ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エレザード

えれざーど

エレザードとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0695
コーストカロス図鑑No.047
ガラル図鑑No.319
ぶんるいはつでんポケモン
タイプでんき / ノーマル
たかさ1.0m
おもさ21.0kg
とくせいかんそうはだ/すながくれ/サンパワー隠れ特性
タマゴグループドラゴン/かいじゅう

※かんそうはだ:みずタイプのわざを受けるとHPが回復し、ほのおタイプのわざを受けるとダメージが大きくなる。また、天候が「あめ」状態なら毎ターンHPを回復し、「ひざしがつよい」状態なら毎ターンダメージを受ける。
※すながくれ:天候が「すなあらし」状態のとき、天候によるダメージを受けず、回避率が上がる。
※サンパワー:天候が「ひざしがつよい」状態のとき、とくこうが上がるが毎ターンダメージを受ける。

他言語版の名称

英語Heliolisk
イタリア語Heliolisk
スペイン語Heliolisk
フランス語Iguolta
ドイツ語Elezard


進化

エリキテル, エレザード


エリキテルエレザード(「たいようのいし」使用)

概要

ポケットモンスター X・Y』(第6世代)で初登場するポケモン。
エリキテルの進化系であり、「たいようのいし」を使うことによって進化する。
名前の由来は電気を意味する「electricity」+トカゲを意味する「lizard」からきていると思われる。

進化したことで「太陽の光を浴びて発電する」という能力が強化され、エレザード1匹で高層ビル1つに必要な電気を作り出せると言われている。
その際は、エリマキを広げて発電している(ゲーム中の攻撃モーションなどで確認できる)。エネルギー枯渇が問題視される現代においては夢のような能力を持つポケモンである。

エネルギー充填



また自身の筋肉を電気で刺激することによって、100mを5秒で走るほどの脚力を誇るとも言われている(Newポケモンスナップポケモン剣盾を見る限り、走り方は現実のエリマキトカゲのそれである)。
図鑑によれば元々は暑い地域のポケモンらしく、かつて砂漠に栄えていた国で人々にとても大切にされていたらしいが、国が滅びてしまい残された財宝と共に、カロスやガラルといった異国へ移り住んだという悲しい経歴が語られている。

余談だがくさタイプ以外で初の「たいようのいし」進化のポケモンである。
当初はそこまで注目度が高いポケモンではなかったが、隠れ特性が「サンパワー」であることが判明したことで一部ファンの間の注目度が一気に増した。

韓国語では、第9世代ソウブレイズが登場するまでは唯一の6文字であった。

使用トレーナー

シトロン&エレザード



対戦において

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
62555210994109481
ステータスは特攻とすばやさに優れ、天候に関する特性をもつというこれまでのでんきタイプには無い個性を持っている。

特に「かんそうはだ」はでんきタイプとの兼ね合いが非常に優秀。相性のいいみずタイプのポケモンのメインウエポンを無効化できるため、最高のみずタイプキラーとなるだろう。雨が降っているならHP回復効果に加え「かみなり」が必中になり、さらには自身も「なみのり」を覚えるため、雨パアタッカーとしても雨パキラーとしても活躍が見込める。

技の面では、他のでんき特殊アタッカーに比べるとあくのはどうくさむすび、また先述のなみのりなども覚えるため攻撃範囲はやや広く、相性補完に優れる。タイプ一致で「はかいこうせん」も撃てるが、その際は特性「サンパワー」のダメージで相打ちになれるタイミングを狙い、隙をなくせるとおいしい。

また、じめんタイプが弱点ながらすながくれを持つ。砂パはみずタイプを弱点とするポケモンが多いため、みずタイプキラーとして投入を検討してもよいかもしれない。

ちなみにこの「はかいこうせん」(威力150)を、特性「サンパワー」(×1.5)でこだわりメガネ(×1.5)を使用し、さらにタイプ一致技の補正(×1.5)を受けると威力506の壊れ技となる。アイテムがノーマルジュエル(×1.3)でも威力は438と凄まじい。
要するに大体のポケモンを一撃で葬り去ることが可能となるロマン砲である。

しかし特性の採用率は「かんそうはだ」に偏っている。
これは「かんそうはだ」の優秀さ以外にも、「すながくれ」は砂パでメインとなりうるはがね・いわ対策として投入されるじめんタイプの技でついでに倒されがちであること、「サンパワー」は晴れ時に強化されるほのお技が「めざめるパワー」だけであり、かつ「ソーラービーム」を覚えないことが理由と思われる。
ソーラーパネルのように発電するのにソーラービームを覚えないとはいったい……
だが第8世代になって漸く「ソーラービーム」を覚えられ、「めざめるパワー」廃止の代替として「ウェザーボール」も加入。晴れパのアタッカーとしての道が開けた。

攻撃技以外にも相手の特攻を2段階下げる「かいでんぱ」、対象の使うわざのタイプをでんきタイプに変える「そうでん」等、個性的な補助技を覚える。また「へびにらみ」も覚えられ、第7世代で弱体化した「でんじは」の代わりに使える。
ただしサポートに徹する場合「ぼうぎょ」の低さやギリギリ110に届かない「すばやさ」が気がかり。

番外作品

ポケモン不思議のダンジョン

ポケモン超不思議のダンジョンの「ニョロボンリバー」にて登場。
物語の関係上ここから難易度が跳ねあがるのだが、それを象徴するかのように1ターン溜める代わりに部屋全体+タイプ一致+急所に当たりやすい+タメ技ゆえの超高火力と超強化された「かまいたち」を同じ部屋に入った主人公たちに問答無用でぶっ放してくる難敵である。1発食らうだけで体力の9割は吹っ飛ぶので運が悪いと一撃で倒されてしまう(+急所率も高い)。
おまけにレベル技がORAS仕様のためレベル1の時点で高火力技を習得しており、特に「かみなり」は超危険。周囲吸収技である「パラボラチャージ」も搭載しているのでさっさと潰さないと冗談抜きで詰む。序盤で最強クラスの技ばかり放ってくる今作はいろいろおかしい。
幸い耐久力は大したことないので枝を活用して隣接し、レンケイで一気に叩けば被害は最小限に抑えられる。なんにせよ、今作が今までより難易度が高いことを身をもって教えてくれるポケモンとなったことは間違いない。

ポケモンマスターズ

シトロンのバディで登場。でんきタイプの☆5テクニカル。

  • 相手全体のすばやさを下げる「エレキネット」と相手1体の命中率を下げる「どろかけ」で相手の能力を下げることに特化している。
  • パッシブスキル「必中化」を標準装備しているので、確実に相手の能力を下げられる。
  • 全体技の「パラボラチャージ」は威力こそ低いが与えたダメージに応じてHPを回復する効果があり、バディストーンボードで獲得できる「HP回復技回復量増加1」でより多く回復することが可能。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

シトロンのエレザード

電気ばちばち


シトロンが製作したシトロイドが彼の代わりに手持ちとして使用。63話でもブラックシトロイドが出したレアコイル対決するのにも使われた。ご主人様認識モードによるバトルではじならしを新たに使っていたが、サトシとの公式ジム戦ではフラッシュでんじはを追加している。
……ドラゴンテール、じならし、パラボラチャージ、フラッシュ、でんじは

その他

XY20話(イメージ)・30話・60話・73話・78話・105話・138話
SM7話(図鑑画面)
劇場版破壊の繭とディアンシー
ちなみに:現実世界でいうエリザベスカラーは、ポケモン世界では「エレザードカラー」とよばれており、サン&ムーンではポケモンセンターで治療を受けたニャビーが装着している。

関連イラスト

エレザードちゃん
エレザード


エレザードかわいい
エレザード



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンXY
ポケモン一覧 でんきタイプ ノーマルタイプ

0694.エリキテル0695.エレザード→0696.チゴラス

ポリゴンZ:ロマン砲つながり

たいようのいし繋がり

クサイハナ/キレイハナ
ヒマナッツ/キマワリ
モンメン/エルフーン
チュリネ/ドレディアorヒスイドレディア

トカゲ仲間

ヒトカゲ/リザード/リザードン
キモリ/ジュプトル/ジュカイン/メガジュカイン
メッソン/ジメレオン/インテレオン
キョダイマックスインテレオン
カクレオン ヤトウモリ/エンニュート 
モトトカゲ

太陽関連

キマワリ エーフィ ソルロック
メラルバ/ウルガモス
ルガルガン(まひるのすがた)
ソルガレオ ネクロズマ(たそがれのたてがみ)
チヲハウハネ テツノドクガ

関連記事

親記事

エリキテル えりきてる

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 636025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました