ピクシブ百科事典

ジュプトル

じゅぷとる

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.253
英語名Grovyle
ぶんるいもりトカゲポケモン
タイプくさ
たかさ0.9m
おもさ21.6kg
とくせいしんりょく


他言語版の名称

英語 Grovyle
イタリア語Grovyle
スペイン語Grovyle
フランス語Massko
ドイツ語 Reptain
韓国語  나무돌이
中国語 森林蜥蜴


進化

キモリジュプトルジュカイン

【ポケモン】キモリシリーズ


概要

キモリが進化した姿、いかにも素早そうなデザイン。
最終進化系のジュカインよりかっこいいのではという声もある。
得意技は「リーフブレード」。

名前の由来は「樹木」(じゅもく)+「ラプトル」(恐竜の名前に多く存在)で、おそらくミクロラプトルあたりをモチーフにしていると思われるが、ミクロラプトルは脚にも翼がついているので、こいつ程ではないがどちらかというと始祖鳥に近い。
デザインが比較的近いのはエピデクシプテリクスがあるが、2008年に発見された恐竜である。
余談だが、ラプトル(raptor)とはラテン語で泥棒という意味。ポケダンでの役回りはそれに由来しているのかもしれない。

『ルビー・サファイア』では110番道路のライバル戦がトラウマという人が少なくないが、特にミズゴロウを選んだときにライバルがジュプトルを繰り出してくるという意味で悪い意味で印象に残りやすい。

ただし悪い面ばかりではなく、二段階目は影が薄いことが多いポケモンにあって、ポケダンで大活躍したという意味でも印象的なポケモンかもしれない。
とくにジュプトルがヨノワールを道連れに未来へ帰るシーンで泣いたりした人は多いはず。
しかし主人公の親友であるはずなのに主人公がポケモンになっていたことにまったく気が付かなかったのはなぜだろうか?
あまり主人公と面識はないであろうデレビィでさえ薄々気が付いていたのだが……。
ちなみにポケダン第1作では色が何故か本家と異なり、灰緑のカラーリングとなっている。さすがに次回作からは本家と同じカラーリングになったが。(何故か進化前進化後は本家と同じカラーリングだった。)

マゴイチのベストリンクだが、流石のジュプトルもポケナガではマゴイチの初期パートナーであるマスキッパの影に隠れてしまっている(気がする)。

関連イラスト

片想い。
必ず 星の停止を・・・・歴史を変えてね


ディアルガ戦
食物連鎖。



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモン
ジュプセレ

他のホウエン御三家1進化 
ほのおタイプ / ワカシャモ
みずタイプ / ヌマクロー

他のくさタイプ御三家1進化
カントー / フシギソウ
ジョウト / ベイリーフ
シンオウ / ハヤシガメ
イッシュ / ジャノビー
カロス / ハリボーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュプトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1239958

コメント