ピクシブ百科事典

ヤドクガエル

やどくがえる

両生綱・無尾目(カエル目)ヤドクガエル科に属する両生類。
目次[非表示]

概要

体長1.8~5cm。
中央アメリカニカラグアから南アメリカブラジルまで、約186種が生息。
ヤドクガエル科は小型の種だが、皮膚に強いがある。
それを敵に知らせるために、とても派手な体色を持ち、昼間活動する。
陸上に産み、オタマジャクシが孵化すると、親がのある所に運ぶ。

食べ物はアリダニの小さいな幼虫、小さな甲虫等。毒はこれらから摂取することで体内に蓄えており、自身は毒を生成できない。その為、ペットとして飼育した個体は毒を持たないとされるが、万が一があるかもしれないのでなるべく素手で触ってはいけない

その名の由来

ヤドクガエルは触るだけでも危険で、種によっては命に関わる神経毒を持つが、積極的に狩りに毒を用いる毒蛇などと異なり、毒針のような毒を撃ち込む器官は持ち合わせていない。
ヤドクガエルの毒はあくまで捕食者から身を守るためのものである。自らの肉体に強力な毒を宿すことで捕食者を遠ざけるのである。

…はずだった。

しかし、この地球上で最も狡猾なフレンズはこう考えたのだ。
「こいつから毒を搾って吹き矢に塗ったら最強じゃね?」、と。
こうして身を守るはずの毒によって逆に命を狙われることになった彼らは「矢毒蛙」と呼ばれるようになったのである。むごーい!

関連タグ

南アメリカ アルカロイド 警戒色 吹き矢 原住民

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤドクガエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57349

コメント