の服に身を包む。

担任を受け持つ6年3組の児童のことは始業式の時点で熟知しており、それぞれの名前、生年月日、身長、体重などを完璧に記憶している。また自宅の部屋には児童一人ひとりの学校生活の様子や、成績の詳細な分析データをファイルしてある。
また問題になりやすい体罰や、成績による差別などの手法も躊躇なく児童たちに科している。

目上の人間にも臆することなく自分なりの信念を貫き通し、「たとえ何度クビになって再教育センター送りになろうと、教師を辞める気はない」と語り、また、ある理由から、公立学校で教えることにこだわっている。
児童たちの反抗や悪行もなぜかお見通しであり、付け入る隙など決して見せない。

しかし、これらの言動は生徒たちに早いうちから社会の厳しさを知ってもらい、自発的な考えを身につけあらゆるトラブルに直面しても動揺しない鋼メンタルを築き上げるという目的も兼ねている節もあり、最終的には生徒たちや周りの教員からも徐々に信頼を得るようになる。

スペシャルドラマ二部作では、かつては真矢もどこにでもいるような温和で優しい教師であったことが語られ、公立学校の教師を目指した動機が父親と強い確執を抱えて育った家庭環境にあったこと、現在の鬼教師へと変貌した経緯が愛する家族を失った悲運な人生とも関わっていることなどが、長らく教員生活を絶たれるきっかけとなった2つの事件の詳細と共に明らかにされている。
ドラマ本編(および番組ガイドブック)では断片的に張り巡らされスペシャルドラマで明かされたこれら裏設定の伏線と合わせると、真矢のもう一つの目的が、過去の自分自身及び今まで出会ってきた人たちの二の舞になることを未然に防ぐことでもあったとも断言できよう


・・・・そしてドラマ放送から14年後


時は過ぎて、この伝説的ドラマの存在も過去のものになりつつあった2019年12月31日。
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時にて衝撃の再登場を果たした。当時と何一つ変わらぬブレないキャラクターのまま、視聴者の腹筋とガキメンバーのケツに強烈な一撃を見舞い、女王の威厳を見せつけた(※1)。
尚、本企画では舞台である「県立ヘイポーお豆ヶ丘高校(通称:豆高)」の理事長に就任しており、名実共に女王となった。

ドラマの世界観からは完全に離れた舞台においてもそのストイックさは健在であり、5人のプロフィールを説明する際に、あまり触れてほしくない情報を容赦なく暴露したり、遠藤方正にそれぞれ今となっては黒歴史同然の古い持ちネタのギャグ「ホホホイ」「マー」をやらせたり、それを交換させてお互いに向かい合うようにやらせたり、ガキメンバー全員にやらせるなど、6年3組の時とはまるで意味の違う『地獄』を5人と視聴者にそれぞれ味合わせた。
さらにクリームパンが大好物(※2)と言う設定が出てきて、売り切れという事で購買部のパン屋さんを責め、さらには憂さ晴らしと言わんばかりに、パン屋さんに対して唐突に「マー」をやれと無茶振りするという大人げない一面を見せた。


※1…ただし、途中何度かガキメンバーのギャグに耐えきれずに素で笑ってしまい、慌てて顔を背ける場面があった(実は天海はお笑い系が大好きな笑い上戸であり、他のバラエティ番組にもゲストで出演したこともある)。

※2…ちなみにクリームパンは天海の大好物でもある

関連イラスト

いいかげんめざめなしゃい
阿久津真矢先生(天海祐希)



関連タグ

女王の教室 天海祐希 いい加減目覚めなさい イメージできる? 女教師 阿久津先生

三田灯…その冷徹無慈悲なキャラが強烈なインパクトとなったドラマの主人公。
浅野學峯…壮絶な過去が切っ掛けで、一見冷徹に見えるが理に適った必要悪的教育方針を採る教師キャラ繋がり。
柊一颯後年放送された日本テレビの学園ドラマ彼女以上に過激な手段で生徒たちを教育した教師キャラ。

関連記事

親記事

女王の教室 じょおうのきょうしつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「阿久津真矢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16577

コメント