ピクシブ百科事典

ドクロッグ

どくろっぐ

ドクロッグとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.454
英語名Toxicroak
ぶんるいどくづきポケモン
タイプどく / かくとう
たかさ1.3m
おもさ44.4kg
とくせいきけんよち / かんそうはだ / どくしゅ隠れ特性


進化

グレッグルドクロッグ

グレてる



概要

ポケモングレッグルの進化形。名前の似たクロツグとは関係ない。ドロッグでもない。
名前の由来は「毒」と「フロッグ()」だろう。
カラーリングが初号機に似ているが、暴走したり翅が生えたりはしないし、活動限界もない。
また名前が、某お笑いコンビに似ているが、関係性はない。

その見た目や「ふいうち」「ちょうはつ」などの習得技からよくあくタイプに間違えられるが、あくタイプは一切入っていない。

初登場の『ダイヤモンド・パール』では進化前のグレッグルがノモセシティのマスコットになっているなど作中で親しまれている一方、こちらは悪役の手持ちとして登場する。

猛毒を持ち、やや派手な体色の蛙ポケモンという点から、モチーフはおそらくヤドクガエルか。

容姿と生態

全体的にグレッグルの面影を残しつつも、より攻撃的な外見へと成長を遂げた。また、グレッグルに比べて若干だが体色が薄くなっている。

頭部からツノのようなものが生え、拳からは鋭いトゲ(あるいはツメ)が伸びている。このトゲからはかすり傷でさえ命を落とすほどの猛毒を分泌している。
ちなみにこのトゲはグレッグル時代の中指が発達したと思われがちだが、よく見るとトゲが生えているのは手の甲からであり、ドクロッグの指の本数自体はグレッグルと同じ3本なので描く時は注意。

最も特徴的なのは喉元の真っ赤な毒袋。ここに溜まった毒液は、喉を鳴らすことで練り込まれより強力になる。戦いの前に喉を鳴らして練りこんだ毒袋を、体内の管を通して拳のトゲに送り込む。
なお、毒袋のサイズはオスの方が大きい。

カエルらしく柔軟な身のこなしで攻撃を躱し、跳ねるように相手の懐に飛び込むと、えぐるような拳の一撃で猛毒のトゲを突き刺す。「どくづき」はまさにこのポケモンのためにある技と言っても過言ではないだろう。
獲物を仕留めるとゲロゲロと雄叫びを上げる。

ソード・シールド』の図鑑説明に依るとガマゲロゲとは近縁種である模様。それを裏付けるかの如く、ガマゲロゲはみず・じめんタイプでありながらどくタイプやかくとうタイプの技をいくつも覚える。もっとも、ドクロッグの方はみずタイプの技をほとんど覚えないが。

ゲームでの性能

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ
8310665866585

どくかくとうタイプ」という唯一の組み合わせを持つ。エスパーに対して4倍弱点を持つ一方で、フェアリーに強い格闘ポケモンという珍しい長所も持つ。

かくとうタイプとしては攻撃のステータスは並み程度で、「インファイト」や「とびひざげり」などの高火力技を覚えない。そのためアタッカーとして使うなら火力補助が重要となってくる。
耐久面はかなり脆いが、回復技である「ドレインパンチ」を覚える他、優秀な耐性を活かして「つるぎのまい」「ビルドアップ」を積んで居座る戦法も可能。
物理型のみならず、「わるだくみ」を使えば特殊型もできる。サブウェポンも豊富で、「バレットパンチ」や「ふいうち」「しんくうは」「こごえるかぜ」など、半端な素早さを補う技も多数覚えられる。

総じて優秀なタイプと多彩な技を持つが、種族値は全体的に中途半端であり、タイプ相性が良くない相手だとそのまま力負けすることが多い。
パワー偏重な傾向が強い格闘ポケモンにおいては非常に珍しく、決定打こそ乏しいがとにかく多芸で器用なポケモンと言える。

最大の特徴は特性「かんそうはだで、みずタイプの技を無効にするほか「あまごい」や「あめふらし」と相性抜群。加えて、ダブルバトルで便利な「ねこだまし」「フェイント」「ちょうはつ」「ファストガード」などを覚えるため、「あまごいパーティ(雨パ)」のサポートに起用されることが多い。
隣で「なみのり」を使えば攻撃と回復を同時にできるのも長所。
耐性や弱点が独特な為扱いが少し難しいが、うまく動かせればとても強い。実際過去に世界大会で優勝した経験も持つ。

また、蛙をモチーフにしたポケモンの仲間は何かと雨に強いシナジーがあるので、
以下のイラストのとおり、ニョロトノの「あめふらし」、ガマゲロゲの「すいすい」、そしてドクロッグの「かんそうはだ」という雨&蛙パーティを組んでも面白い。
XYでもが登場したため、よりバリエーションが豊富になった。

どちゃくしんの スワコが しょうぶを しかけてきた!



なお、蛙であり「かんそうはだ」持ちであるが、こおりタイプの技は覚えるのにみずタイプの技は一切覚えない

ちなみにアニメ版準拠設定のポケモンキャラクター図鑑では、青いカラーリングの通常個体でなく青緑の色違いが掲載されている事が多く、アニメに登場する個体も色違いが殆どである。
(え?色違いの出番が多かったヨルノズク?あいつは通常カラーで掲載なんだ。何故かって?察してくれ…。)

ポケモンGOでは

2018年12月19日に実装された。

されたのだが、グレッグルは妙に出現率が低い。
天候「くもり」であれば、ドガースのようにビル周辺に出やすいようなので、意識して探してみるのも手。

性能面でいうと、最大CPが低いが、通常技に「どくづき」「カウンター」、ゲージ技に「ヘドロばくだん」「ばくれつパンチ」と、タイプ一致の優秀な技を覚えられ、攻撃も高い。
ジムやレイドではライバルが多く厳しいかもしれないが、スーパーリーグ(CP1500以下)では十分活躍できるだろう。

関連イラスト

ボールペンでドクロッグ
ゲロゲロ



主な使用トレーナー


関連タグ

ポケモン一覧 DPt
ニョロトノ ガマゲロゲ ゲッコウガ:カエル仲間
ズルズキン……こちらは真正の「あく・かくとう」複合。

関連記事

親記事

グレッグル ぐれっぐる

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクロッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 543855

コメント