ピクシブ百科事典

すいすい

すいすい

すいすいとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第3世代
効果天候が「あめ」の時、「すばやさ」が2倍になる


概要

第3世代初登場の特性。
効果は読んでのとおり、天気が「あめ」の時に「すばやさ」が2倍になるというもの。
あめに関係する為、所有者はみずタイプばかり……と思いきや、隠れ特性で泳ぎの得意なツンベアーアーマルドも持っている。

とにかく天候とのシナジーが凄まじい特性。
何せ天候が「あめ」の時にはみずタイプの技の威力が1.5倍になる。
つまりこの特性が発動すれば攻撃・速度の両方を強化できるという凄まじいことになる。
みずタイプ外での所有者も恩恵があり、ツンベアーはほのお弱点も克服できる上、みず技も多く覚えるので特性が腐らない。
アーマルドはみず弱点であることを逆利用して天候「あめ」を誘う立ち回りも可能。

そしてこの強化が2倍であることもポイント。
特に「すばやさ」が中途半端な種族であれば2倍になるだけで様々な相手を追い抜くことができ、元々高い種族の場合は敢えて「すばやさ」に全部振らず抜きたい相手だけを抜いて残りは耐久に回すという手を打てる。

このような性能から、所謂雨パには必須レベルの特性である。

ただし、特にダブル/トリプルでは「すいすい」の適応タイミングに注意しなければならない。
特性「あめふらし」のポケモンを交代で出した場合、そのターンは他の「すいすい」持ちの「すばやさ」2倍が適応されない。これは技を選択したタイミングで行動順が決まるからである。
同じ理由で逆に相手の交代で天候があめ以外に張り替えられてしまっても、そのターンに限っては素早さ2倍が適応される。
これはメガシンカによる天候張替えでも同様なので注意。
ただし所謂「死に出し」ではこの限りではない。

また、「すいすい」はその多くがみずタイプに偏ることもあり、発動中は相手の「かみなり」「ぼうふう」が必中になる。この2つに弱点に抱える場合は要注意。

第6世代では天候特性の一律弱体化により、この特性は使いにくくなったが、続く第7世代では自動天候変化特性持ちが増えたので出番が多少増えた。

関連リンク

特性 あめふらし かんそうはだ うるおいボディ
天候で「すばやさ」が2倍になる仲間:ようりょくそ(晴れ) すなかき(砂) ゆきかき(霰)

pixivに投稿された作品 pixivで「すいすい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25073

コメント