ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

超人系悪魔の実のひとつ。
能力者のは死後に黄泉の国から現世へと舞い戻り、再び自身の体に戻る事で蘇る。ただし、蘇生は一度のみ。その上残った肉体は復元できないため、白骨死体や腐乱死体であればそのままスケルトンゾンビと化す。
「一度だけの復活」という能力が行使されてもそれによって悪魔の実の呪いが消えるわけではなく、復活する前だろうと復活した後だろうと水に浸かれば体は思うように動かなくなる。
能力発動後、能力者の魂は「死した魂を現世に呼び戻す」という自然に反する現象を実現させるため、限りなく実体に近い強力なエネルギーの塊となっている
このため、体そのものが傷つかない限りは例え首を切り落とされようともダメージを受けず、それどころか魂のエネルギーでくっつけて復活できる強力な再生能力を獲得できる。

能力者

ルンバー海賊団全滅後、魂のみの状態で現世へと舞い戻ったが、魔の三角地帯の深いにより自分の体を探すのに時間が掛かってしまい、一年後に自分の遺体を発見した時は白骨死体になっていた。
白骨化していたため内臓もないが、それでも生命維持は可能であり、食事もすれば排泄もするし、涙も屁もゲップも出る。
また白骨化して超身軽になった事で短距離なら水上を走って移動できる、水分吸収や電撃などを無効化できるなどの副次効果も得た。
さらに自由に幽体離脱する事も可能。
前述の通りエネルギーの塊なので、幽体離脱した魂は誰の目にも明らかなほどはっきりと見える。しかし実体は存在しないため、壁などに阻まれる事無くどこにでも侵入でき、呼吸なども必要ないので毒ガスの中などでも平気。これによって常人では侵入できない危険な場所を偵察したり、捕まってしまった時に仲間に直接助けを求めたりする事もできるようになった。
ただ、完全に霊魂の姿なので、本体を知っていても逃げたくなる怖さ。

そして魂が能力の媒体となっているため、魂に通じる行動をより強く相手に訴えかける事ができる。「魂に通じる行動」とは彼にとっては得意な「音楽」、またこの魂は「ソルソルの実」の能力によってつくられた「取ってつけた魂」を瞬時に無効化、そうでない猛者にも恐怖を覚えさせるほどの威容を持っている。

魂を纏った剣は「黄泉の冷気」をこの世に伝え、「凍える剣」となって切り付けた相手を即座に凍結させ、打ち砕くという特性もあり、彼の剣技と相まって強力な武器になった。

余談

柳田理科雄によれば骸骨だと全身全てが痛点のため、痛みが半端ないらしい。
骨身にしみました!といった台詞もあながち間違いではないのかもしれない。

関連タグ

ONEPIECE

関連記事

親記事

超人系 ぱらみしあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヨミヨミの実」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヨミヨミの実」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4475

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました