ピクシブ百科事典

ようりょくそ

ようりょくそ

ようりょくそとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第3世代
効果天候が「ひざしがつよい」の時、「すばやさ」が2倍になる


概要

第3世代ことRSEが初登場の特性。
効果は読んでの通り、天気が「ひざしがつよい」(晴れ)の時に「すばやさ」が2倍になるというもの。
元が植物の持つ色素のことなので、所有者はくさタイプに限られる。

くさタイプはやや鈍足~中速のポケモンが多い為、効果さえ発動させてしまえば相当な数の相手を抜き去ることが可能となる。
くさタイプお得意の補助戦術があれば、一方的に相手の行動を封じることもできる。

欠点は「ひざしがつよい」限定であるということ。
この天候ではほのおタイプの技の威力が1.5倍になる。くさタイプはほのおタイプの技が弱点なのでほのお技をぶつけられると焼き払われかねない。
(ほのお1倍のメガフシギバナは、シンカ前が「ようりょくそ」なら1ターンだけ恩恵を受けられる可能性がある)
対抗手段が少なからずあればよいのだが「ようりょくそ」持ちでほのおの弱点を突ける技を覚えるポケモンは殆どいない(「めざめるパワー」でもあれば別だが)。
そして生憎ほのおタイプでこの特性を持つポケモンがいないため、どうにも噛み合わせが悪い。

以上の理由から、所謂「晴れパ」に必須レベルにも関わらず使い勝手は今一つ。
それでも弱いわけではなく、特にダブルバトル等では天候を変えやすいので多彩な戦術を組み立てることができる。

第6世代ことポケモンXYでは天候が弱体化し、やや使いづらくなったが、『ORAS』で永続晴れの「おわりのだいち」が登場し、ゲンシグラードン軸では採用しやすくなった。
続く第7世代のポケモンSMでは自動天候変化特性持ちが増えたことで、この特性の出番も多少増えた。

関連タグ

ポケモン 特性 にほんばれ 晴れパ くさタイプ 
「ひざしがつよい」関連の特性
ひでり おわりのだいち 
サンパワー フラワーギフト 
リーフガード しゅうかく かんそうはだ 
天候で「すばやさ」が2倍になる特性
すいすい) すなかき) ゆきかき

pixivに投稿された作品 pixivで「ようりょくそ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント