ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

超人系悪魔の実の一つ。
食べると「毒人間」となり、全身から分泌した様々な毒を操ることができるようになる。

毒は気体、液体、ゲル、固体と様々な形状で産出でき、その威力も催涙ガスから大きな建物を破壊し得る代物まで多種多様。更に全身から毒液を流出させたり、溜息や唾液ですら猛毒であったりするため、生身では接近することすら困難。

このように超人系でありながら、自然系に匹敵する「敵の攻撃を受けにくい身体」になるうえ、即死級の猛毒を多彩な方法で繰り出せる為、数ある超人系の中でも相当上位の戦闘力を有する能力である。

弱点としては、毒に対して免疫を持つ相手には無意味。もっとも、そんな人間はまず居ないのだが。
さらにドルドルの実で生成した蝋のように、毒が浸透せず変性もしない物体には攻撃を徹す手段が限られてしまう。
また毒物を直接摂取出来る身体になるが、完全には消化できず下痢を起こすのもデメリットと言える。

後に登場したガスガスの実毒ガスを生成可能であるため比較されることが多い。
あちらの自然系ゆえの「物理攻撃を喰らわない」という基本的な優位点に加え、「毒ガス以外にもあらゆる気体を操れる」といった特長からガスガスの実の方が上位と評されることも多い。(というかガスガスの実の能力者であるシーザーがそう自称している。)
ただしこちらは「生成する毒の状態を変化させられる」「毒の種類が多い」といった特長があるため、実際は一長一短である。また言うまでもなく、能力者自身のの実力込みで言えばいち七武海を後ろ盾としていたシーザーより、七武海級の海賊がうじゃうじゃいた脱獄編のインペルダウン内でも圧倒的強者であったマゼランの方が格上だと思われる。

能力者

インペルダウンの署長・・・だったが黒ひげの襲撃と大量脱獄により副署長に降格。
しかし屋外で戦えば、環境汚染は避けられないし、民間人を巻き添えにする危険性も高いためインペルダウンに留まることに。

ちなみに作中では主人公・ルフィに圧勝している数少ない能力(人物)だが、ルフィは瀕死状態を経てエンポリオ・イワンコフホルホルの実の能力とMr.2エールによって奇跡の復活を果たした後、毒に強い免疫が出来たらしく、ヒョウゾウの猛毒をくらっても「チクッとした」だけで済む、シーザーの毒ガスを吸い込み無力化する、巨人族も即死するほどの毒魚を食べても平気、などの特性を得た。

関連タグ

悪魔の実  ONEPIECE
ココ(トリコ) ボルジア・・・毒つながり

関連記事

親記事

超人系 ぱらみしあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドクドクの実」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4989

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました