ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

初出第1世代
タイプほのお
分類特殊
威力40
命中率100
PP25
範囲単体
直接攻撃×
効果10%の確率で相手をやけど状態にする。
英語名Ember

概要編集

初代から存在する、相手に向かって火の粉をまき散らす、ほのおタイプの基本技。


言葉通り殆どのほのおタイプが最初からあるいは低レベルで習得し炎御三家は全員が習得するが初代からあるという点と基本技という点からヒトカゲの代名詞として扱われる事が多い。


例外としてはポワルンタツベイ系統が覚える。つまりボーマンダも覚える。

ちなみにこれが第3世代で唯一ボーマンダが自力で習得できるほのお技だった


ほのお技らしく運がよければ10%の確率でやけどを狙える為序盤はこのやけどは敵味方関係なしに大きいが、威力そのものは低いのでかえんほうしゃの劣化版としか言えない。


初代赤緑でヒトカゲを選んだプレイヤーの中にはタケシのイシツブテやイワークに対し、とくしゅ(まだこの時はとくこう・とくぼうに分かれていない)が低いこともあって、効果はいまひとつながらひのこでゴリ押しした人もいるだろう。まだこの辺りではいわタイプに有利なポケモンが少なく、攻略本ではバタフリーの育成をすすめられている。

ただしリメイクのFRLGではタケシのイワークががんせきふうじを使ってくるのでごり押しは難しい。


ゲームでは言葉通り炎の粉が相手に当たる形となっている。ただ、弱体化版かえんほうしゃのような表現になる事も多く、意外と一致しない。アニメでは、口からショットガンのように小さな火の玉を吐き出す描写が多い(ゴウヒバニー系統だけは、この技の描写である)。特に未進化のたねポケモンがよく使用する。


因みにアニメでは見た目の分かりやすさから、ひのこよりかえんほうしゃの方が基本技のような扱いとなる事が多いが、セレナのフォッコやサトシのニャビーが使う事もある。また、ヒトカゲも使っていたが、リザードンになってからはかえんほうしゃにとって変った。

ちなみにサトシ一行炎御三家では、ヒノアラシ系統だけはヒカリの個体も含めて使った描写がない。


LEGENDSアルセウスにはふるいポエムと呼ばれるものが登場し、その中のイモモチに関する記述がされたものに言及がある。

ポケモンの炎技を料理に使うならひのこ程度の火加減が良いらしく、かえんほうしゃはやりすぎ、とのこと。


関連イラスト編集

アチャモポカブ

アニポケ36話見てホゲータ の ひのこ !


関連タグ編集

ポケモン ポケモン技絵

ほのおタイプ


ほのおのうず…同じ威力が低くても油断できない炎技。

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39768

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました