ピクシブ百科事典

名探偵ピカチュウ

めいたんていぴかちゅう

ニンテンドー3DS用のゲームタイトル、およびこれを原作とした2019年公開予定のハリウッド映画のタイトル。
目次[非表示]

ピカッとひらめいた!

概要

「ライムシティ」を舞台に、名探偵のピカチュウと共に謎を解いていくストーリーで、今までにないポケモンという位置付けで制作がされたという。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」第215回で、「株式会社ポケモン」の社長・石原恒和の特集で、ピカチュウに新たなる役割を与えるという名目で開発を進めていたのが本作である。

発売に関して

第1作(後の完全版の序章)「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」のダウンロード開始は2016年2月3日だが、1月27日から「あらかじめダウンロード」で購入する事もできた。

また、同年1月27日(水)~2月29日(月)23:59の期間限定で、通常価格1,500円(税込)のところ、特別価格1,200円(税込)で購入できるキャンペーンを行っていた。現在、配信は終わっている。

その後、大幅にエピソードが追加された完全版であるパッケージ版、及びダウンロード版である「名探偵ピカチュウ」が、2018年3月27日に発売。なお、「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」をダウンロードしていると、ダウンロード版を購入する際に自動的に割引される。

ストーリー

舞台は、人とポケモンが共存する街・ライムシティ。
ある目的を果たすため、少年・ティムはこの街にやって来た。
そこで偶然の出会いを果たすティムとピカチュウ。
新しい物語が、ここから始まる。

登場人物

ピカチュウ

CV:大川透

ピカっとひらめいた!


オレは探偵じゃない。名探偵だ!

「名探偵」を自称する、ちょっと偉そうな態度のポケモン。従来の可愛らしい声とは違い、中年の渋い声でティムと喋る事ができる。口が従来のω型でない分、表情がとても豊か。

常に被っている探偵の帽子(鹿撃ち帽)がトレードマークで、虫眼鏡を常に持ち歩いており、作中ではどこからともなく取り出している。
名探偵のためポケモンに知り合いが多く、街のポケモン達から聞き取りを行いながら、落ち着いた判断と閃きでティムをサポートしていく。

一方で美人に弱く、気に入った女性はティムにナンパしてもらうようにけしかける事も。

その依頼、この名探偵ピカチュウが受けてやってもいいぜ?


コーヒーが大好きで、人間用のマグカップで飲んでいる。行きつけのカフェがあり、コーヒーのうんちくを語り始めたら止まらない。

どこぞのばけねこポケモンのように走りやすさを重視して二足歩行で走る(ただし、全然速くない)。電撃が使えず、技を出せない代わりに、前述した人間顔負けの知能が最大の武器となる、のだが…?

ティム・グッドマン

CV:内田雄馬

推理チュウ


ある目的を果たすために「ライムシティ」にやって来た少年。ピカチュウの性格に押され気味。何故か(探偵の)ピカチュウの言葉を理解できるが、他のポケモンの言葉は分からないため、(探偵の)ピカチュウに通訳してもらう必要がある。

実写映画化



2017年12月に、本作を原作とした実写映画の企画が進行中であることが発表された。公開はアメリカでは2019年5月10日を予定しており、日本ではその1週間前の5月3日に公開される見通し。

監督はロブ・レターマン、脚本は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』等のマーベル作品で知られるニコール・パールマンと『怪奇ゾーングラビティフォールズ』で高評価を得たアレックス・ハーシュ、製作はモンスターバースシリーズや『パシフィック・リム』シリーズ、『ダークナイト』三部作等でお馴染みのレジェンダリー・エンターテインメントという、あまりにもガチ勢すぎる陣営が発表された。
配給はユニバーサル・ピクチャーズが担当するが、日本では従来の劇場版ポケットモンスターと同様、東宝が務める。

ティム役は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』でフランクリン・ウェブを演じたことで記憶に新しい、アメリカの若手俳優:ジャスティス・スミスが担当。さらに、主人公の名探偵ピカチュウの声とモーションアクターを『DEADPOOL』で主人公デッドプール役を演じたことでお馴染みのライアン・レイノルズが担当することが発表され、世界中に激震が走った。良くも悪くもデッドプールのイメージが強すぎるためか、一部では「デップーが喋っているようにしか聞こえない」なんて声も散見される。

doodle


本作のピカチュウはライアンのモーションキャプチャーを基に表情や動きが非常に細かく作りこまれており、アニメに負けず劣らずとても表情が豊か。特に、予告編で一瞬だけ見せているしわしわ顔がブサかわいいと一部で話題になっている。

しわっしわのピカチュウ
レイノルチュウ


他にも、映画オリジナルキャラクターとして、メインヒロインルーシー役にキャスリン・ニュートン、ヨシダ警部補役として、あの渡辺謙の出演が発表されている。

キャスト

キャラクター名演者日本語吹き替え
ピカチュウライアン・レイノルズ ※1 ※2(未発表)
ティム・グッドマンジャスティス・スミス竹内涼真
ルーシーキャスリン・ニュートン飯豊まりえ
ヨシダ渡辺謙渡辺謙

※1 ライアンは、声の他にもピカチュウのモーションキャプチャーも担当している。
※2 鳴き声は通常のピカチュウと同様、大谷育江が担当する。

ちなみに、ティム役の吹き替えを担当する竹内涼真はかつて『仮面ライダードライブ』で泊進ノ介仮面ライダードライブを、ルーシー役の飯豊まりえは『獣電戦隊キョウリュウジャー』で弥生ウルシェード2代目キョウリュウバイオレットを演じたことがあり、ニチアサでヒーロー(ヒロイン)を演じた俳優2人がポケモンでまさかの共演という、こちらも非常に面白いことになっている。

外部リンク

公式サイト
紹介ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「名探偵ピカチュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 623757

コメント