ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

新魚人海賊団雇われた殺し屋で、を持つタコ「ヒョウモンダコ」の人魚背広Yシャツを着崩した格好で、得物の日本刀風のを携えの入った瓢箪をぶら下げている。
 
両腕と6本の足の触手により一度に8本の刀を振るうタコ八刀流の剣士にして、ヒョウモンダコの特性によって毒液を出すこともできる。
 
登場したのは物語後半になってからだが、存在自体は序盤の「アーロンパーク編」時点で匂わされており、ハチがゾロに放った「おれ様を一人を除けば魚人島No.1の剣豪"六刀流のハチ"と知っているのかァ!!!」というセリフがそれ。
その「ハチより強い"魚人島一の剣士"」こそがヒョウゾウであった。ハチとヒョウゾウはかつて同じ剣術道場に学んだ同門の間柄であり、実際ハチは子供の頃から一度も勝てなかったらしい。

プロフィール

本名ヒョウゾウ
異名不明(おそらく「人斬り上戸」或いは「タコ八刀流」)
年齢39歳
身長327cm
懸賞金不明
所属新魚人海賊団雇われの殺し屋(実質幹部級待遇)
種族ヒョウモンダコの人魚
能力毒液(自前の特性)
出身地偉大なる航路 魚人島 リュウグウ王国(魚人街)
誕生日4月18日
血液型X型
好物肴になるもの二日酔い時のシジミ汁
CV坂口哲夫


人物

  • 総評

態度は飄々としているものの、本性は打算的かつ自己中心的である上に人を斬るのが好きという危険人物。
剣士としてのプライドは高いが金でしか動かず、勝つためなら卑怯な手段も辞さない。
また魚人島No.1の剣士である事に非常に固執しており、自身の剣や身体的特質による恵まれた才能と実力に大いに溺れている。さらに仲間意識や同胞愛的なものも特になく、雇い主のホーディ・ジョーンズ共々酷薄な性分が見られる。
 

  • 「人斬り上戸」
しばしば酒を飲んで酔っぱらっており、相当の呑兵衛な様子。しかもひどく酔うと敵味方関係なく人を斬りまくる"人斬り上戸"
かといって素面の時ならマトモなのかといえばそんなこともなく、自身の気分を害する相手には味方だろうと非戦闘員だろうと容赦なく危害を加える。

かつてアーロンに雇われていた事もあり仲間入りを誘われた事もあったようだが、「金離れが悪かった(彼を雇えるほどのお金を出せなかった)」という理由で断った様子。またハチには面と向かって「お前止まりの剣士しか連れていけなかったアーロンは気の毒だったなァ」とこき下ろしており、彼らとの相性は非常に悪いことがうかがえる。
 
そもそもアーロンは同胞を心から大事にし、たとえ自身の嫌う「人間」であっても、味方であれば基本的に手は出さない。
対するヒョウゾウは泥酔すると(下手をしたら泥酔抜きでも)同胞はおろか味方すら平気で斬る危険人物であり、たとえヒョウゾウを雇えるほど羽振りが良かったとしても相性の悪さから長続きしなかったことは明白。雇い主のホーディ自身が味方や同胞すら平気で盾にする人物だから容認されているのだろう。
 
  • 新魚人海賊団での立ち位置
雇われの殺し屋・戦闘員ながらその実力面から実質幹部級の待遇がなされており(アニメでは「魚人海賊団幹部」と字幕で表記されている)、下っ端からも基本的にはさん付けで呼ばれてはいるが、前述の泥酔状態での仲間への攻撃から危険視する者も多い。泥酔したヒョウゾウを上手く介護できるのはハモンド辺り。ヒョウゾウもルフィにやられたハモンド達を担いで撤退してやる等、比較的ウマがあうようである。
また、アニメオリジナルではオトヒメの踏み絵を拒否した魚人島の民間人や自身を差し置いて魚人一の剣士を目指そうと野心を吐露していたアンコウの魚人・ヌル泥酔抜きにしても切り捨てている。

戦闘能力

両腕はもちろん、6本の"脚"でも剣を器用に扱い、掴みどころのない予測不能なトリッキーさを駆使した八刀流の剣術使い。ヒョウゾウ曰く「タコ八刀流」。またヒョウモンダコの特性によって毒液を出すこともでき、この毒を剣に纏わせて振るう「毒の剣」を切り札としている。
必殺技は前進しながら8本の刀を振るって周囲を斬り刻む千鳥足ハッシュ
 
タコの人魚という特性によるトリッキーな動きに加え、「泳ぎは速いが陸上ではシャボン製の浮き輪や椅子を使わないと移動が困難」という人魚故のデメリットも"脚"があるので気にならず、その上「猛毒で攻撃可能」と恵まれたスペックを持つこともヒョウゾウが魚人島一の剣士たる所以なのだろう。

ギア2のルフィの攻撃を受けた際には、とっさに攻撃を防ぎながらルフィに毒を刺すなど技量は高く、ルフィですら強さと危険性を評価している。

なおホーディ以外のメンバーでは唯一、E.S.を覚醒状態まで服用して白髪になっており、その状態では鋼鉄の盾を容易く切断するなど、最終的な戦闘力は他の幹部級とは一線を画すレベルにまで強化されている。そして前述通りに酔っ払って敵味方関係なく斬りかかったり手段を選ばない危険性が加わることで危険度・脅威度が増すこととなる。

しかしいくら強くとも魚人島とその周囲でしか経験を積んでいない上に本質的には自身の恵まれた肉体的メリット頼みでしかなかったヒョウゾウは2年間鍛えに鍛えたロロノア・ゾロの敵ではなかった。

作中での活躍

麦わらの一味ホーディ・ジョーンズ率いる新魚人海賊団の傘下に加えるため人魚の入り江でハモンド達と現れ、傘下になる事を拒絶したルフィと戦闘になった。
この時、ヒョウゾウだけルフィの「ゴムゴムのJET銃」を刀で受け止め防御し、更にルフィの体に毒を刺すという芸当を見せ、マゼラン戦で毒への抵抗能力を得ているとはいえ「アレはだいぶ強ェなァ」とルフィにいわしめた。この時、ヒョウゾウはハモンドとカサゴバらを抱えながらルフィを毒で死に至らしめたらどうしようかと思っていた。

その後酒のつまみに食べていたE.S.(エネルギーステロイド)の効力が出始め、悶絶した末に肉体が覚醒し超強化された状態になるが、ギョンコルド広場での麦わらの一味vs新魚人海賊団では、ゾロ相手にまったく刃が立たず、8本の刀を全て粉砕され、最後は落ちていた剣を拾い背後から奇襲してを喰らわそうとしたところを返り討ちにされた。

ゾロに敗れてネプチューン軍により投獄された後は、ドーピングの副作用で体が老化してしまい、戦闘不能の状態となってしまった。

余談

1.戦意喪失のフリをして猛毒の剣を繰り出そうとした際、ゾロは「やめとけ、カエル野郎」と言い放ったが、それに返した台詞が原作とアニメ版で変わっている。
原作では
「カエルってのはァ!!こんなに手足があんのかァ!? ウィ~…… 猛毒があんのかァ!!?」
だが、アニメ版ではシンプルに
「おれはカエルじゃねェ!!!」
となっている。
「おれが魚人島ナンバーワンのタコ八刀流のヒョウゾウだ 覚えとけェ!!!」は共通。
 
おそらくカエルにも猛毒を持つものがいるからだろう。
 
2.ヒョウゾウをKOした直後、ゾロは「悪かったな…カエルかと思ったよ、井の中のよ….!」と言っているが、ゾロ自身も東の海でミホークと手合わせした際に「井の中の吠えし蛙(かわず)よ、世の広さを知るがよい」と言われている。

3.結果的にゾロ相手に手も足も出ずに惨敗したものの、地理的に多くの海賊と遭遇するために斬る相手に事欠かないとはいえ魚人島とその周囲でしか活動していないにもかかわらず自身の身体的メリットを活かし切っている特異な剣術を有する実力者だった。もしヒョウゾウが魚人島の外に出て鍛えに鍛えられていたら…と思われる。

4.かつて同門で仲間同士だったハチとは色々と対照的な描かれ方がなされている。

5.アーロンに仲間入りを誘われた時期の詳細に関しては不明。もしタイヨウの海賊団に入る前に誘われていた際、仮に仲間になったとしてもフィッシャー・タイガージンベエと上手くやっていけたか怪しいが。

6.新魚人海賊団の構成員として扱われている媒体が多いが、媒体によってはバンダー・デッケン九世と同様の同盟相手や外部協力者用心棒として扱われているケースもある。

関連タグ

ONEPIECE 新魚人海賊団 井の中の蛙井の中の蛙大海を知らず

関連記事

親記事

新魚人海賊団 しんぎょじんかいぞくだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒョウゾウ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒョウゾウ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61233

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました