ピクシブ百科事典

リーフ(トレーナー)

りーふ

リーフとは、ゲーム『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』に登場する女主人公の俗称である。
目次[非表示]

概要

デフォルトネームが存在しない『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の女主人公にファンが付けた通称。
稀にフグリと呼ばれることも。

ちなみに、ROMデータのトレーナーリスト内には、女主人公の姿で「しゅじんこうの リーフ」というトレーナーが存在する。
また、リーフグリーンの説明書のスクリーンショットでもこの名前が使われている。
この他、名前を付ける時に何も入力せずに決定すると自動で付けられる名前の一つでもある。

プレイヤーとの通信対戦もしくは通信交換の際にエメラルド⇔ファイアレッドorリーフグリーンの組み合わせだと、エメラルド側でもその姿で出てくる(ただしグラフィックは『RSE』仕様)。

キャラクターデザインはゲームフリークの杉森建

作中での扱い

マサラタウン出身の少女。
オーキド博士からポケモン図鑑の作成を託され、パートナーとなるポケモンを選んで冒険の旅に出る。
プレイヤー自身が主人公であるため、基本的にストーリー中喋ることは無く、人や物を調べたときに本人のものだと思われるモノローグや、モノマネむすめの家で物真似をされた時などに会話するシーンがある。なお、FRLG特有の会話フォントは男女別になっている為、彼女は女性専用フォントになる。
サントアンヌ号のボーイに話しかけた際には、「無口な方ですね」と言われる。
一人称は「わたし」。

(モノマネむすめの物真似)
「こんにちは! ポケモン すきなのね?」
「わたし じゃなくって あなたに きいてるんだ けど」
「… えー なんなの! おかしなこ ねー! 」

デザインは男主人公のカラーを逆にしたイメージとなっている。
白い帽子に水色のノースリーブの服と赤いミニスカート、ルーズソックスといった服装。
実は女主人公初のストレートロングヘア(腰あたりまである)で、一切髪飾りを付けていなかったり一部を結った髪型ではないのが特徴。

第3・第4・第6世代では選ばれなかった方の主人公も登場人物(NPC)として出てくるが、FRLGは初代準拠になっている為にそういったイベントは用意されていない。そういう事もあり彼女個人としてのキャラクター性といったものが不明になっている。あえていうならば男主人公と女主人公のキャラクター設定は性別が違うだけで全く同じというわけである。

その他

ポケモンコロシアム』と『ポケモンXD』では女主人公を選択した『FRLG』と連動させることで対戦モード時のプレイヤーキャラが彼女のグラフィックになる。

2006年の任天堂経営方針説明会で紹介された『ポケモンバトルレボリューション』のデモムービーでは、男主人公と共にトレーナーとして登場していた。

スマブラX』と『スマブラ3DS/WiiU』ではプリンのカラーバリエーションの中に、彼女の帽子を身につけているパターンがある。

ポケモンGO』では2018年2月27日に『FRLG』の主人公コスチューム2種類が追加された。男主人公のコスチューム名がそれぞれ「ファイア~」から始まるのに対し、こちらは「リーフ~」から始まる。

ポケットモンスター☆SPECIAL』では第5章においてブルーが再出発する際に、『FRLG』の女主人公の衣装に着替えている。

リメイク前

リーグ戦


『FRLG』のリメイク元となる『赤・緑・青・ピカチュウ』には登場こそしないものの、当時の任天堂公式ガイドブックの表紙などに茶髪ロングヘアーの少女が描かれており、これが彼女のオリジナルではないかといわれている。
この少女のイラストには「初代リーフ」のタグが付けられる。
なお、『FRLG』の女主人公をデザインする際にやはりこの少女の要素を入れたようで、ロングヘアーやノースリーブ等にみられる。

悲劇のヒロイン

「アニメ登場もだ!」


そのキャラデザインの良さからファンは多いが、『FRLG』ではプレイ時に片方の主人公を選ぶともう一方の主人公が登場することはないため、ポケモン女主人公で唯一公式名称が付いた事が無く、かつアニメ版ポケモンにも出演履歴がない。
大乱闘スマッシュブラザーズX』ではポケモントレーナー名義で『FRLG』の主人公が参戦したものの、男主人公のみの登場だった。
また『金・銀・クリスタルバージョン』のリメイクである『ハートゴールド・ソウルシルバー』でも出番を期待されたが、やはり男主人公のレッドのみの登場となった(HGSSにおける前作主人公は男主人公基準である為)。
更には『ブラック2・ホワイト2』のポケモンワールドトーナメント、『サン・ムーン』のバトルツリーでもレッドとライバルグリーンは参戦したものの、彼女だけは未登場となった。

貧しいリーフ



そんなこんなで、公式から冷遇された扱いを受けている悲劇のヒロインである。

コロコロコミックで連載中の『ポケットモンスター(穴久保幸作)』では「みどり」という名前で登場しているが残念な事にあまり知られてはいない。
アニポケではこのキャラが公式で登場した時には既にカントー編が終わっており、またサトシとシゲル以外のヒトカゲとフシギダネを選んだ最初は順調だった2名のトレーナーは途中で苦戦しているとオーキド博士から報告があり大会に間にあわなかったので登場しなかった。
初代を意識して制作された『ポケットモンスターTHE_ORIGIN』でも、レッドとグリーンは『FRLG』をベースとした姿で登場したが、残念ながら彼女が出てくることはなかった。

そしてレッドに比べて公式イラストの数も少ない。
そんな状況の中、2016年から公開している特設サイト『もやもやドガース ポケモン世界紀行』では他の主人公と共に久々に彼女も登場。
新規イラストも久々に用意されポストカードにもなっていた(アーカイブ)。
ポッポに無理させないであげてください。

遂に……

このように長らく不遇の扱いを受け続けてきた彼女だが、なんと2018年12月7日に発売される『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にポケモントレーナー」のキャラバリエーション(いわゆる2Pカラー)としてプレイアブルキャラでの参戦が決定。遂に声が付くことになった。

smash!


本編で登場したわけではないが、久々の登場かつまさかの抜擢とあって待ち望んでいた人達の歓喜の声が上がったのであった。
なお、名称自体は「女の子」とだけ明記されている。

2P・4P・6P・8Pカラーを選ぶと、男の子の代わりに彼女がトレーナーとなる。
また、カラーバリエーションは『エメラルド』のハルカ、『ブラック・ホワイト』のトウコ、『ウルトラサン・ウルトラムーン』の女主人公と、奇数世代の女主人公をモチーフにした配色で統一されている。

紹介映像はこちら↓


二次創作

前述通り公式からは不遇な扱いを受けていたが、マンネリを回避し、また二次創作ではキャラ設定に縛られないという利点もあるのが、前述のスマブラ参戦にも繋がった。
GSCHGSSに登場したレッドは無口なイメージをもたれやすいが、反対に彼女は自由なキャラ付けがしやすく、様々な設定で描かれている。
モノマネむすめによる真似たものとはいえ、標準的な女性口調であるためだいたいそのイメージが採用されている。

検索時及びタグ付け時の注意

「リーフ ポケモン」で検索するとリーフィアがヒットするため
「リーフ(トレーナー)」でタグ付けして下さい。

関連イラスト

リーフ
リーフちゃん



関連タグ

ゲーム関係タグ

ポケモン FRLG ポケモン女主人公
レッドリメイクレッド) グリーン
初代リーフ アユミ…彼女と同じ立ち位置の女主人公。

スマブラ関連

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スマブラガールズ
ゼニガメ フシギソウ リザードン

他のキャラとの組み合わせ・集合タグ

赤葉…レッドと女主人公のカップリング
初代ライ主♀…グリーンと女主人公のカップリング
カントー組マサラ組…レッド、グリーン、女主人公(または初代リーフ、ポケスペのブルー)の3人セット
サカリフロケット団のボス・サカキと女主人公のカップリング
リザリーリザードンと女主人公のカップリングまたはコンビ
ミュウリーミュウツーと女主人公のカップリングまたはコンビ

ポケスペ関連タグ

ブルー(ポケスペ)

pixivに投稿された作品 pixivで「リーフ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5523590

コメント