ピクシブ百科事典

ポケモン主人公

ぽけもんのしゅじんこう

ポケモンシリーズにおける主役でありアバターキャラクターである。
目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズでは主人公の名前をプレイヤーが自由に付けられるため、これといって統一された正式名称はない。
だがイラストを投稿する場合「主人公」では分かりにくいため、この作品のこのキャラクターであるとハッキリ分かる通称が作られる。
これらの通称を用いてタグを登録しイラストを投稿する行為が古くから行われてきた。

新作が発売されてしばらくすると、NPCとして登場した時の名前や、PVで主人公に使用された名前、およびアニポケの新シリーズの告知で発表された名前が定着していく。
それまではその主人公の登場するシリーズ名と、この「ポケモン主人公」かそれに相当するタグが併用されているようだ。
最近ではNPCとしての登場が無かった主人公の通称が公式名となるケースが多い。

以下は本家シリーズの主人公に限定し、簡易的な解説に留める。
それぞれの詳細や関連作品の主人公は、それぞれの個別記事や、ポケモン男主人公/ポケモン女主人公を参照。

ちなみに『GO』以降ではいわゆるジェンダーも意識しているのか「容姿を選ぶ」と表現されており、主人公の性別に明言が無い(主人公(ポケモンGO)も参照)。
『GO』では「プレイヤーごとのスタイル」、『サン・ムーン』以降では「用意された8枚の写真の中から選ぶ」という形になっている。

なお、『ポケットモンスター☆SPECIAL』などの各種メディアミックス作品では、それぞれ主人公をモデルとした一人のキャラクターとして独立しているため、混同に注意。

一覧

作品男主人公女主人公
赤・緑・青・ピカチュウレッド(なし)
金・銀・クリスタルバージョンヒビキ ※1クリス ※2
ルビー・サファイア・エメラルドリメイク含むユウキハルカ
ファイアレッド・リーフグリーンレッドリーフ
ダイヤモンド・パール・プラチナコウキヒカリ
ハートゴールド・ソウルシルバーヒビキコトネ
ブラック・ホワイトトウヤトウコ
ブラック2・ホワイト2キョウヘイメイ
X・Yカルムセレナ
サン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーンヨウ/コウタ ※3ミヅキ/コウミ ※4
Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイカケルアユミ
ソード・シールドマサルユウリ

※1…当時はまだこの名前は付いていなかったため、日本では「ゴールド」という名前の別人として区別される事が多い。
※2…マイナーチェンジ版の「クリスタルバージョン」のみ登場。
※3… 複雑な経緯があるため、後述。メイン記事はSM♂主とする。
※4… 複雑な経緯があるため、後述。メイン記事はSM♀主とする。

第1世代

レッド赤・緑・青・ピカチュウ

レッドさん
リク:初代主人公!


この頃はまだ男主人公のみであった。

ただし当時の攻略本に、デザイナーの杉森建氏曰く「三つ巴の構図にするため」に作られたキャラクターは存在している(イラスト右の左側のキャラ)。 → ブルー(トレーナー)

第2世代

ヒビキゴールド) / クリス金・銀・クリスタルバージョン

リメイクってこういうこと
ジョウト二人


『金・銀』の時点では男主人公のみだったが、『クリスタルバージョン』で初の女主人公が登場。

当時はまだ「ヒビキ」という名前が付いていなかったため、日本では男主人公を「ゴールド」という名前の別人として扱う事が多い。

アニメではケンタ / マリナとして男女両方が登場。男主人公が(PVを除いた)アニメ作品で声付きの出演権を得たのは、レッドを除くと唯一である。

第3世代

この世代から選ばれなかった主人公がNPCとして登場するようになる(『FRLG』を除く)。

ユウキ / ハルカルビー・サファイア・エメラルド

りくのちから うみのちから
ポケモンORAS発売おめでとう!


ここで女主人公の概念が完全に樹立。

選ばれなかった方が、主人公をアシストする先輩キャラとして上記の名前で登場する。
アニメでも女主人公が「ハルカ」として登場した。

海外名はBrendan(ブレンダン) / May(メイ)
それぞれの日本名から取った「勇気」「春」に関する単語が由来となっている。

レッド / リーフファイアレッド・リーフグリーン

ポケットモンスターの世界へようこそ!
バトルしようぜ


上述の第1世代時のデザインをベースにした女主人公が追加。

第4世代

コウキ / ヒカリダイヤモンド・パール・プラチナ

センシティブな作品
❤


RSEと同じく、選ばれなかった方が主人公をアシストする先輩キャラとして登場。
同様にアニメでも女主人公が「ヒカリ」として登場した。

名前の由来は「光」に関する単語。
海外名はLucas(ルーカス) / Dawn(ドーン)

ヒビキ / コトネハートゴールド・ソウルシルバー

【ポケモン】ソウルシルバー始めました
チコトカズ


旧作リメイクの主人公。

リメイク前とは異なり、選ばれなかった方が幼馴染として登場する。
アニメでもゲストとして、女主人公が「コトネ」として登場した。

名前の由来は「音」に関する単語。
海外名はEthan(イーサン) / Lyra(ライラ)

第5世代

第3・4・6世代とは異なり、主人公に選ばなかった場合はシナリオに一切絡まない。

トウヤ / トウコブラック・ホワイト

ポケモンBW発売おめでとう!
Black●White


バトルサブウェイでマルチトレインを選んだ際、選ばれなかった主人公がパートナーとして登場。

名前の由来は「闘」。
海外名はHilbert(ヒルベルト) / Hilda(ヒルダ)

キョウヘイ / メイブラック2・ホワイト2

ポケモンGETだぜ
無題


前作と同じく、選ばれなかった主人公がバトルサブウェイのパートナーとして登場する。

名前の由来は「共鳴」。
海外名はNate(ネイト) / Rosa(ローザ)

第6世代

カルム / セレナX・Y

XY
主人公たち【ポケモンXY】


帽子を脱いだ異性主人公がライバルとして登場。
アニメでも女主人公が「セレナ」として登場した。

世界同時発売し、それを意識してなのか人種別に3種類の容姿が設定されている。
更にシリーズ初となる着せ替えシステムによって自分好みの服を着せる事が出来る。

名前の意味はフランス語とスペイン語における「穏やかな」。
日本名と海外名が統一されている数少ない主人公(厳密にはカルムのスペルが異なる)。

ユウキ / ハルカオメガルビー・アルファサファイア

センシティブな作品
.+゚.+゚.+゚.+゚


服装などの変化から、こちらはORASユウキ / ORASハルカと呼ばれている。

第7世代

この世代からNPCキャラクターとしての登場が一切無くなる。
ただし、インターネットに接続し、他所のプレイヤーキャラクターを自分のフェスサークルやワイルドエリアに招くことで、自分の選ばなかった方の主人公と出会うこと自体は可能である。

ヨウorコウタ/ミヅキorコウミサン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン

アローラ!
ウルトラサンムーン楽しみですね



公式PVなどでは「サン」「ムーン」が使われていたが、『RSE』以降バージョン名そのままではない名前が付くのが慣例となっていたこともあり、PV内のバトルロイヤルの紹介で登場したトレーナーの2人に付いていた名前が通称として使われている。
また、日本では『USUM』版の彼らを別人として扱うこともある。
以上のように複雑な経緯を辿っているため、本サイトでは「SM♂主」/「SM♀主」をメイン記事として建てている。

海外名はElio(エリオ) / Selene(セレネ)
名前の由来は「太陽」と「月」の神の名前。
このほか、Sun(サン) / Moon(ムーン)Ray(レイ) / Ailey(エイリー)(それぞれサン/ムーン、コウタ/コウミに対応)という複数の通称が存在している。

選べる肌の色が1つ増えて4つになったほか、『XY』同様着せ替えシステムが存在する。

カケル / アユミLet's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

Let's Go!
Let's GO!


『FRLG』とは異なり、男女共に完全新規のキャラクターとなっている。
お馴染みのレッドも彼らとは別にNPCとして登場。

名前の由来は「進む」に関する単語で、タイトルの『Let's Go!』を意識したものと思われる。
海外名はChase(チェイス) / Elaine(エレイン、エレーヌなど)

第8世代

マサル / ユウリソード・シールド

主人公!!
剣楯


公式サイトなどでは「ソード」「シールド」という名前のプレイヤーも登場しているが、「マサル」「ユウリ」の方がメインで使用されている。

名前の意味は「勝利」に関する単語。
海外名はVictor(ヴィクター) / Gloria(グロリア)

大方の共通点

  • その地方の博士と出会い、初めてのポケモンを貰う(一部例外あり)。
  • その地方のポケモンリーグでチャンピオンになる。
  • 旅の途中、人間とポケモンを何らかの形で犠牲にする組織と戦い、その首領を屈服させる。


関連イラスト

主人公ず!
アニバーサリー!!!
ポケモン
20th


ポケモン20周年おめでとう!!
主人公たち
ポケットにファンタジー
スタート



関連タグ

ポケモン ポケットモンスター ポケモントレーナー
ポケモン男主人公 ポケモン女主人公 ライバル(ポケモン) ポケモン博士
歴代主人公 アニポケ サトシの旅シリーズ ポケモンジェネレーションズ

関連記事

親記事

ポケモントレーナー ぽけもんとれーなー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモン主人公」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149330

コメント