ピクシブ百科事典

メガフシギバナ

めがふしぎばな

「ポケットモンスターXY」に登場するポケモン。フシギバナがメガシンカした姿。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.No.003
ぶんるいたねポケモン
タイプくさ/どく
たかさ2.4m
おもさ155.5kg
とくせいあついしぼう


概要

たねポケモン・フシギバナメガシンカした姿。
メガシンカしたことにより巨大化した花を支える為に、足腰がさらに頑強なものに変化している。

頭部と尻の部分に新しい花が咲き、背中の花が巨大化してつるを巻いたヤシのような形に変化し、同時に葉っぱの数も増えているなど、フシギバナの面影を残しつつ、メガシンカによる強化を意識した姿となっている。

ゲームでの性能

HABCDS合計
フシギバナ80828310010080525
メガフシギバナ8010012312212080625
メガシンカ前比較±0+18+40+22+20±0+100


メガシンカにより特に防御が大きく上昇し、攻撃・特攻・特防がこれに追従する形で強化される。
その代わり、カントー御三家のメガシンカ共通の特徴として素早さはそのままである。
これにより耐久型の能力になったが、特攻も十分高いのでアタッカーも十分こなせる。
だが、フシギバナの習得技や後述の特性の事もあり基本は耐久型で使われる。

特性は「あついしぼう」に変化する。
一見フシギバナらしくない特性だが、恐らく花の「子房」と脂肪をかけたのだと思われる。
くさタイプ故に特性の対象は両方とも弱点である為、何と特性によって擬似的に弱点が一気に減る、と言う事態となる。事実上そのままの威力で受ける弱点はひこう・エスパーのみとなる。
こおりタイプが弱点ではないくさタイプは非常に強力なのはユキノオーナットレイで証明された通り。
しかも特性のおかげで「めざめるパワー」(ほのおタイプ)も怖くないのが利点。

元々フシギバナは耐久向けの技を多く習得できる傾向にあり、能力・特性との相性が抜群である。
また防御面そのものが上昇している為、防御特化すればこだわりハチマキを持ったファイアローの「ブレイブバード」すら耐え抜ける
半端な攻撃では弱点を突いても落とせない程の耐久はそれだけで脅威である。
その為かXY発売直後からその数を着実に増やし、要対策ポケモンとして名を挙げる事に成功している。

但し欠点もある。
補助技はくさ技が多く、第6世代ではくさタイプに粉無効の能力が追加されたという事である。
勿論メガフシギバナにとっても利点ではあるものの、同時にくさタイプの相手がしづらいという事でもある。
一応「ヘドロばくだん」で対応できるのだが、「ぼうだん」持ちのブリガロンにはそれすら効かず手詰まりになってしまう。このため、対策として「めざめるパワー」(ほのおタイプ)を覚えさせる場合も。

そしてメガフシギバナにとって最大の難敵、それは何を隠そうメガフシギバナ本人である。
くさ技はまともに通らず、耐久上昇のせいで「ヘドロばくだん」も言うほど通らず、くさ対策の「めざめるパワー」(ほのおタイプ)も特性で通らない…とお互いに決定打が無くなるのである。
お互いに特防特化すると最早終わりが見えなくなる

そのため、強力な耐性を持ちつつも手詰まりになる可能性も備えている、バランスの良いメガシンカと言えるだろう。

アニメでは最強メガシンカAct.Ⅳにて、メガシンカ十人抜きの先鋒、やたらキャラの濃いじゅくがえり風のトレーナーの手持ちとして登場。
特性のあついしぼうでアランメガリザードンXの炎技を封じ、さらに毒で苦しめるが、ドラゴンタイプの力技の前に敗れる。

関連イラスト

green
これなら恐くないかな??


メガばな
メガフシギバナ



関連タグ

ポケモン一覧 メガシンカ くさタイプ どくタイプ
ポケモン メガシンカポケモン ポケモンXY
フシギダネ フシギソウ フシギバナ

カントー御三家・メガシンカ
メガリザードン メガカメックス

pixivに投稿された作品 pixivで「メガフシギバナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186414

コメント