ピクシブ百科事典

ショータ(トレーナー)

しょーた

ショータとはアニメ『ポケットモンスター XY』の登場人物。
目次[非表示]

経験値いただきました!

概要

CV:大谷育江(ピカチュウとの兼役の為EDではノンクレジット)

カロス地方におけるサトシのライバルの一人。
ホウエン地方出身の新人トレーナーで、生まれた土地ではなくカロスを巡り旅をしている(シンジも故郷のシンオウよりカントーやジョウトを先に旅していたなど、さほど珍しいことではない様子)。
オダマキ博士より貰った相棒はキモリ。夢はキモリをジュカインまで育て上げメガシンカさせる事。

甘いものが好きで、セレナの作ったケーキを絶賛している。

性格

口癖は「経験値いただきました!」。
マーシュとのジム戦においてドラゴンタイプの技がフェアリータイプには効果が無い事を知らなかった等、経験は浅いものの、ポケモンバトルで学んだことはしっかりメモとして残すようにして自身のレベルアップに繋いでいる。
ツワブキ・ダイゴのサイン入りの写真をはさみ、ダイゴからのアドバイスも記され、自分の経験の全てを記した手帳は彼にとって唯一無二の宝物である。

全ての経験を次に活かすために記録し、真面目な性格である彼はまさにトレーナーの鑑でもあり、またサトシと出会い、彼の柔軟な発想に驚き、サトシを目標として歩んでいく。

活躍

本編に登場する前から第3期OPで顔出し。第64話で本編に初登場し、ミアレジムに戻っていたシトロンにジム戦を挑むも敗北。
その後第73話でサトシと出会い、本格的に本編に絡んでいく。

登場時点でバッジはまだ1個で、サトシとの再バトル後はヒヨクシティへ向かったあと暫く登場しなかったが、XY&Z編第1話で再登場。真面目で努力家な性格もあってメキメキと実力をつけ、フクジビオラやアニメオリジナルジム2か所に挑んで勝利し、その時点でバッジ5個を獲得していた。

XY&Z編13話でのサトシとのバトルでは、ジュプトルジュカインに進化させており、サトシのゲッコウガのバトルスタイルを分析しつくして遠距離からの攻撃で追い詰めるが、発現したサトシゲッコウガの前に敗れ、サトシにその変化についてかなり聞いていた。

XY&Z編26話ではサトシより一足早くバッジを8個集めたことが判明。残り3つはマーシュゴジカ、そしてウルップだった。
サトシとのバトルでは、サトシがショータに追い越されていたことへの焦りもあって本領を発揮することが出来ず、ついにショータは勝利する。

XY&Z編27話ではサトシのエイセツジム戦に同行。しかし不調が続きエイセツジムでのウルップとのバトルに惨敗し意気消沈のサトシに対して、サトシが必ず自分を取り戻してカロスリーグに来ることを信じ、自身はカロスリーグに向けて調整に入った。

カロスリーグへ向けて調整していた時期にキーストーンとメガストーンを入手したようで、リーグ準々決勝のティエルノ戦でお披露目し、見事準決勝へと進出。準決勝でサトシと対戦し、激戦の末に敗北した。キーストーンはメモ帳のブックマーカーにつけている。

そしてXY&Z編45話にて、キーストーンをくれたダイゴに恩返しする為、彼の調査の手伝いをする事に決めたらしく、サトシと再戦の約束をしてから旅立っていった。

その後、47話ではダイゴと共にフラダリラボ跡地の調査をしている様子が見られている。

手持ちポケモン

ショータが最初にオダマキ研究所で手に入れたポケモンで、エースポケモン。
サトシとの再戦においてジュプトルに進化するが、ゲコガシラとのバトルではスピード勝負に遅れを取り「みずのはどう」で倒された。
XY&Z編13話にてジュカインまで最終進化しており3本勝負の3体目で登場、サトシのゲッコウガとバトルし、一時はゲッコウガを追い詰めるが、途中で発動したサトシゲッコウガのパワーに圧倒され、敗北した。
Z編26話にて、13話同様に3本勝負の3体目で登場。ゲッコウガと再戦、これまでの努力と研究の集大成と言わんばかりにゲッコウガと渡り合い、ついにゲッコウガに勝利した。
Z編33話のカロスリーグ準々決勝・ティエルノ戦でショータの3体目として登場しティエルノのカメックスと対戦、カメックスの「れいとうビーム」を「リーフストーム」で防ぎ、「リーフブレード」と「ハードプラント」で勝利する。続くライチュウ戦ではメガシンカを披露、特性が「ひらいしん」となったことでライチュウが放った必中「かみなり」をものともせず、「ドラゴンクロー」でライチュウに勝利した。メガストーンは首に巻いたスカーフの留め具として身につけている。
準決勝では最後の一体として登場し、ピカチュウ、ゲッコウガと対戦する。ピカチュウ戦では「リーフストーム」で距離を取ろうとするが「10まんボルト」で防がれ、「アイアンテール」で接近してきたところを「リーフブレード」で迎撃し、「ハードプランド」でピカチュウに勝利した。
続くゲッコウガ戦では両者一歩も譲らず技の応酬が続く中、メガジュカインとサトシゲッコウガとなって更に激しい応酬を繰り広げ、最後は巨大「みずしゅりけん」を受けて敗北した。
習得している技は「リーフブレード」・「リーフストーム」・「ハードプラント」・「ドラゴンクロー」。
キモリ・ジュプトル時点では「タネマシンガン」・「やどりぎのタネ」、XY&Z編13話では「りゅうのはどう」なども使用していた。
またキモリの頃は「はっぱカッター」も習得していたらしいが、本来原作ゲームでは、キモリは「はっぱカッター」を覚えられないため真偽は不明。

XY73話で初登場。
タツベイらしく頭をしっかり鍛えているのか、ルチャブルの「からてチョップ」を弾き返してしまう硬度を誇る。
サトシとの戦いでは決着がつかず、マーシュとのジム戦では相性もあって敗北する。
サトシとの再戦ではピカチュウと相対するが、「アイアンテール」で叩き割られ敗れる。
XY&Z編13話ではコモルーに進化しており、3本勝負の1本目でサトシのルチャブルと対戦するが、「フライングプレス」を受けて敗北した。
その後カロスリーグ準決勝で最終進化して4体目として登場、オンバーンと空中戦を繰り広げる。
やきつくす」でオンバーンの位置を誘導し「ドラゴンテール」を食らわせたり、煙で位置が把握できない時は「まもる」を使ったりと互いに一歩も譲らず、最後は「ドラゴンダイブ」と「アクロバット」のぶつかり合いの末、両者引き分けとなった。
カロスリーグ準決勝時点での技は「ドラゴンダイブ」・「やきつくす」・「ドラゴンテール」・「まもる」。
タツベイ時点では「ずつき」・「りゅうのいぶき」・「ほのおのキバ」・「ドラゴンクロー」なども使用していた。

自身が愛用するメモ帳を探す為に繰り出されたポケモン。初対面の相手の顔をなめる癖がある。性別はオス。
サトシとの再戦では2番手に繰り出されるものの、ショータが動揺して指示を出せなかったため、ルチャブルに秒殺された。
Z編33話のカロスリーグ準々決勝・ティエルノ戦でショータの2体目として再登場。「メロメロ」と「エナジーボール」を覚えていることがわかり、「メロメロ」でティエルノの2体目ライチュウを無力化するも、3体目のカメックスには「ハイドロカノン」で敗れてしまった。
カロスリーグ準決勝では5体目として登場、ヌメルゴンと対戦する。データのない相手でも怯まずに戦い、「かえんほうしゃ」や「コットンガード」を使って攻撃を防ぎ、効果抜群の「マジカルシャイン」や「ようせいのかぜ」、そして自身の高い嗅覚能力を使った位置の把握などでヌメルゴンに食らいつく。最後は「かえんほうしゃ」で押し切ろうとするが「がまん」で限界まで堪え切られ、放たれた「がまん」への迎撃に「ようせいのかぜ」を放ち、両者引き分けとなった。
カロスリーグ準決勝時点での技は「かえんほうしゃ」・「マジカルシャイン」・「ようせいのかぜ」・「コットンガード」。
準々決勝では「メロメロ」・「エナジーボール」なども使っていた。
なお、XY75話では「エレキボール」を使用していたが、キモリの「はっぱカッター」と同様にペロリーム系統は原作ゲームでは本来「エレキボール」を習得できない。しかしアニポケにおいて、ゲームでは覚えない技を覚えているポケモンが登場するのは珍しいことではない。(ぶっちゃけると初代ゲームでもそういうことはあった)。

XY&Z編13話で登場した新しいポケモン。3本勝負の2番手で登場し、「れんぞくぎり」でピカチュウの「アイアンテール」と渡り合うが、「10まんボルト」を受け敗北する。
Z編26話ではニダンギルに進化して登場。お互い進化後ということでオンバーンとバトル。「てっぺき」で防御に徹することでオンバーンの体力消耗を狙い、隙を見逃さず「きりさく」と「つじぎり」で追い詰めるも、反撃の「ドラゴンクロー」と「アクロバット」を受け、敢え無く敗北した。
Z編33話ではカロスリーグ準々決勝・ティエルノ戦でショータの1体目として登場。ギルガルドまでに最終進化しており、「つるぎのまい」や「キングシールド」を巧みに使いこなして、「せいなるつるぎ」でティエルノのルンパッパに勝利する。しかしティエルノの2体目ライチュウの「あなをほる」を受けて敗北する。
カロスリーグ準決勝では3体目として登場し、ピカチュウと対戦。「せいなるつるぎ」でフィールドの森を切り開いて視界を広くすると同時に、切り倒された木によってピカチュウの動きを鈍らせることに成功し「キングシールド」の追加効果もあって一時優位に立つが、「キングシールド」使用時の動きをサトシに見切られ、切り倒した木の破片を「アイアンテール」で空中に打ち上げて足場と防御に使われたことで徐々に押され始め、更には切り裂いた木片を「キングシールド」封じに使われてしまい「10まんボルト」で敗北した。
カロスリーグ準決勝時点での技は「キングシールド」・「つるぎのまい」・「せいなるつるぎ」・「れんぞくぎり」。

Z編26話で登場した新しいポケモン。特性は「メガランチャー」。3本勝負の2番手で登場、オンバーンと対戦し、「クラブハンマー」で先手を取るも反撃を受け「いやしのはどう」を使い体力を回復、その後効果抜群の「りゅうのはどう」で勝利する。
サトシの2番手ルチャブルとも対戦し「れいとうビーム」で勝利するも、3体目のゲッコウガには負けてしまった。
その後カロスリーグ準決勝で2体目として登場し、ファイアローと対戦。サトシのバトルスタイルを参考に「アクアジェット」で機動力を補うことでファイアローに食らいつき、「アクアジェット」で勝利した。
続く3体目のピカチュウ戦でも「アクアジェット」で機動力をあげつつ、「れいとうビーム」や「りゅうのはどう」で応戦、「アイアンテール」をハサミで受け止めることでピカチュウの動きを封じたまま「みずのはどう」を当てようとするも、挟んでいた尻尾から繰り出された「エレキボール」が直撃したことでピカチュウの拘束を解いてしまい、追撃の「10まんボルト」で敗北した。
カロスリーグ準決勝時点での技は「りゅうのはどう」・「れいとうビーム」・「アクアジェット」・「みずのはどう」。

カロスリーグのサトシ戦にて、先鋒で登場したポケモン。サトシの先鋒であるルチャブルの攻撃を「なまける」を駆使して耐え続けた後に「カウンター」で戦闘不能にした。続いて登場したファイアロー戦でも受けたダメージを「なまける」で回復するが、ルチャブル戦で蓄積されたダメージを完全に消すことはできず、「アームハンマー」発動時に態勢を崩し、「ニトロチャージ」・「ブレイブバード」の連続攻撃で敗北した。
カロスリーグ準決勝時点での技は「なまける」・「カウンター」・「アームハンマー」。

余談

CVがピカチュウでおなじみの大谷育江である為か、彼が会話するたびにネット上での実況では「ピカチュウが擬人化した」と言う声や某探偵アニメの登場人物の名前がよく流れる。

急成長型ライバル

今まで登場した多くのサトシのライバルと違うのは、サトシ追いかけるライバルとなっている事。つまりサトシにとって初の明確に位置付けられた後輩型ライバルなのである(エレブーズファン前作の例のあの人も一応経歴的には後輩なのだが後輩ではなくサトシと対等の友人・ライバルとして扱われている)。
サトシとのポケモンバトルにおいても、彼の「相性をものとしない戦術」を積極的に自分の知識として吸収しようとするなど、他のトレーナーの戦術を吸収しようとしなかった前作の新人ライバルとはどこか好対照なイメージが見える。

これにより今まで常に「チャレンジャー」であったサトシは初めて「追い越されていく恐怖」を感じることになり、サトシゲッコウガの試練を通じて、自身のバトルへの思いを見つめなおすこととなった。

関連タグ

XY(アニポケ) サトシ(アニポケ)
ホウエン地方 オダマキ博士 ツワブキ・ダイゴ
サトシのライバル

pixivに投稿された作品 pixivで「ショータ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 512157

コメント