ピクシブ百科事典

超人系

ぱらみしあ

漫画『ONEPIECE』に登場するアイテム「悪魔の実」の分類の一つ。

概要

悪魔の実はその能力の傾向によって主に3つの系統に大別される。
特定の動物の姿に変身し、その動物の能力を自分の力として自由に発揮できるものを動物系(ゾオン)」、自らの体を自然物やエネルギーなどに変化させ、そのエネルギーを自在に操る事ができるものを自然系(ロギア)」、そして前述した2種に属さないもの全般が「超人系(パラミシア)」に分類される。

「超人系」はその呼称の通り、能力者は一般的には考えられないような超特異体質となり、その能力を自在に使う事ができる。しかし動物系や自然系のような「傾向」と呼べるような共通性は少なく、能力はまさに千差万別である。また、一部例外もあるが、基本的には動物系のように能力者の身体能力を直接的に強化したり、自然系のように肉体を別の物質やエネルギーそのものに変換するような力は無く、能力を行使する場合もほぼ常に能力者本人の実体を残したままである。このため、基礎的な戦闘力は動物系や自然系と比較するといくらか劣る場合が多く、一部では「(能力者としては)超人系は格下」という認識を持つ者もいる。
しかし、鍛え方や能力の応用によってその戦力差を埋める事は不可能ではなく、必ずしも超人系は悪魔の実の中では下位の存在とは言えない。また、能力者同士の戦いの場合、その能力の相性によっては自然系と言えど絶対的に有利とは限らない。例えばゴムゴムの実(超人系)の能力者とゴロゴロの実(自然系)の能力者がタイマンするなら、雷の力を操るゴロゴロの実よりも電撃に圧倒的な耐性を持つゴムゴムの実の能力者の方が有利となり得る。
他にもいかなる攻撃をも撥ねつける圧倒的な防御力を発揮できるバリバリの実、攻撃力においては自然系に全く引けを取らないグラグラの実など、部分的には最強種と言われる自然系をも超えていると言える超人系悪魔の実も決して少なくなく、疑似的な死者の復活を可能とするカゲカゲの実や、文字通りの意味で「死」から「復活」を遂げてしまうヨミヨミの実など、「超自然的な力」を有する超人系能力者も存在する。「究極の悪魔の実」とも謳われるオペオペの実も超人系に属している。
極少数ではあるが、自然系と同様に肉体が別の物質に変化する「特殊な超人系」の能力も存在する。

乱暴な言い方をすれば「動物系または自然系に属さない」悪魔の実は全て超人系という括りなので、総数は非常に多く、それ故に能力者の数も多い。現在名称の判明している悪魔の実のうち、半数以上は超人系である。また、今のところ名称が不明の悪魔の実も、その能力の特性から(明らかに動物系である事が分かるものを除いて)ほとんどが超人系に属すると思われる。アニメオリジナルの能力者も描写を見る限り超人系が多い。
なお、偉大なる航路に突入してから麦わらの一味が完全に敵対した組織には大抵一人は超人系の能力者が在籍していた(現状在籍が確認できなかったのは空島編の「神の軍団」くらい)。ドンキホーテ海賊団に至っては一時期10人以上の超人系能力者が在籍していたりもした。
一方で麦わらの一味にも現在3人の超人系能力者が在籍している。また、麦わら大船団傘下や同盟組織にも数人確認されており、一組織としてみるとそこそこ多い。

関連項目

悪魔の実

pixivに投稿された作品 pixivで「超人系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント