ピクシブ百科事典

ウデッポウ

うでっぽう

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。初登場は「X・Y」。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.692
ぶんるいみずでっぽうポケモン
タイプみず
たかさ0.5m
おもさ8.3kg
とくせいメガランチャー


他言語版の名称

英語 Clauncher
イタリア語Clauncher
スペイン語Clauncher
フランス語Flingouste
ドイツ語 Scampisto


進化

ウデッポウブロスター

概要

ポケモンXYで新登場するみずタイプのポケモン。片腕の鋏が大きく水色のロブスターのような容姿。
このハサミは単純に武器になる他に水を圧縮し水鉄砲を打つことが出来る。その威力は、至近距離なら岩をも砕くほどだという。ちなみに体内のガスを爆発させて撃っているとの事。よく自爆しないものだ。また、みずでっぽうは攻撃だけでなく、泳ぎの下手さをカバーする為の推進力としても活用している。
みずタイプとしては珍しく口以外の噴出口がある。地味に甲殻類系みずタイプで初めての青いポケモン。
公式絵は半目で目つきが悪く、水色のフシデに見えなくもない。しかし愛想の悪い性格ではなく、ポケパルレでは笑顔を見せてくれるだろう。

モチーフは、名前と容姿から察するにテッポウエビと思われる。この生き物は片方の大きなハサミを勢いよく閉じることでパチンと音を鳴らし、獲物を気絶させたり相手を威嚇したりする。これがテッポウエビという名前の由来なのだが、一方ウデッポウは片方のハサミが本当に水鉄砲になっている。
元ネタは音波というかプラズマを発生させるのだが、音波系の技はりんしょうぐらいしか覚えないし、プラズマを連想させるほのおタイプでんきタイプの技の類を一切覚えない。
みずでっぽうは無論覚えるが、ハイドロポンプは何故か覚えない。(みずでっぽうを覚えずにドロポンを覚えないポケモンはいただろうが、流石にみずでっぽうを使えるのにドロポンを使えないみずタイプポケモンとは如何なものだろうか。)

その設定通り特攻寄りの能力を持つが、つるぎのまいクラブハンマーも覚えられる。クラブハンマーを使えるポケモンは少なく、クラブキングラーヘイガニシザリガーに続き5匹目ということになる(ドーブルを除く)。

なお、カロスは『X』で、ホウエンは『アルファサファイア』でそれぞれ出現する。『Y』と『オメガルビー』では代わりにクズモーが出現する。
どちらも独特の外見をした水ポケモンであり、どちらを好むかは人によるだろう。

色違いは赤色
「茹で上がってる」「おいしそう」などと言われている。と思っていたらUSの図鑑解説ではハサミはもげやすく、中身は美味しいという設定が明かされた。ガラル地方では珍味として人気があるのだとか。

関連イラスト

うでっぽぅ



関連タグ

ポケモン ポケモンXY
みずタイプ
クラブ(ポケモン) ヘイガニ
クズモー

関連記事

親記事

みずタイプ みずたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウデッポウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215154

コメント