ピクシブ百科事典

イシヘンジン

いしへんじん

イシヘンジンとは、ポケモン剣盾に登場するポケモンの一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.874
分類きょせきポケモン
タイプいわ
特性パワースポット
高さ2.5m
重さ520.0kg


概要

ポケモン剣盾』で初登場したポケモン。『ソード』版のみで登場する。コオリッポとは対の関係にある。

イギリスの観光地として名高いストーンヘンジをモデルにしており、太く逞ましい脚から放たれる蹴り技が得意技。大草原で陽の傾きを眺めて暮らしたり、一年周期で仲間と決まった形の円陣を組んだりするなどその生態には謎が多い。
上記のような特徴はストーンヘンジに纏わる数々の伝承を元にしており、巨人のような外見はマーリンが巨人に命じてストーンヘンジを作らせたという説、太陽を眺めて暮らすという生態はストーンヘンジが天文台として作られたという説を元にしているものと思われる。

名前の由来はズバリ「石+変人+ストーンヘンジ」と思われる。
なお石の変人といってもこの人のことではない。

無機物で構成されたような見た目だが性別の区別が存在する。やはり謎が多い。

10番道路またはげきりんの湖の草むら(日照りか砂嵐時限定)に低確率で出現する。マックスレイドバトルでも出現する場合があるが、太い光(レア)限定なのでこちらで狙うのもやや困難。
ストーンヘンジと思わしき建造物はゲーム中ではターフタウンにあるが、残念ながらその周囲には出現しない。

だが、20年3月27日より、TSUTAYA、GEO、ジョーシンゲーム販売店で限定配布される『ポケモンあつめよう』『ダイクリスタル』コードで出現する(シールド限定)。


性能面

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
100120135202070470

攻撃と防御の値がよく伸びる。鈍重そうな見た目に反して、素早さは意外にも70あるのが特徴。
ロックカット」を積んでドラパルトもおっかなびっくりな速さを実現することもできる。
図鑑説明とは異なりキック技の類はあまり覚えず、「ヘビーボンバー」や「ヒートスタンプ」などむしろ重さに物を言わせて押しつぶす事に特化している印象を受ける。重さも相当ある事から自分より軽いポケモンに対してこれらの技をメインウェポンに戦っていくといいだろう。
タイプも相まって「けたぐり」に弱いが、ダイマックスすれば無効化できる上、通常時でもその程度の技ではびくともしない物理耐久も魅力的。

しかし、特殊方面がとにかく絶望的
特攻はいいとして特防20というのはコイキングデオキシスAと同じであり、潤沢なHPを以てしても特殊耐久がパルシェンに僅差で負けると書けば如何に特殊に脆弱かおわかりいただけるだろう。
実戦で出す場合無振りだとガラルサニーゴ(とくこう85)の「ねっとう」(不一致威力80)でも体力の8割が吹き飛ぶ
流石にニャビー(とくこう60)のひのこ(一致40)で4倍弱点ゆえオーバーキルで致命傷を負うカミツルギよりはまだマシな方とはいえ、ここまで来ると「とつげきチョッキ」で誤魔化すこともかなり厳しい。
役割破壊すら致命傷を負いかねないので、出す相手は大事と言える。「くさむすび」なんて放たれた日には御愁傷様です。
特防に全部振り切ってしまうという手が使えなくはないが、それなりにあるすばやさか物理攻撃力のどちらかを犠牲にすることになる。
一応、わざマシンで「じばく」を覚える事もできる為、勝てないと踏んだら自爆で一矢報いるのも手だろう。

実は「ワンダールーム」を覚える為、防御と特防を入れ替えて特殊攻撃を耐えるなんて芸当もできる。今度は物理耐久が紙になってしまう上、とつげきチョッキとの併用はできないのだが……

ただ、正直なところ、対のコオリッポが強力なので影が薄い印象は拭えない。
特性がシングルバトルでは役に立たず、ダブル・レイド専用である事も評価を落としている。
更にその高い物理耐久もコオリッポなら一度だけ無効化出来ることから余計に影の薄さが際立っている。
それでも特性自体は強力なので、致命的な特防にさえ気を付ければ面白い動きができる可能性を秘めている。

主な使用トレーナー


関連タグ

ポケモン剣盾 いわタイプ ストーンヘンジ
コオリッポ

関連記事

親記事

いわタイプ いわたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イシヘンジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107448

コメント