ピクシブ百科事典

女言葉

じょせいご

口調、言葉遣いの一つ。
目次[非表示]

概要

本来、女子が使用するのが最も相応しいとされている言葉遣い。主に女子に特有な語尾(てよだわ言葉)を指す。肯定文には「名詞+よ」「名詞+ね」「~だわ」「~なのね」「~なのよ」「~よね」「~わね」「~わよ」などを付属し、疑問文には「~かしら?」を付けるという口調。ドラえもんヒロイン源静香にちなんで、しずかちゃん言葉とも呼ばれている。てよだわ言葉は明治以降独自に発達した東京方言。

アキホ君こんな漫画ない?07



また、「~ですわ」「~ですのね」「~ですのよ」「~ですわね」「~ですわよ」「~ますかしら?」「~ですかしら?」と女性語を丁寧語でさらに昇華させた口調をお嬢様言葉とも呼ばれている。

黒澤ダイヤ様



女性語の傾向と存在価値

女性語はいわゆる「役割語」であり、例えば「ワシは○○じゃ」と言う老人語(広島弁が基と言われている)、「わたくしは○○ざます」という上流階級の婦人語(山の手言葉)、「わたし○○アルヨ」というチャイナ訛り(協和語)などと同様、創作物における女子キャラクターの女性らしさをアピールするために用いられる話し方であり、女子力のバロメーターのシンボルにもなっている。

女子キャラクターの性格の善し悪しはともかく、女性語を使うのか使わないのかで、女性らしさに大きな差異が生じると言っても過言ではない。つまり女性語を高頻度に使えば使うほど、女子力と口調の艶やかさが限りなく高まり、女性扱いされたり、女性として万人に認めてもらえリスペクトもされるが、それを使えない又は使わなければ、女子力と艶やかさが著しく低くなり、特に男子から女性扱いされなかったり女性として認めてもらえるどころか、逆に性別として疎まれたり蔑まれることにもなるだろう。

小説・演劇・映画・ドラマ・アニメ・ゲーム・歌謡曲・CMなどのあらゆるフィクションで用いられており、昭和の創作作品では女子キャラクター(ごく稀だったスケバンと肝っ玉系女子を除く)の全員がこれに該当する口調で話すのが普通であった(放送・連載が今も続いている作品ではサザエさんドラえもんルパン三世それいけ!アンパンマンガラスの仮面等)。近年のTVドラマでも昭和を舞台にした朝ドラは顕著だが、それ以外の現代ドラマでもそれなりに健在である。
http://www.gender.jp/journal/no5/3_mizumoto.html
この調査では30代前半の女子登場人物の使用率はほぼ全員(96.1%)とのこと。
広島弁の老婆の登場人物も未だに健在なことから、女性語は創作物において残っていくのかもしれない。
2010年以降でも10代な登場人物がメインドラマで使用されないわけでもない。
ドラマ版山田くんと7人の魔女など。要は女性語好きな原作者脚本家次第である。

昭和と平成で時代の変化の作風の違いがわかりやすい仮面ライダーやウルトラマンでも近年の作品において女性語は普通に使われているウルトラマンジード仮面ライダー鎧武など

1980年代頃から、男女子共にユニセックスな言葉遣いが好まれるようになったため、現実社会で聞いたためしがないという若年層が圧倒的に多いと思われる。
だが、現在でも自分で使う、または身近に使っている人がいるという話は知恵袋などの回答でも、意外と見受けられる。
独自に発達した東京方言のため、地方ではメディア以外で聞く機会は元々実際に少なかった可能性も高い。

昭和末期頃から女子向け作品では女性語の使用が廃れはじめ、1990年代後半に入る頃からは男向け作品や子供向け作品でも、一部のキャラクター(お嬢様優等生母親など)にだけ女性語を常用させ、女子主人公を含むほとんどのキャラクターは、「~だよ」「~だね」「~じゃん」「~かな?」など男女子の差異が全くない中性口調ユニセックス口調東京弁)で話す作品も現れるようになった。

2000年以降のアニメ番組で女性語を完璧に常用する主な女子主人公やメインヒロインはシェリル・ノーム涼宮ハルヒ御坂美琴小此木優子神代マヤアンジュプリキュアのメインキャラ(プリキュアピンク主人公を除く)など。プリキュアの女性語を話すメインキャラについては下記の女性語を常用する女子キャラクターを参照。
このすば」のアクアなど、ラノベ系も多い。

2017年夏アニメに絞ってもヒロインポジションを筆頭に、メインキャラに多く存在する。
堀北鈴音エルゼ・シルエスカ真田莉々奈アンジェ天道花憐早乙女芽亜里など。

また同時期に、女子キャラに「~じゃね?」「~じゃねーだろ」「~じゃねーよ」「~じゃねーぜ」「~ぜ」「~だぜ」というべらんめえ口調俺女などに代表される男言葉というよりは、DQN弁)で話す漫画も出てきたが、すぐに使われなくなった(現実に近過ぎればいいというものでもないらしい)。敬語方言オタク口調(「ふみゅ?」「ふぇぇ…」)でその場をしのぐ作品も多かったが、これも長続きしなかった。

2005年頃からに一般に広まったツンデレだが、該当するキャラが女性語を使用する確率が非常に高い。シャナルイズ遠坂凛澤村・スペンサー・英梨々惣流・アスカ・ラングレー等。

洋画の字幕や吹き替え、翻訳小説やアメコミなどでは、女子の台詞は女性語で訳することが今もなお多い。またこれを逆手にとって、翻訳物っぽい雰囲気を出したいときに女子キャラに女性語を喋らせるというテクニックもある(『ジョジョの奇妙な冒険』や『攻殻機動隊』の女子キャラが、女性語と男言葉を取り混ぜて話すのはこのためであると思われる)。

明治以降に登場した言葉であるため時代劇に登場することは滅多にないものの、NHK大河ドラマ真田丸」においては当時の女性がどんな風に会話をしていたのかという資料が確認されていないという理由で、女性語が使われている。

また、漫画『ライフ』の安西愛海のように、「猫かぶり」「裏表がある」ことを表現する演出として女性語を用いる作品もある(安西愛海は自分がいじめられるようになると女性語を使わなくなる)。

二次創作において原作でそんな話し方をしていないキャラ(例:鹿目まどか、天海春香)をうっかり女性語で話させてしまうことはよくある。例えば『けいおん!』の平沢唯や秋山澪に女性語を喋らせたら、受け手には違和感を間違い無く感じさせるだろう。

女性語の生徒会役員や優等生キャラは今も昔も健在である。
古手川唯風紀委員長三隅倫水無月かれん海藤みなみ菱川六花真木夏緒榎本結子桃園マキナ絢瀬絵里黒澤ダイヤ西洞院百合子桃喰綺羅莉、香椎結衣など。

また漫画・アニメ・ドラマだけでなく、歌謡曲歌詞・女子用ソングの中でも中性語やユニセックス口調が大変目立ってきている。昭和期全般なら、ピンクレディーキャンディーズ山口百恵中森明菜松田聖子小泉今日子中山美穂おニャン子クラブを筆頭とした70年代・80年代アイドルの全盛期は歌詞が女性語ですべて統一されていたが、平成期以降に安室奈美恵浜崎あゆみ、つい最近なモーニング娘。AKB48ももいろクローバーZあたりのアイドルが台頭すると女性語はすっかり淘汰され、時代の流れによって歌詞が中性口調やユニセックス口調で統一されている。
さらに、平成期以降のアニソンプリキュアシリーズアイカツシリーズラヴライヴシリーズガルパンシリーズアイドルマスターシリーズなどのガールズキャラクターソングの歌詞でも時代の流れによって、同様な現象が大いに見受けられる。

とはいえ、女性語好きな作詞家もまだごく少数いるため、AKBの楽曲にも女性語は使われているなど、完全に淘汰されたわけではない。「雨の動物園」など。
過去のアイドルソングに女性語が多いのは男子の理想な女子像を歌ったものが多いせいもある。
2000年代のアイドルソングは理想な女子像を歌うものが減り、ユニセックス口調と共に歌詞の一人称に「ボク」・「オレ」が増えている。だからといってボクっ娘の歌というわけでもない。
このアイドルソングの中性化は登場人物の性別を明確にしないためとも、男子視点のためとも、男子になりきったつもりで歌ったとも言われている。

そんな歌詞よりもさらに顕著になっているのがCMに起用されている女優と女子タレントの台詞である。女性語好きな作詞家が創る歌謡曲の歌詞とは異なり、女性語をプライベートから全く使わない彼女たちのアドリブでCMがほとんど構成されているため、女性語を発見できる確率はゼロとは言わないがゼロに限りなく近い(ただし、葛城ミサト黒澤ダイヤのような女性語アニメキャラクターがコミック携帯ゲームデータカードダス・映画などのプレゼンテイションをアニメCMなどで披露するケースを除く)。まさにユニセックスで中性的な現代社会が成せる業と言ってもいいだろう。

女性語を常用する女子キャラクター 

太字女子主人公副主人公)及びメインヒロイン。平成以降の作品に限る。

あ行

アイカツシリーズ
アイカツ!

キャラクター声優・女優備考・PR
霧矢あおい田所あずさ穏やかじゃないわねが口癖で有名ないちご相棒
藤堂ユリカ沼倉愛美血を吸うわよが口癖で有名な女の子。
北大路さくら安野希世乃親が歌舞伎役者の女の子。
西園寺つばき清水彩香自称「パーフェクトレディー」のお嬢様
栗栖ここね伊藤かな恵実家が洋菓子店の女の子。
星宮りんご能登麻美子マスカレードのアイドル、現いちごの母親。
光石織姫松谷彼哉マスカレードのアイドル、現スターライト学園のスクールマザー。
夢咲ティアラ遠藤綾ドリームアカデミーの学園長。
月影ほのか浅川悠神崎美月のマネイジャー。
天羽あすか井上喜久子天羽まどかの祖母。
神崎美月寿美菜子本作のチートキャラ&マドンナ的アイドル。

アイカツスターズ!
キャラクター声優・女優備考・PR
香澄真昼宮本侑芽夜空の後継者として、第26代美組のS4になってからは女性語キャラクターになる。
早乙女あこ村上奈津実典型的なツンデレお嬢様で、興奮すると猫娘に変身する女の子。
白鳥ひめ津田美波ゆめが大変憧れている第25代歌組のS4にして、マドンナ的アイドル。
香澄夜空大橋彩香真昼の実姉にして第25代美組のS4だが、可愛いモノと可愛い女の子が大好きな困ったお姉様
芦田有莉古賀葵歌組の幹部生兼ひめのアシスタントの一人。
リスト・ユーリ古賀葵ヴィーナスアークの女子生徒で、有莉に瓜二つのことから、愛称は「白ゆりちゃん」。
桂ミキ優木かな舞組の幹部生で、自由奔放すぎる第25代舞組のS4二階堂ゆずのお世話に手を焼いている女の子。
坂本ありさ中恵光城劇組の幹部生で、第25代劇組のS4如月ツバサのアシスタント。
鳴瀬あゆみ木野日菜シャイニーアカデミーの女子生徒でお嬢様。
青山ナホ桑原由気シャイニーアカデミーの女子生徒でお嬢様。
八千草桃子岡田栄美劇組の担当講師で、元劇組のS4。
雪乃ホタルゆかなS4と歌組の基礎を創り上げた功労者で、初代歌組のS4。
エルザ・フォルテ日笠陽子本作のチートキャラだが、極度な野菜嫌い&マザコンお姫様
ユキエ・グレース・フォルテ三石琴乃エルザの実母にして、某国の王妃であり、グレース・ケリーをモデルにした女史キャラクター。

アイカツフレンズ!
キャラクター声優・女優備考・PR
湊みお木戸衣吹本作のもう一人の主人公で、主人公・友希あいねとコンビを組んでアイカツに励む女の子。
蝶乃舞花美山加恋スターハーモニー学園のアイドル科に所属する中学2年生。見た目が大人っぽく、凛として格好いいが、お祭り好きで熱い一面もある女の子。
円城寺たまき中原麻衣あいねとみおたちアイドルの美人マネイジャー。
蜂谷千春佐藤利奈あいねのドレスコーデを担当する女子デザイナー。

アイドルタイムプリパラ
キャラクター声優・女優備考・PR
南みれぃ芹澤優プリパラ内では中性口調。
北条そふぃ久保田未夢ファンシーモード時は中性口調で話すことが多い。
北条コスモ山本希望
華園しゅうか朝日奈丸佳
月川ちり大森日雅プリパラ内のみ。
ファララ・ア・ラーム佐藤あずさ

アイドルマスターシリーズ
アイドルマスター
キャラクター声優・女優備考・PR
水瀬伊織釘宮理恵憎まれ口を叩きつつも面倒見が良いツンデレお嬢様。
如月千早今井麻美貧乳ネタで弄られている女の子。
三浦あずさたかはし智秋のんびりマイペースな癒し系お姉さん。
音無小鳥滝田樹里アイドルマスターシリーズに登場する765プロダクションの女子事務員。

アイドルマスターシンデレラガールズ
キャラクター声優・女優備考・PR
速水奏飯田友子今時な17歳の女子高生とは到底思えないくらいに女性語を使うミステリアスな小悪魔アイドル。
川島瑞樹東山奈央女子アナ出身の28歳の遅咲きなアイドル。
財前時子なし金銭面で全く困らないような環境で生まれ育った名古屋出身のお嬢様で、サディスト気質を前面に押し出した女王様キャラクター。
高橋礼子なしアイドルを31歳で目指すという、31歳の柊志乃と並ぶ本作の最年長アイドル。
柊志乃なしワインがやたらと大好きな、31歳の高橋礼子と並ぶ本作の最年長飲酒アイドル。

アマガミ
キャラクター声優・女優備考・PR
絢辻詞
棚町薫
森島はるか
塚原響
高橋麻耶

頭文字D
キャラクター声優・女優備考・PR
沙雪かかずゆみ、奥野沙耶(新劇場版)インパクトブルーのメンバー。

怨み屋本舗
キャラクター声優・女優備考・PR
宝条栞モブを含み女性語を使わない女子たちの中で、女性語を本作で常用する唯一無二な女子主人公であると同時に、現代版「必殺仕事人」の胴元。

うらら迷路帖
キャラクター声優・女優備考・PR
雪見小梅

エロマンガ先生
キャラクター声優・女優備考・PR
山田エルフ

美味しんぼ
キャラクター声優・女優備考・PR
栗田ゆう子
荒川絹江
三谷典子
近城まり子
唐山領子
周香玉

おジャ魔女どれみ
キャラクター声優・女優備考・PR
玉木麗香
瀬川おんぷ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
キャラクター声優・女優備考・PR
五更瑠璃花澤香菜

か行

カードキャプターさくら

キャラクター声優・女優備考・PR
大道寺知世岩男潤子
李苺鈴ゆかなアニメオリジナルキャラで、小狼の従妹
観月歌帆篠原恵美

ガールズ&パンツァー
キャラクター声優・女優備考・PR
ダージリン喜多村英梨
ケイ川澄綾子
カチューシャ金元寿子
逸見エリカ生天目仁美
ローズヒップ高森奈津美
アッサム明坂聡美
西住しほ冬馬由美
島田千代ゆきのさつき

格闘ゲームシリーズ
SEGA
キャラクター声優・女優備考・PR
パイ・チェン
サラ・ブライアント

CAPCOM
キャラクター声優・女優備考・PR
春麗
ローズ
キャミー
クリムゾン・ヴァイパー
コーリン
神月かりん
エレナ藤田咲
モリガン・アーンスランド
リン・クロサワ
ストーム
水無月響子
綾里千尋
狩魔冥

SNK
キャラクター声優・女優備考・PR
神楽ちづる
ルイーゼ・マイリンク
不知火舞
ユリ・サカザキ
ブルー・マリー
ウィップ
レオナ・ハイデルン
シェルミー
四条雛子
ヴァネッサ
マチュア
ルオン
リアン・ネヴィル
ローズ・バーンシュタイン
B・ジェニー
西川葉月月華の剣士のメインヒロインで、ロシアとジャパンのハーフであり、長い金髪と碧眼の美しい活心長槍術の使い手の女子。
高嶺響氷上恭子「某つまらぬものをまた斬ってしまったでござる!」にも匹敵する居合い抜きの達人で、同上のⅡから登場する女子剣士。
嘉納亮子
フェイリン・リュウ
ヨンミー・リュウ
ジャンヌ・ダルク
出雲良子

賭ケグルイ
キャラクター声優・女優備考・PR
早乙女芽亜里田中美海スピンオフ「双」ではもう一人の主人公になり、蛇喰夢子に大変好かれる女の子。
桃喰綺羅莉沢城みゆき本作のラスボスにも匹敵する百花王学園の生徒会長で、夢子とは百喰一族における従姉妹関係にある乙女。
西洞院百合子

仮面ライダーシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
園田真理芳賀優里亜仮面ライダー555のヒロイン。
影山冴子仮面ライダー555に登場する、ロブスター・オルフェノクの正体
広瀬栞仮面ライダー剣のヒロイン。
岬祐月仮面ライダーカブトに登場する、ZECTに所属している女子。
ハナ白鳥百合子(大人時)、松元環季(子供時)仮面ライダー電王のヒロイン。ストーリーの途中で子供化する
野上愛理松本若菜
キバーラ沢城みゆき
鳴海亜樹子山本ひかる仮面ライダーWのヒロイン。ただし大阪出身であるため、ツッコミ時や幼少期は関西弁を使用している
園咲冴子
園咲若菜
白石知世子甲斐まり恵仮面ライダーOOOに登場するクスクシエの店長
メズール仮面ライダーOOOに登場するグリードの紅一点。
風城美羽仮面ライダーフォーゼに登場する、仮面ライダー部初代部長。
園田紗理奈虎南有香(※変身時は竹本英史仮面ライダーフォーゼに登場するスコーピオン・ゾディアーツのスイッチャー。変身時は言動・声が男子になる
大門凛子高山侑子仮面ライダーウィザードに登場する女子刑事で、ウィザードの協力者になるお姉さん。
ミサ
湊曜子
沢神りんな
メディック
月村アカリ
仮野明日那松田るか仮面ライダーエグゼイドのヒロインで、正体はポッピーピポパポポッピーピポパポ時は中性口調になる。
多治見喜子魏涼子仮面ライダービルドに登場する北都の女子首相。

艦隊これくしょん
キャラクター声優・女優備考・PR
陸奥
叢雲
荒潮

ガンダムシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
レイン・ミカムラ天野由梨「女の子だからって・・・負けないわよっ!!」が口癖な機動武闘伝Gガンダムのメインヒロイン。
カミキ・ミライ遠藤綾ガンダムビルドファイターズトライに登場するカミキ・セカイのややブラコンなお姉ちゃん。
ラクス・クライン田中理恵機動戦士ガンダムSEED及び機動戦士ガンダムSEEDDESTINYに登場するメインヒロインで、最重要人物な女の子。
マリュー・ラミアス三石琴乃同上に登場する地球連合軍の大尉の女性士官。
王留美真堂圭機動戦士ガンダム00に登場する女子キャラクターで、若干17歳でありながら、世界に知られる名家・王家の当主を務め、その名を世界中の社交界で馳せる美貌セレブリティ。2ndシーズンでは艶やかな大人な美女へと成長する。
カゲロウプロジェクト
キャラクター声優・女優備考・PR
朝比奈日和小岩井ことり村一番の美少女ファンも多い。だが本人はそのことに興味が無く非常にわがまま且つ気分屋な性格。
榎本貴音阿澄佳奈病気のせいでいつも睡眠欲に悩まされており、いつもイライラして冷めている性格。

キミキス
キャラクター声優・女優備考・PR
二見瑛理子
水澤摩央
星乃結美
川田知子

キューティーハニーシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
如月ハニー
葉月聖羅
シスタージル
ファンタスティックバタフライ

キラッとプリ☆チャン
キャラクター声優・女優備考・PR
萌黄えも久保田未夢
青葉りんか厚木那奈美
赤井めが姉ぇ伊藤かな恵
赤城あんな芹澤優
白鳥アンジュ三森すずこ
みらいママ浅野真澄
えもママ松嵜麗

きんいろモザイク
キャラクター声優・女優備考・PR
小路綾

銀魂
キャラクター声優・女優備考・PR
志村妙
猿飛あやめ

クレヨンしんちゃん
キャラクター声優・女優備考・PR
野原みさえならはしみき野原しんのすけ野原ひまわりの母親で、女性語を常用するサザエ・玉子・すみれと肩を並べる国民的長寿アニメ主婦キャラクター四天王の一人。
桜田ネネ林玉緒リアルおままごとでしんのすけたちと遊ぶのが三度なメシより大好きな大変おませな5歳児の女の子。
酢乙女あい川澄綾子世田谷区の超一等地から庶民の生活を知るために春日部に引っ越し、ふたば幼稚園にも転園してきたお嬢様な女の子。
桜ミミ子小桜エツコ怪人たちにいつも襲われて人質にされているアクション仮面のパートナー役の女の子。
吉永みどり寺田はるひ(前任:高田由美)かすかべ防衛隊を担任する保母さんで、彼女の家が防衛隊の作戦基地に勝手になったりもする。
まつざか梅富沢美智恵スタイルがよく美人だが、見栄張りでブランドオタクな浪費家でもあり、ナルシスト気味な性格の悪さが隠しきれていないため、彼氏がなかなかできずにいる保母さん。
桜田もえ子萩森侚子(前任:斉藤庄子かすかべ防衛隊に度々振り回されて、ストレス発散に殴られウサギをその都度殴り飛ばすネネのママ。
風間みね子玉川紗己子息子を溺愛しており、教育熱心なところがある風間トオルのママ。
大原ななこ伊藤静(前任:紗ゆりしんのすけが大変惚れている女子大生なお姉さん。
大人ひまわりこおろぎさとみ超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁国際警察官として働く成人したひまわり本人。
タミコ釘宮理恵オラの花嫁で大人しんのすけの人柄に惚れて、こよなく愛するようになった彼の花嫁

黒子のバスケ
キャラクター声優・女優備考・PR
相田リコ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞
キャラクター声優・女優備考・PR
アンジュリーゼ・斑鳩・ミツルギ水樹奈々
サリア喜多村英梨ゾーラ亡き後の第1中隊の隊長
エルシャ小清水亜美
サラマンディーネ堀江由衣

けいおん!
キャラクター声優・女優備考・PR
真鍋和
山中さわ子
琴吹紬
曽我部恵

競女
キャラクター声優・女優備考・PR
宮田さやかM・A・O準主人公でヒロイン。
日下生美桜山村響
河合花火前田玲奈
月下うさぎ田中美海

ゲゲゲの鬼太郎
キャラクター声優・女優備考・PR
猫娘庄司宇芽香:6期、今野宏美:5期、西村ちなみ:4期、三田ゆう子:3期普段は人間の女の子を装っているが、怒ったり興奮した時、敵と戦う時、ネズミ(ねずみ男も含む)・生魚・鰹節などを見た時には一変して凶暴な化け猫顔となる猫の生態が大変強い女の子。

けものフレンズ
キャラクター声優・女優備考・PR
トキ金田朋子
ギンギツネ相坂優歌

ケロロ軍曹
キャラクター声優・女優備考・PR
日向秋平松晶子
日向夏美斎藤千和

恋と嘘
キャラクター声優・女優備考・PR
真田莉々奈

攻殻機動隊
キャラクター声優・女優備考・PR
草薙素子田中敦子

GS美神
キャラクター声優・女優備考・PR
美神令子鶴ひろみ

ご注文はうさぎですか?
キャラクター声優・女優備考・PR
宇治松千夜佐藤聡美
桐間紗路内田真礼通常時(カフェインが入っていない場合)

こちら葛飾区亀有公園前派出所
キャラクター声優・女優備考・PR
秋本・カトリーヌ・麗子
小野小町
清正奈緒子
星野リサともさかりえ「こち亀THE MOVIE」のメインヒロインで、FBIから派遣された爆弾解体のスペシャリスト。

さ行

冴えない彼女の育てかた

キャラクター声優・女優備考・PR
澤村・スペンサー・英梨々大西沙織
霞ヶ丘詩羽茅野愛衣

真田丸
キャラクター声優・女優備考・PR
木村佳乃真田信繁の姉で小山田茂誠の正室。
きり長澤まさみ本作のヒロインで、高梨内記の娘
堀田作兵衛の妹で、真田信繁の最初の妻(ただし身分の違いから側室となっている)。第一次上田合戦で死亡する。
高畑淳子真田昌幸の正室で、真田信之信繁兄弟の生母、
茶々竹内結子豊臣秀吉の側室で、豊臣秀頼の生母。

さばげぶっ!
キャラクター声優・女優備考・PR
春日野うらら大久保瑠美同じお嬢様でも、裏表がない男前口調鳳美煌とは対照的に、女性語の昇華版とも言うべきお嬢様言葉を常用する腹黒~いお嬢様。

地獄先生ぬ~べ~シリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
稲葉郷子
細川美樹
葉月いずな
ゆきめ
高橋律子
美奈子先生
中島法子
菊池静
木下あゆみ
篠崎愛
橘百合愛
苫米地茉莉

Steins;Gate
キャラクター声優・女優備考・PR
牧瀬紅莉栖今井麻美

新世紀エヴァンゲリオン
キャラクター声優・女優備考・PR
惣流・アスカ・ラングレー宮村優子
綾波レイ林原めぐみ
葛城ミサト三石琴乃
赤木リツコ

スーパー戦隊シリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
鹿鳴館香鳥人戦隊ジェットマンに登場するホワイトスワンの変身者。最終回ではレッドホークこと天堂竜と結婚する。
城ヶ崎千里田中恵理電磁戦隊メガレンジャーに登場するメガイエローの変身者でメガレンジャーのサブリーダー。
サヤ星獣戦隊ギンガマンに登場するギンガピンクの変身者。
ユウリ未来戦隊タイムレンジャーに登場するタイムピンクの変身者で、そのチームのリーダー。
風のシズカ轟轟戦隊ボウケンジャーに登場するダークシャドウのくノ一。
須塔美羽杉本有美炎神戦隊ゴーオンジャーに登場するゴーオンウイングスのメンバーで、ゴーオンシルバーに変身者。
白石茉子高梨臨侍戦隊シンケンジャーに登場するシンケンピンクの変身者。
ルカ・ミルフィ市道真央海賊戦隊ゴーカイジャーに登場するゴーカイイエローの変身者。
宇佐美ヨーコ小宮有紗特命戦隊ゴーバスターズに登場するイエローバスターの変身者。
エスケイプ
アミィ結月
キャンデリラ戸松遥獣電戦隊キョウリュウジャーに登場するデーボス軍の構成員だが、終盤ではキョウリュウジャーに味方し、最終回でも生存する。
ノア夫人久川綾
グリッタ嬢日髙のり子ノア夫人の娘。
セラ柳美希動物戦隊ジュウオウジャーに登場するジュウオウシャークの変身者で、アムの友達。
ナリア
ハミィ大久保桜子宇宙戦隊キュウレンジャーに登場するカメレオングリーンの変身者。
マーダッコ喜多村英梨
アキャンバー小宮有紗
ゴーシュ・ル・メドゥ竹達彩奈快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーに登場するギャングラーの女子構成員。
エマ・ゴルディーニ太田緑ロランス同上の第9話に登場するゲストキャラクター。フランスの有名な宝石デザイナーだが、日本語が大変堪能で、しかも女性語を常用する。女性語を全く使わないメインヒロインにあって、本作の数少ない女性語キャラクター。

スーパーマリオシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
ピーチ姫向井真理子本シリーズがスタートしてから30年以上も経過しても、同じ敵に毎回連れ攫われるお姫様は後にも先にも彼女ぐらいしかいないだろうと突っ込まずにはいられないぐらいに全くといっていいほど成長しないお姫様。
デイジー姫
ロゼッタ
ポリーン

スクールランブル
キャラクター声優・女優備考・PR
沢近愛理

涼宮ハルヒの憂鬱
キャラクター声優・女優備考・PR
涼宮ハルヒ

スラムダンク
キャラクター声優・女優備考・PR
彩子
赤木晴子

スレイヤーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
リナ・インバース

世紀末オカルト学院
キャラクター声優・女優備考・PR
神代マヤ

星方天使エンジェルリンクス
キャラクター声優・女優備考・PR
李美鳳
ヴァレリア・ベルトーネ
アンヌ・ラパン

聖闘士星矢
キャラクター声優・女優備考・PR
城戸沙織
ユナ
パブリーン
パラドクス
パラス

絶対絶望少女
キャラクター声優・女優備考・PR
腐川冬子

閃乱カグラ
キャラクター声優・女優備考・PR
春花

それいけ!アンパンマン
キャラクター声優・女優備考・PR
バタコさん
ドキンちゃん
メロンパンナ
あざみちゃん
しらたき姫
プリンちゃん
エクレアさん
シロップちゃん
おくらちゃん
おだんごちゃん皆口裕子ひとくち村に住んでいて、美味しい団子作りが上手な可愛い女の子。
いちごだいふくちゃん上坂すみれ苺大福を作るのが上手な女の子。
カラコちゃん岩男潤子甘いものが苦手で、激辛ものが大好きな唐辛子の格好をした女の子。
マゴマジョ川澄綾子魔女見習いな女の子。
ロールケーキちゃん
たまご姫
ミミ先生

た行

大正野球娘。
※現代っ子(平成女子)とは異なり、大正乙女は男前気質な女子を除き女性語を全員常用する。

キャラクター声優・女優備考・PR
鈴川小梅
小笠原晶子
宗谷雪
川島乃枝
月映静
月映巴
菊坂胡蝶
桜見鏡子
尾張記子
アンナ・カートランド

逮捕しちゃうぞ
キャラクター声優・女優備考・PR
辻本夏実声:玉川紗己子/演:伊東美咲本作の真主人公で、酒好き大メシ喰らいな体育会系女子巡査
小早川美幸声:平松晶子/演:原沙知絵本作の副主人公で、相棒・夏実を高学力と論理的洞察力で支える頭脳派女子巡査。
二階堂頼子声:小桜エツコ/演:乙葉ゴシップとそれに絡む騒動が大好きなメガネっ娘女子巡査。
佐賀沙織声:飯塚雅弓(前任:丹下桜)/演:吉岡美穂気合いは充分だが、まだまだ空回りしがちな夏実たちの新米女子巡査。
中嶋瀬奈折笠富美子(前任:小西寛子中嶋大丸の後妻で、中嶋剣の義理な母親だが、剣より年下な20歳の若奥様。
相模大野千恵根谷美智子頼子とは警察学校同期で次席卒業だが、頼子の強運ぶりに度々振り回される警視庁で最もついていない女子巡査。
金子留理子嶋崎はるかイタリア語が話せる帰国子女な女子巡査。
木下かおる子榊原良子本作で最も大人らしく、クールなキャリアウーマンタイプな警部補

タイムボカン24
キャラクター声優・女優備考・PR
カレン鬼頭明里JKKこと時空管理局の17歳の女子局員。
ビマージョ喜多村英梨小原乃梨子女史時代のドロンジョマージョよりも女性語を割と多めに使っている3バカの現場女子リーダー。
美麗皆口裕子JKKに新しく配属された女子司令官で、ビマージョの姉貴。

ダンガンロンパ
キャラクター声優・女優備考・PR
霧切響子
セレスティア・ルーデンベルク

ちいさなプリンセスソフィア
キャラクター声優・女優備考・PR
エレナ・カスティーオ・フローレス
アンバー
ヒルデガード
ビビアン
ミランダ
アイビー
プリズマ
ミニーマウス
デイジーダック
クララベル

月姫
キャラクター声優・女優備考・PR
アルクェイド・ブリュンスタッド

電脳コイル
キャラクター声優・女優備考・PR
小此木優子
天沢勇子
橋本文恵

電波教師
キャラクター声優・女優備考・PR
桃園マキナ
鑑純音
叶美奈子

東方Project
キャラクター声優・女優備考・PR
博麗霊夢シリーズを通じての主人公。
八雲紫
風見幽香

とあるシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
御坂美琴
白井黒子

ドラゴンクエストシリーズ
※作品の性質上、お姉様・お嬢様・お姫様が他作品の女子たちよりも圧倒的に大勢存在するために、スケバン気質な女子以外な主要キャラクターは女性語を全員使用している。

ドラゴンクエストヒーローズ
キャラクター声優・女優備考・PR
メーア桐谷美玲本作のもう一人の主人公(女子主人公)で、幼馴染なアクト(男子主人公)とともにエルサーゼ王国の親衛隊長を務める勇猛な性格だが、大変勝ち気で猪突猛進なところが玉にキズな女の子。
ジュリエッタ小松未可子同上に登場する魔法研究所の所長を務める若き女子天才学者で、ブーメラン攻撃魔法を駆使して戦い、主人公たちをサポートする頼もしいお姉さん。

ドラゴンクエストヒーローズ2
キャラクター声優・女優備考・PR
テレシア武井咲本作のもう一人の主人公(女子主人公)&ジャイワール出身の士官候補生で、暴走しがちな双子な弟であるラゼル(男子主人公)に的確なツッコミを入れる優等生タイプな女の子。

ドラゴンクエストⅠ
キャラクター声優・女優備考・PR
ローラ笠原弘子本作や剣神ドラゴンクエストにも登場するラダトーム王ラルス16世の一人娘で、邪悪な勢力にさらわれ勇者の救いを待つという典型的なお姫様。「そんなひどいですわ!」というセリフはあまりにも有名で、実は助けなくてもクリアできるため、プレイヤーによっては放置されたままクリアされることもある。後述のアリーナ・マルティナ・アンルシア・ムーンブルクなどの戦えるお姫様が世間一般を賑わせる昨今、隔世な感を感じずにはいられない本シリーズの記念すべき第1号の戦えないお姫様

ドラゴンクエストⅡ
キャラクター声優・女優備考・PR
ムーンブルク姫横山智佐本作とモンスターバトルロードにも登場するムーンブルク国のお姫様。MPとすばやさが高く、攻撃呪文を真っ先に使える魔法使いであると同時に、回復呪文も覚えるので、賢者の元祖とも言える本シリーズの記念すべき第1号の戦えるお姫様
サマルトリア姫なし本作に登場するサマルトリア王子の妹姫。勇者ロトの血を引いているはずだが、まだ幼いのかパーティーには残念ながら加わらないお姫様。

ドラゴンクエストⅢ
キャラクター声優・女優備考・PR
ルイーダ甲斐田裕子初登場を本作で果たすのを皮切りに、以降なシリーズや様々なスピンオフ関連作品にも登場するお馴染みな女子キャラクターとなっていて、パーティーから外れている仲間キャラクターを管理してくれるルイーダの酒場を切り盛りする艶っぽい女性主人。

ドラゴンクエストⅣ
キャラクター声優・女優備考・PR
アリーナ中川翔子本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場するサントハイム王国のお姫様で、スピードと身軽さを生かした徒手空拳白兵戦を最も得意とし、会心な一撃も高確率で決められる格闘家タイプな女の子。
マーニャ沢城みゆき同上に登場するモンバーバラ踊り子にしてミネアの実姉であるが、無類なギャンブラーでせっかく稼いだカネをギャンブルで全部スカンピンにしてしまう全く懲りないお姉さん。
ミネア日笠陽子同上に登場する女子占い師にしてマーニャの実妹であるが、酒乱でギャンブル狂な姉に毎日振り回されている生真面目なお姉さん。

ドラゴンクエストⅤ
キャラクター声優・女優備考・PR
ビアンカ井上麻里奈本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場する主人公の花嫁候補の一人で、攻撃魔法を駆使して戦うお姉さん。
フローラ花澤香菜同上に登場する花嫁候補の一人で、デボラの実妹でもある。スティック攻撃魔法を駆使して戦うお淑やかで心優しいお嬢様。
デボラロミ・パク同上に登場する花嫁候補の一人で、フローラの実姉でもある。メタル狩りを魔神の金槌などで熟すのを最も得意とする非常にわがままなツンデレお嬢様。

ドラゴンクエストⅥ
キャラクター声優・女優備考・PR
ミレーユ田中理恵本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場するテリーの実姉で、本シリーズのミネアとは御同業者であり、生計を易者で立てている苦労人なお姉さん。
バーバラ三森すずこ同上に登場する女子魔法使いで、主人公に対する好意が垣間見えることがあるなど、重要キャラクター且つ物語のヒロイン的な扱いを受けている女の子。

ドラゴンクエストⅦ
キャラクター声優・女優備考・PR
マリベル悠木碧本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場する女子魔法使い。家柄はフィッシュベルの網元の一人娘で、オレンジな頭巾をトレイドマークにしているが、主人公に対しては特別非常にワガママで、加えてかなりな毒舌家でもあるツンデレお嬢様。
アイラなし本作に登場する遊牧民族であるユバールの踊り手だが、キーファ・グランの子孫であると思われ、習得する特技や押しが強い面などから彼の血筋が伺える女子剣士。
リーサ・グランなし本作に登場するキーファの実妹で、「あなたからはお兄様に似た雰囲気を感じますわね!」という理由でアイラを実姉のように慕っているグランエスタード城のブラコンお姫様。

ドラゴンクエストⅧ
キャラクター声優・女優備考・PR
ゼシカ・アルバート竹達彩奈本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場する女子魔法使いであると同時に、本シリーズのマーニャやマルティナと肩を並べるほどのお色気担当も自負する名家なお嬢様。
ミーティア種田梨沙本作に登場するトロデーン王国のお姫様だが、正気を失ったドルマゲスに呪いをかけられ白馬にされたり、ゼシカの存在に食われぎみなために、あまり目立たない可哀想なメインヒロイン。

ドラゴンクエストⅨ
キャラクター声優・女優備考・PR
サンディ喜多村英梨ガングロメイク、茶髪、ギャル風なファッションと口調をした妖精のような姿をした女の子だが、女性語も時折使っている。
リッカ藩めぐみ本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場する女の子で、リッカの宿屋を切り盛りする健気な女の子宿王。
ロクサーヌなし
レナなし
フィオーネなし
ユリシスなし
イシュダルなし

ドラゴンクエストⅩ
キャラクター声優・女優備考・PR
アンルシア早見沙織本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場するグランゼドーラ王国のお姫様&キーパーソンで、世間からは勇者姫と呼ばれているが、敵女子キャラからぺったんこ呼ばわりされたり、別な敵キャラからは「デコっぱち」呼ばわりされたりといじられキャラにもなっている可哀想な女の子。
マイユ遠藤綾オーグリード大陸の小さな村「ランガーオ村」の村王の娘で、気立てが良く村の民からも慕われているナイスバディな女子オーガ
グレイツェルなし本作に登場する魔女だが、祖母が不思議な術を使えるためにメルサンディの村人達から魔女の娘として迫害され、村人達から追い詰められ深い谷底に落ち深い傷を心身共に負って村と英雄を恨み、挙げ句な果てに魔女になったクレルの哀れな正体。


ドラゴンクエストⅪ
キャラクター声優・女優備考・PR
マルティナ小清水亜美本作や様々なスピンオフ関連作品にも登場する色々と訳ありなデルカダール王国のお姫様。アリーナと肩を並べる女子格闘家であると同時に、マーニャやゼシカと肩を並べるほどのお色気担当も兼ね備えているお姉さん。
セーニャ雨宮天
ベロニカ内田真礼

ドラゴンクエスト・ダイの大冒険
キャラクター声優・女優備考・PR
マァム冨永みーな本シリーズの様々なスピンオフ作品の中でもかなり異色な作風と位置付けられている本作の僧侶戦士であったが、女子格闘家に転職する。老若男女を問わず他人を慈しむ博愛&慈愛な精神の持ち主だが、恋愛沙汰や恋愛感情に大変疎く鈍い年頃な女の子。
レオナ久川綾本作に登場するパプニカ王国の実質的な若き女王様で、ダイ一行では専ら回復担当の一翼を担うが、大変耳年増な一面もあり、他人の恋愛事情に首をズケズケと突っ込みたがる俗っぽい一面もあり、庶民と王族とのギャップが溢れる言動でダイたち周囲を呆れさせる年頃な女の子。
エイミ冬馬由美本作に登場するマリンの実妹で、通常時はレオナを護衛するパプニカ王国の女子賢者だが、ヒュンケルに恋心を抱く意地らしくも命知らずな恋する乙女。
マリン江森浩子本作に登場するエイミの実姉で、通常時はレオナを護衛するパプニカ王国の女子賢者で、男子賢者であるアポロとは恋仲関係にあるお姉さん。
メルル南場千絵子本作に登場する女子占い師で、戦闘能力は全くないが、回復呪文や遠方での危機的状況や未来予知を的中する能力には大変秀でている。ポップがマァムのことが大好きなのを知っていながらも、彼を愛している年頃な女の子。
フローラなし本作に登場するカール王国の実質的な女王様で、アヴァンのことをお姫様時代から愛しており、最終決戦後には彼とめでたく結婚する大変羨ましい女性。

ドラゴンボールシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
ブルマ
ブラ
ビーデル皆口裕子
リブリアン
人造人間21号

な行

七つの大罪

キャラクター声優・女優備考・PR
エレイン小岩井ことり
メラスキュラM・A・O
デルドレー加藤英美里

NARUTO
キャラクター声優・女優備考・PR
春野サクラ

ニューダンガンロンパV3
キャラクター声優・女優備考・PR
東条斬美
モノファニー

忍たま乱太郎
キャラクター声優・女優備考・PR
ユキ
トモミ
しおり
そうこ
あやか
みか
おシゲ
ナオミ
亜子
猪々子
卯子
恵々子
山本シナ

は行

ハクメイとミコチ

キャラクター声優・女優備考・PR
ミコチ
コンジュ

化物語
キャラクター声優・女優備考・PR
戦場ヶ原ひたぎ
羽川翼

はじめの一歩
キャラクター声優・女優備考・PR
間柴久美幕之内一歩を愛しているのだが、彼同様恋愛には大変奥手で、しかもいい雰囲気になっても、性悪な兄貴に恋路を度々妨害される哀れな乙女。
飯村真理一歩になにかと興味津々なボクシング雑誌記者さんで、男の扱いにも意外と長けているお姉さん。
山口智子
鷹村京香なしあの理不尽大王・鷹村守の姉貴とは到底信じられないくらいな「鷹村コンツェルン」のお淑やかな御令嬢。
トミ子青木勝のカノジョだが、美人とはお世辞にも言えないお姉さん。
幕之内寛子一歩を女子手ひとつで育てた彼の母親で、「釣り堀幕之内」の女子社長。

はたらく魔王さま!
キャラクター声優・女優備考・PR
遊佐恵美

ハヤテのごとく!
キャラクター声優・女優備考・PR
桂ヒナギク

美少女戦士セーラームーンシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
水野亜美
火野レイ
愛野美奈子
海王みちる
冥王せつな
ルナ

Fate
キャラクター声優・女優備考・PR
遠坂凜

ふしぎの海のナディア
キャラクター声優・女優備考・PR
ナディア・ラ・アルウォール
メディナ・ラ・ルゲンシウス・エレクトラ

藤子不二雄作品シリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
佐倉魔美
春日エリ
星野スミレ
沢田ミチ子
野々花みよ子
源静香かかずゆみ、前任:野村道子今時な小学生とは到底信じられないくらいに女性語を常用する元祖ヒロインで、サザエ・不二子と肩を並べる女性語キャラクター最古参者な女の子。
ドラミちゃん
ジャイ子
野比玉子三石琴乃、前任:千々松幸子野比のび太の母親で、女性語を常用するサザエ・みさえ・すみれと肩を並べる国民的長寿アニメの主婦キャラクター四天王の一人。
しずかママ折笠愛、前任:松原雅子淑女の躾と嗜みに大変厳しいしずかの母親。

プリキュアシリーズ
ママキュア&祖母キュア
※下記のママ&祖母たちは女性語を全員使い、娘たちよりも使う人数と確率が非常に高い
キャラクター声優・女優備考・PR
雪城さなえ野沢雅子「ふたりはプリキュア」&「ふたりはプリキュアMaxHeart」の女子キャラクターで、女性語を常用するほのかの祖母。
雪城文伊藤美紀同作品の女子キャラクターで、ほのかの母親。
美墨理恵荘真由美同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない美墨なぎさの母親。
日向沙織土井美加「ふたりはプリキュアSplashStar」の女子キャラクターで、女性語を使わない日向咲の母親。
美翔可南子日下由美同作品の女子キャラクターで、女性語を常用する舞の母親。
夢原恵美日野由利加「Yesプリキュア5」&「Yesプリキュア5GoGo」の女子キャラクターで、女性語を使わない夢原のぞみの母親。
夏木和代浅野まゆみ同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない夏木りんの母親。
桃園あゆみ氷上恭子「フレッシュプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を使わない桃園ラブの母親。
蒼乃レミ雨蘭咲木子同作品の女子キャラクターで、女性語を常用する美希の母親。
山吹尚子根谷美智子同作品の女子キャラクターで、女性語を使う祈里の母親。
花咲薫子坂本千夏「ハートキャッチプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を使わない花咲つぼみの祖母。
花咲みずき加藤有生子同作品の女子キャラクターで、つぼみの母親。
来海さくら氷青同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない来海えりかの母親。
明堂院つばき湯屋敦子同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない明堂院いつきの母親。
月影春菜佐久間レイ同作品の女子キャラクターで、女性語を常用するゆりの母親。
番慶子井上喜久子同作品の女子キャラクターで、番ケンジの母親。
北条まりあゆきのさつき「スイートプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を使わない北条響の母親。
南野美空今井由香同作品の女子キャラクターで、女性語を常用する奏の母親。
アフロディテ日髙のり子同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない調辺アコの母親。
星空タエ松尾佳子「スマイルプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を使わない星空みゆきの祖母。
星空育代國府田マリ子同作品の女子キャラクターで、みゆきの母親。
黄瀬ちはる氷上恭子同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない黄瀬やよいの母親。
青木静子篠原恵美同作品の女子キャラクターで、女性語を使うれいかの母親。
坂東いすず杉山佳寿子「ドキドキプリキュア」の映画版だけの女子キャラクターで、女性語を使わない相田マナの祖母。
相田あゆみ上田晴美同作品の女子キャラクターで、マナの母親。
菱川亮子湯屋敦子同作品の女子キャラクターで、女性語を使う六花の母親。
円茉里唐沢潤同作品の女子キャラクターで、お嬢様言葉を常用する亜久里の義理な祖母。
愛乃かおり堂ノ脇恭子「ハピネスチャージプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を使わない愛乃めぐみの母親。
大森ようこ安達まり同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない大森ゆうこの母親。
相楽寛子岩居由希子同作品の女子キャラクターで、相楽誠司の母親。
春野もえ儀武ゆう子「Goプリンセスプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を使わない春野はるかの母親。
海藤ますみ篠原恵美同作品の女子キャラクターで、女性語を常用するみなみの母親。
天ノ川ステラ大原さやか同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない天ノ川きららの母親。
ホープキングダム王妃天野由梨同作品の女子キャラクターで、お嬢様言葉を常用するトワの母親。
リリア岩男潤子「魔法つかいプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を常用するリコの母親。
朝日奈今日子加藤有生子同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない朝日奈みらいの母親。
結希かの子太地琴恵同作品の女子キャラクターで、みらいの祖母。
宇佐美さとみ山口由里子「キラキラプリキュアアラモード」の女子キャラクターで、女性語を使わない宇佐美いちかの母親。
立神藍子中村英香同作品の女子キャラクターで、女性語を使わない立神あおいの母親。
野乃すみれ桑谷夏子「HUGっとプリキュア」の女子キャラクターで、女性語を使わない野乃はなの母親。

ふたりはプリキュア&ふたりはプリキュアMaxHeart
キャラクター声優・女優備考・PR
雪城ほのかゆかな本作のもう一人の主人公で、キュアホワイトに変身する女子中学生だが、本シリーズの女性語中学生の開祖とも言うべき女の子。
小田島友華飯塚雅弓
竹野内よし美永野愛

ふたりはプリキュアSplash☆Star
キャラクター声優・女優備考・PR
美翔舞榎本温子本作のもう一人の主人公で、咲の相棒としてキュアイーグレットに変身する女の子。
霧生満渕崎ゆり子
霧生薫岡村明美(前任:今井由香

Yes!プリキュア5&Yes!プリキュア5GoGo!
キャラクター声優・女優備考・PR
秋元こまち永野愛かれんの盟友で、キュアミントに変身する中学3年生の女の子で、小説家を志望する。
美々野くるみ仙台エリ青い薔薇で変身可能な妖精ミルクの人間体で、かれんを憧れなお姉さんとして慕っている女の子で、ミルキーローズに変身する。
水無月かれん前田愛こまちの盟友で、キュアアクアに変身する中学3年生の女の子。医者を志望する。
ダークレモネード釘宮理恵
ダークミント皆口裕子
ダークアクア木内レイコ
アラクネア沢海陽子
アナコンディ山像かおり

フレッシュプリキュア
キャラクター声優・女優備考・PR
蒼乃美希喜多村英梨自称「アタシ完璧」を自負しておきながら、何かにつけて不憫な目に遭いやすいファッションモデル志望な女の子で、キュアベリーに変身する。
東せつな小松由佳黒歴史を抱えながらも、仲間たちと健気に生きる女の子で、キュアパッションに変身する。
山吹祈里中川亜紀子動物が大好きで、獣医になるのを夢見る心優しい女の子で、キュアパインに変身する。
知念ミユキ飯塚雅弓ラブたちのダンスの先生で、プロフェッショナルな女子トップダンサー。
ノーザ渡辺美佐本作の敵女子構成員で、幼児のトラウマになりやすいBBA

ハートキャッチプリキュア
キャラクター声優・女優備考・PR
月影ゆり久川綾キュアムーンライトに変身する17歳の女子高生で、小説ハートキャッチプリキュア!では真主人公となる。
来海ももか伊藤静ゆりの唯一無二な盟友で、来海えりかの美人姉さん。
サソリーナ高乃麗本作の敵女子構成員だが、どこか憎めないお茶目なお姉さん。

スイートプリキュア
キャラクター声優・女優備考・PR
南野奏折笠富美子本作のもう一人の主人公で、パティシエールになることを夢見る中学2年生の女の子で、キュアリズムに変身する。
黒川エレン豊口めぐみセイレーンの人間体で、キュアビートに変身する女の子だが、人間に転生してからはポンコツぎみになっている。
東山聖歌西野陽子奏が所属するスウィーツ部の部長で、奏が一目置いている女の子。

スマイルプリキュア
キャラクター声優・女優備考・PR
青木れいか西村ちなみ
若いマジョリーナ冨永みーな
ニコ林原めぐみ

ドキドキ!プリキュア
キャラクター声優・女優備考・PR
菱川六花寿美菜子マナの相棒&正妻で、キュアダイヤモンドに変身する女の子。
四葉ありす渕上舞プリキュアでも数少ない生粋な御令嬢で、キュアロゼッタに変身する女の子。
剣崎真琴宮本佳那子アイドルと女子中学生の二足の草鞋を履き、キュアソードにも変身する女の子だが、人間界に移り住んでからはポンコツぶりに拍車がかかっている
円亜久里釘宮理恵アン王女の面影がある女子小学生で、キュアエースに変身する女の子。
マリー・アンジュ今井由香まこぴーが敬愛しているトランプ王国のお姫様。
マーモ田中敦子
五星麗奈氷青ありすに敵愾心を何かにつけて燃やす五星財閥の御令嬢。

ハピネスチャージプリキュア!
キャラクター声優・女優備考・PR
氷川いおな戸松遥生身でも戦えるプリキュアの数少ない格闘有段者の一人で、キュアフォーチュンに変身する女の子。
氷川まりあ小林沙苗いおなの実姉で、生身でも戦えるプリキュアの数少ない格闘有段者の一人で、キュアテンダーに変身するお姉さん。
リボン松井菜桜子ヒメルダ専属なお世話係だが、わがままなヒメルダに振り回される悲惨な妖精。
ホッシーワ岡村明美本作の敵女子構成員だが、サソリーナ同様どこか憎めないお茶目なお姉さん。
クイーンミラージュ國府田マリ子名目上は女子首領だが、ブルーには弄ばれ、レッドにも傀儡にされた最も哀れな敵女子構成員。

Go!プリンセスプリキュア
キャラクター声優・女優備考・PR
海藤みなみ浅野真澄キュアマーメイドに変身する中学2年生のお嬢様で、学園におけるはるかの母親代わりになるお姉さん。
紅城トワ沢城みゆきキュアスカーレットに変身するホープキングダム王国の正真正銘なお姫様。
ミス・シャムール新谷真弓はるかたちプリキュアを一人前なプリンセスに育成する猫型妖精で、人間体にも変身するキャットガール
一条らんこ矢作紗友里某スクールアイドルアイドルオタクを彷彿させるアイドルだが、きららとは因縁を何かにつけて吹っ掛ける女の子。
如月れいこ水野理紗生真面目でルールに厳格な眼鏡女子で、裁判官を目指す女の子。
舘響子佐古真弓きららが所属する芸能事務所の女子社長。

魔法つかいプリキュア!
キャラクター声優・女優備考・PR
十六夜リコ堀江由衣本作のもう一人の主人公で、みらいの相棒としてキュアマジカルに変身する女の子。
リズ名塚佳織リコの実姉で、魔法学校の女子教師をしているお姉さん。
勝木かな菊地美香みらいのクラスメイトで、魔法使い探しに躍起になっている女の子。
魔法の水晶新井里美校長先生の喋る水晶で、過去・現在・未来を映すことができる優れモノ。

キラキラ☆プリキュアアラモード
キャラクター声優・女優備考・PR
キラ星シエル水瀬いのり妖精キラリンの人間体で、ちょうど50人目のプリキュアになるキュアパルフェに変身する女の子だが、本作の劇場版では事実上な真主人公となる。
琴爪ゆかり藤田咲猫のようにしたたかで気まぐれな女子高生で、キュアマカロン変身する女の子。
ビブリー千葉千恵巳本作の敵女子構成員だったが、光堕ちしてシエルのスウィーツショップで働く女の子。
岬あやねMachicoまだお嬢様然だったあおいをロックバンドプレイヤーに目覚めさせたメジャーな女子ロックヴォーカリスト。
ルミエル安野希世乃100年前のいちご坂で活躍していたパティシエールで、本作おける先代プリキュア。

HUGっと!プリキュア
キャラクター声優・女優備考・PR
薬師寺さあや本泉莉奈興奮したり煽られると、女性語やお嬢様言葉が出る癖があり、キュアアンジュに変身する女の子。
愛崎えみる田村奈央語尾が「なのです」の口癖がある女の子。
パップル大原さやか女子のフェロモン色香を全開に醸し出すクライアス社の敵女子構成員であると同時に、薄い本のネタにも全く事欠かせない本シリーズ随一なお姐様
ジェロス甲斐田裕子本作の第19話から登場する敵女子構成員で、パップルの後輩に当たる女子社員。
吉見リタキンタロー。本作の第14・18・19に登場する新進気鋭な女子ファッションデザイナー。
一条蘭世洲崎綾さあやに敵愾心を燃やしまくる大女優を夢見る女の子。
咲田マリ藤原夏海はなたちにフラワーショップのお世話をしたホームセンター内の花屋の店長。

平成版サザエさん
キャラクター声優・女優備考・PR
フグ田サザエ声:加藤みどり/演:観月ありさ生誕から70年以上にもなる女性語主人公のレジェンド
波野タイコ声:小林さやか(前任:塚田恵美子)/演:白石美帆良妻賢母波野ノリスケの若奥様
磯野フネ声:寺内よりえ(前任:麻生美代子)/演:竹下景子古き良きジャパンの母と呼ばれるに相応しい女性
磯野ワカメ声:津村まこと(前任:野村道子)/演:錦辺莉沙良くも悪くも快活すぎるサザエの大人しめな妹
花沢花子声:山本圭子(前任:秋元千賀子)/演:松田杏咲世渡り上手なカツオと結婚したがっている不動産屋の一人娘
早川さん声:川崎恵理子(前任:冨永みーな潘恵子)/演:柴田みなみカツオのクラスメイト&ガールフレンド
大空カオリ声:桂玲子/演:吉岡千波カツオのクラスメイト&ガールフレンド
野沢リカ桂玲子チョットおませなタラオのガールフレンド
伊佐坂軽声:山田礼子/演:戸田恵子フネの女子学生時代以来の盟友
伊佐坂ウキエ声:川崎恵理子(前任:冨永みーな・潘恵子)/演:倉科カナ軽の実娘で、カツオの憧れなお姉さん
穴子タカコ声:山本圭子(前任:塚田恵美子)/演:北斗晶恐妻家アナゴさんカミナリ女房
塩田スズ子桂玲子ワカメのクラスメイト&友達
大島ミユキ?ワカメのクラスメイト&友達

平成版ひみつのアッコちゃん
キャラクター声優・女優備考・PR
加賀美あつ子

平成版魔法使いサリー
キャラクター声優・女優備考・PR
夢野サリー

北条司作品
キャラクター声優・女優備考・PR
香瑩
槇村香
野上冴子
野上麗香
野上唯香
美樹
麻生かすみ
ブラッディ・マリィー
ソニア・フィールド
来生瞳
来生泪
浅谷光子

ま行

マクロスF

キャラクター声優・女優備考・PR
シェリル・ノーム
グレイス・オコナー井上喜久子
キャサリン・グラス小林沙苗

魔法騎士レイアース
キャラクター声優・女優備考・PR
龍咲海
鳳凰寺風

魔法少女まどか☆マギカ
キャラクター声優・女優備考・PR
暁美ほむら
巴マミ

魔法先生ネギま!
キャラクター声優・女優備考・PR
神楽坂明日菜
那波千鶴

名探偵コナン
キャラクター声優・女優備考・PR
灰原哀林原めぐみ表面的なヒロインは毛利蘭だが、主人公・江戸川コナンを公私な面で実質的に支えている本作のメインヒロイン
宮野志保林原めぐみ哀の真の正体で、黒の組織の元メンバー
宮野明美玉川紗己子志保の姉であり、10億円強盗事件の犯人だが、黒の組織を抜けることなく死亡
佐藤美和子湯屋敦子後輩・高木渉の頭が一生上がらない警視庁の敏腕女子警部補
宮本由美杉本ゆう美和子とは盟友関係にある警視庁交通部交通課の女子警部補
上原由衣小清水亜美同僚の大和敢助諸伏高明とは幼なじみな長野県警の刑事
妃英理高島雅羅蘭の母親で、現在別居中で弁護士を生業としている毛利小五郎の妻
工藤有希子島本須美英理とは高校時代からの盟友関係にある工藤新一の母親
ジョディ・スターリング一城みゆ希黒の組織を追って来日しているFBIの28歳の女子捜査官
ベルモット小山茉美コナンと哀の正体を知っている黒の組織の女子大幹部で、本名はシャロン・ヴィンヤード
小林澄子加藤有生子コナンたち少年探偵団を担任する26歳の女子教師
若狭留美平野文通常時は女性語を流暢に使うが、狂気と殺意に満ちた野郎口調をコナン不在時に時折使う二重人格な37歳の女子教師

MAJOR
キャラクター声優・女優備考・PR
茂野薫
茂野桃子
早乙女静香
陣内アリス

や行

山田くんと7人の魔女

キャラクター声優・女優備考・PR
白石うらら
小田切寧々
伊藤雅
飛鳥美琴

YAWARA!
キャラクター声優・女優備考・PR
猪熊柔皆口裕子
本阿弥さやか

ら行

ラブライブシリーズ
ラブライブ!

キャラクター声優・女優備考・PR
矢澤にこアニメ版、アニメ以降のドラマCD、スクフェスにおいて、キャラ作りをせず素で喋る際に限る。他ではユニセックス語を常用
西木野真姫
絢瀬絵里

ラブライブ!サンシャイン!!
キャラクター声優・女優備考・PR
津島善子
桜内梨子アニメ版に限る。他媒体ではユニセックス語を常用
黒澤ダイヤG's版では女性語、その他ではお嬢様言葉を使用
小原鞠莉基本的にはルー語を使う。素では女性語をベースにユニセックス語も交える

恋愛ラボ
キャラクター声優・女優備考・PR
真木夏緒
榎本結子

らんま1/2
キャラクター声優・女優備考・PR
天道あかね声:日髙のり子/演:新垣結衣本作のメインヒロイン&無差別格闘天道流の使い手にして天道三姉妹の三女だが、実写ドラマ版では真主人公となる。
天道なびき声:高山みなみ/演:西山茉希男の扱いは大変上手く、自称「お金の奴隷たる筋金入りな守銭奴」を自負する天道三姉妹の次女。
天道かすみ声:井上喜久子/演:長谷川京子天道家・早乙女家の住人から特別な存在として扱われており、セクハラや嫌がらせを全くといっていいほどされていない天道三姉妹の長女。
九能小太刀島津冴子聖ヘベレケ女子学院新体操部のエースで、ルックスとプロポーションは完璧でありながら、兄・帯刀同様常軌を逸したエキセントリックな変態女子。
白鳥あずさ松井菜桜子わがままで、気に入った可愛いモノに名前を勝手につけて、自分の所有物とする癖がある聖コルホーズ学園格闘スケーター。
今条マリ子小林優子青春学園女子生徒で、応援する選手を勝たせるために対戦相手を倒す格闘チアリーディングの使い手。
早乙女のどか池田昌子料理・裁縫が得意な良妻賢母で、和服が大変似合う早乙女乱馬の実母。
二ノ宮ひな子冬馬由美「無差別格闘流闘気吸引体質」を有し、乱馬とあかねを担任する女子教師。
未央勝生真沙子霊感が代々強い家系で、家族は生計を易者で立てているあかねのクラスメイト。
みどり先生高田由美八宝斎が純粋な恋心を抱いた「なかよし保育園」の保育士。
なつめ勝生真沙子天道早雲の生き別れな娘」にして「天道道場の正当な後継者」を自称する無差別格闘流使い手の姉妹の姉。
くるみ水谷優子「天道早雲の生き別れな娘」にして「天道道場の正当な後継者」を自称する無差別格闘流使い手の姉妹の妹。
ゆか羽田小百合あかねのクラスメイト&友達。
さゆり亀井芳子あかねのクラスメイト&友達。

りゅうおうのおしごと!
キャラクター声優・女優備考・PR
清滝桂香茅野愛衣
夜叉神天衣佐倉綾音

ルパン三世シリーズ
峰不二子という女
キャラクター声優・女優備考・PR
峰不二子沢城みゆき/前任:増山江威子本シリーズに全て登場するメインヒロインで、本作ではルパンを差し置いて、初主人公を担当する稀代な美女。サザエ・しずかと肩を並べる女性語キャラクター最古参者の一人。

LUPIN・TVSP&MOVIEシリーズ
キャラクター声優・女優備考・PR
クラリス・ド・カリオストロ島本須美カリオストロの城で登場するメインヒロイン&囚われなお姫様
ロゼッタ塩沢とき(老婆)&河合奈保子(正体)バビロンの黄金伝説のメインヒロインで、バビロンの黄金の謎を探る正体不明の謎の老婆。遠い昔に神に使わされて地球に降り立ち、バビロンの黄金を求めて地球をさまよっている。実際は水も滴る美女だが、正体を隠しコミカルな老婆に化けていた。長い年月の間に世界史に名が残る人物たちとも各時代で出会いと別れを繰り返していた。別れ際の台詞から、ルパンのことを本気で愛していたことが示唆されている。
キャラメール平野文同上に登場するICPO主催のインターナショナル婦人警官コンテストのアメリカ代表。
ザクスカヤ吉田理保子同上に登場するICPO主催のインターナショナル婦人警官コンテストの旧ソヴィエト代表。
ラザーニア島津冴子同上に登場するICPO主催のインターナショナル婦人警官コンテストのイタリア代表。
チンジャオ潘恵子同上に登場するICPO主催のインターナショナル婦人警官コンテストのチャイナ代表。
サランダ戸田恵子同上に登場するICPO主催のインターナショナル婦人警官コンテストのアフリカ代表。
墨縄紫荘真由美風魔一族の陰謀に登場するメインヒロインで、五ェ門の許嫁にもなった女の子だが、結婚は無期限延期となった。
イザベル駒塚由依バイバイ・リバティー・危機一発!に登場するメインヒロインで、行方不明だったマイケルの母親。息子同様、優れたコンピュータ科学者。かつてスリーメイソンのNo.2だった頃にニューウイルスを開発したが、ウイルスを自分だけの物にしようとしてデータを隠した後に組織から逃亡。その後スリーメイソンに捕まってしまうが、ジミーを言いくるめてシルバーマンを殺させ自らがNo.1の座に着き、隠していたニューウイルスを取り出して世界を我が物にしようとする。しかし、その直後にジミーにナイフで刺されてしまう。死に際にマイケルと再会し、スリーメイソンの本部をヘリで脱出後、ヘリの中で静かに息絶えた。
マリア佐々木優子ヘミングウェイ・ペーパーの謎に登場するメインヒロインで、表向きはコルカカ島のバーの女子主人だが、実はコルカカ島の民兵組織「サソリ」の生き残りである。亡き兄はサソリのリーダーで、自分以外のメンバーは兄も含めてカルロスとコンサノが率いる軍に全員殺られたため、復讐する時期を狙って誰もいない町で軍人相手に安酒場を一人で営んでいる。仲間や兄を殺害し、故郷を荒らしたカルロス・コンサノ両陣営を憎んでおり、お宝を狙うルパンも最初は敵視していたが、後に和解してルパンに次第に惹かれていく。
木戸千恵子戸田恵子
ジュディ・スコット佐々木優子
カレン・クオリスキー田中敦子
ジュリア・ダグラス安達祐実
マリア・ダグラス檀ふみ
ダイアナ岡本麻弥
オーリエンダー高山みなみ
エメラ横山智佐
ララ久川綾
一色まりや林原めぐみ
ロザリア戸田恵子
シンシア・F・クレイモフ小山茉美
スーザン沢海陽子
エリナロミ・パク
ミーシャ五十嵐麗
アニタりの
レベッカ・ランバート浅川悠
ポイズン・ソフィ能登麻美子
辻斬りカオル田中敦子
ミシェル・キューイック伊瀬茉莉也
ジェニー安藤麻吹
お不三関根麻里
イセカ桑島法子
ドリュー田中美里
ミラ・ジュリエッタ・ヴェスパランド堀江由衣
サクラ・アルディア・ヴェスパランド鈴木弘子
神楽坂飛鳥平野綾
摩耶ロミ・パク
美沙清水理沙
リサ・アルジェント井上麻里奈
博美ロミ・パク
ユティカ石川由依
ラーシャ宮本佳那子
カーミラ渡辺明乃
レベッカ・ロッセリーニ藤井ゆきよ

るろうに剣心
キャラクター声優・女優備考・PR
神谷薫声:藤谷美紀/演:武井咲本作のメインヒロインにして、後に緋村剣心と結婚し、長男・剣路を出産する
巻町操声:櫻井智/演:土屋太鳳原作版は中性口調一辺倒だが、アニメ版では女性語を割と多めに使う御庭番衆先代御頭(蒼紫の師匠)の孫娘
高荷恵声:土井美加/演:蒼井優脱藩してまで西洋医学に心血を注いだ会津出身の美人女医
駒形由美声:入絵加奈子/演:高橋メアリージュン吉原の大人気花魁だった志々雄真実愛人
雪代巴声:岩男潤子/演:星乃あんり剣心が人斬り抜刀斎だった時の妻
三条燕声:白鳥由里/演:永野芽郁牛肉鍋の「赤べこ」の店員として健気に働く弥彦のガールフレンド
増髪声:中尾友紀/演:江田結香普段は京都の料亭兼旅館・葵屋の従業員を務める隠密御庭番衆くノ一
近江女声:尾小平志津香/演:別府あゆみ同じく、普段は京都の料亭兼旅館・葵屋の従業員を務める隠密御庭番衆のくノ一

わ行

ワールドトリガー

キャラクター声優・女優備考・PR
加古望
小南桐絵
木虎藍
那須玲

ONEPIECE
キャラクター声優・女優備考・PR
ナミ
ニコ・ロビン

関連イラスト

(※女子主人公オンリー 副主人公・メインヒロインも含む)

3M不二子
草薙素子


【年賀状】怨み屋さんと蛇年
<エンジェルハート>シャンイン


美神令子
デコチョコ千尋さん


CHIZURU 2
ルイーゼさんお誕生日おめでとうございました


ページをめくると
祝マクロスΔ


不思議の海のナディア生誕祭お祝絵
キス待ち❤︎


夏実(逮捕しちゃうぞ)解像度UP版
御坂さんのあんよ


こんにちは。雪城さん。
まいまいおたおめ!


ひつじ
ナシマホウなリコちゃん


愛の光を持つ乙女!キューティーハ二ー!あなたの人生、
美幸さん


牧瀬紅莉栖ちゃん
霊夢


電脳コイル
スレイヤーズ25周年


メーア
テレシア&ホミロン


らくがき。
02年の暑中お見舞い


エスパー魔美
チンプイとエリ様


女の子
タ~イム・・・


神代マヤ
CURE MOONLIGHT


さおとめめあり
白石うらら


アッコにおまかせ
マハリクマハリタ


メイフォン
エレナ


薫殿
てんどうあかね


小梅ちゃん
謹賀新年


フグ田サザエ 24才



関連項目

女子力 ヒロイン しずかちゃん ドラえもん フグ田サザエ
サザエさん 時代錯誤 絶滅危惧種 ツンデレ
オネエ言葉 -が使う女性語
だぜ子 - 女性語とはキャラを真逆に際立たせる手法

pixivに投稿された作品 pixivで「女言葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2395592

コメント