ピクシブ百科事典

SM♀主

さんむーんおんなしゅじんこう

ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』および『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の女主人公の関連タグ。
目次[非表示]

概要

ポケモンSM』および『ポケモンUSUM』の女主人公ミヅキの関連タグ。
元々は彼女にデフォルトネームが無かったことから、混乱を避けるために作られたものである。

プレイヤー独自の命名がなされている場合や、髪形・服装を変更し自分好みのコーデにした女主人公を描いた作品などにもこのタグが使用されることがある。

以下のように複雑な事情があることから、タグ登録数は「ミヅキ(トレーナー)」の方が圧倒的に多いにもかかわらず、本サイトでは長らくこの「SM♀主」をメイン記事として使用していた。

名前に関する混乱

第3世代~第6世代の主人公の大半は、選ばれなかった方もNPCとして何かしらの形で登場しており、そこから名前が定着するのが恒例だった。
しかし第7世代からはこの仕様が廃止され、選ばれなかった方は一切登場しなくなっている
アニメにも登場していないため、当初は固有名詞が存在しなかった。

発売前のPVなどで主に使用されていたのは「ムーン」という名前だが、『RSE』以降バージョン名そのままではない名前が付くのが慣例となっていたことや、バージョン名由来の名前は『ポケットモンスターSPECIAL』のキャラと被るということもあり、ゲーム版主人公の通称としては浸透しなかった。(あるいはデモプレイ用の仮名として受け取り通称として解釈した人がほとんどいなかったと思われる)
そのため、発売前のPVの一つであるバトルロイヤル紹介映像で使われていた「ミヅキ」の名前で広く呼ばれるようになった。

作中に登場するNPCポケモントレーナーのOLにもこの名前が使われているため通称として相応しいかどうか議論になっていたが、2017年7月にコトブキヤの「ARTFX J ミヅキ with モクロー」とグッドスマイルカンパニーの「figma ミヅキ」のフィギュアが発表され、公式名称となった。

ところが、マイナーチェンジ版の『USUM』のPVでは「コウミ」という異なる名前が使用されており、「『SM』の主人公とは別人である」と誤解する者が続出。
今もなお『USUM』の主人公を別人として区別して扱う人も多く、同一人物と取るか別人と取るか人によって解釈が異なるという状況になっている。

ただしゲーム本編での扱いは、

  • 初期衣装と髪形が異なるだけで顔立ちは同じ
  • 着せ替えで全く同じ見た目にできる
  • 大まかなストーリーの流れや母親が同じ
  • 『USUM』公式サイトで主人公について「装いも新たに」と記載されている
  • 『USUM』の設定資料にSMの初期髪形でUSUMの初期衣装を着た姿が描かれている(リンク:『ポケットモンスター サン・ムーン・ ウルトラサン・ウルトラムーン 設定資料集 Essential』編集者による宣伝ツイート)
…といったように、歴代のマイナーチェンジ版の主人公と何ら変わりはない。
あくまでもパラレルワールド上の同一人物でしかないので注意。

結局の所どんな名前で呼ばれているの?

日本の二次創作では、衣装が変更された同一人物として扱う場合は『USUM』版でも「ミヅキ」が用いられ、別人として区別して扱う場合は「コウミ」が通称として主に用いられている。

海外でも複数の通称が存在しており、長らく「Moon」が主流だったが、フィギュア化の際に「Selene」が使われてからはそちらで呼ばれるようになっていった。
なお、英語版『USUM』のPVでは「Ailey」となっているが、こちらが使われることはほぼ無い。

余談

プレイヤー間で解釈が割れてしまった理由としては、単に『USUM』のPVで異なる名称が登場したことの他、

  • 服装だけでなく髪形まで新しくなったこと
  • メインの立ち絵を手がけたイラストレーターが『SM』と『USUM』で異なるため、特にタッチや表情、頭身の描き方の違いや構図の影響等から雰囲気が違って見えてしまったこと
  • 宣伝のキャッチコピーや2バージョンでの発売、『SM』にはなかった新たな施設が完成していることなどから『USUM』をマイナーチェンジではなく『BW2』のような続編だと勘違いし主人公交代だと思い込んだ人が出た

など、要因が多々挙げられる。

『USUM』のPVで『SM』とは異なる名前が使用された理由については不明。
しかし、歴代のマイナーチェンジ版の『エメラルド』『プラチナ』においては、それぞれ「ラルド/エミィ」「プラット/ティナ」というバージョン名を少しもじって人名らしくした名前が説明書やスクリーンショット等で主人公に付けられており、『USUM』においてもこの流れを汲んでそれらしい名前を使用したという可能性が考えられる。
このような理由でデモプレイ用の名前を設定したとすれば、「ゲーム本編で固有名詞がない主人公の通称がPVによって定着する動き」を公式側が認知はしていても、マイナーチェンジ版の姿が別人として解釈されることは想定外だったのかもしれない。

グッズや各メディアでは「ミヅキ」の名前のみが採用され、「コウミ」は『USUM』のPVやスクリーンショット以外で使用されたことはない。
『SM』『USUM』を基にした『ポケスペ』第14章でも主人公はサンムーンの二人だけで、物語中盤でUSUM版の服装・髪形に変更する展開となっている。
MV「GOTCHA!」においてもアローラ地方の主人公として登場したのはSM版の姿の二人であり、USUM版の姿が別のキャラとして描かれることはなかった。
各プレイヤーの想像や二次創作等における解釈は自由であるものの、これらの点から「コウミ」は歴代のマイナーチェンジ版と同様あくまでも「宣伝材料用に設定された名前」であると思われる。

関連タグ

ポケモンSM ポケモンUSUM
ミヅキ(トレーナー) コウミ

SM♂主男主人公に関しても同様の混乱が起きている。

関連記事

親記事

ミヅキ(トレーナー) ぽけもんとれーなーのみづき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SM♀主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9622432

コメント