ピクシブ百科事典

けたぐり

けたぐり

ポケモンの技の一つ。現実には相撲の技。
目次[非表示]

データ

初出第1世代
威力50(~第2世代)→後述(第3世代~)
命中率90(~第2世代)→100(第3世代~)
タイプかくとう
ぶんるい物理
PP20
範囲相手一体
直接攻撃
効果30%の確率で相手をひるませる(~第2世代)
英語名Low Kick


相手の体重によるダメージの推移

9.9kg以下・・・20
10.0~24.9kg・・・40
25.0~49.9kg・・・60
50.0~99.9kg・・・80
100.0~199.9kg・・・100
200.0kg以上・・・120

概要

初代から存在する技の一つ。
相手の足を強く蹴って転ばせ、ダメージを与える技。
一応後述の「蹴手繰り」がモチーフなのでかくとう技である。
第4世代以降はマイナーチェンジ版の教え技という立場になっている。
相撲の技モチーフのはずなのだが、ハリテヤマ自力で覚えない上に253.8kgもある奴が受ける威力は最大の120である。

第2世代までと第3世代以降ではまったくの別技と化していると言う珍しい技。
技の仕様の変化が激しい技は他にいかりがあるものの、威力毎変化しているのは後にも先にもこの技しかない。

第2世代までは威力が50の平凡なかくとう技であり、しかも習得者がカイリキー系統・オコリザル系統(ピカチュウ版以降)・ウソッキーしかいないと言う非常に地味な技だった。

第3世代からは大幅に仕様を変え、相手の体重によって威力が変動する技となった。
それでも当初はイマイチ奮わず、第4世代においても初期の頃はメジャーでは無かったが、HGSSにて教え技として登場、同時期の公式大会GSルールにて高い使用率を誇っていたディアルガ、バンギラス、カビゴン等に刺さる格闘技として注目され、以降は通常対戦においても評価されるようになった。

なお、上記の通り段階毎に威力が変化する仕様なので、計算式を覚える必要は無い。
但し相手の体重を覚えておく必要はある。
第4世代から存在するくさむすびはこの仕様のくさ特殊版と言える。

相手依存の技になる為、単純に考えると使いにくい技と感じるかもしれない。
しかし格闘タイプが弱点を突ける岩・鋼・氷タイプは比較的重量級のポケモンが多いので意外と刺さる相手は多い。
特に格闘4倍のバンギラスボスゴドラが喰らったものならダメージ計算ツールでオーバーキル余裕の倍以上の数字が出る
但し弱点を突ける相手は物理耐久に優れたポケモンも少なくない為、過信は禁物である。
マニューラのけたぐりで無振りカビゴンが落ちないのはよくある話。

第6世代からは威力が0.1kg単位で調整された。
ちなみにジャスト100kgのコイツも威力100で喰らう。

海外ではこの技はLow Kickと呼ばれており、日本では別途に第五世代でローキックという技が登場しているため、日本と海外とでは「ローキック(Low Kick)」という技に齟齬が生じてしまっている。
日本でいうローキックは、海外ではLow Sweepと呼ばれている。

大相撲における蹴手繰り

立合いの際に相手の足を蹴り、相手を倒す技。土俵上の攻防の中で相手の足を蹴り、相手を倒せば蹴返しとなる。

元関脇の海乃山や藤ノ川、元小結の二子岳、元幕内の出羽湊が非常に得意とし、近年では時天空がたまに決めるときがある。

元来横綱など、上位と対戦する小兵力士が奇襲として利用する技というイメージが強く、1941年5月場所8日目、櫻錦(171cm)が双葉山に 対して決めたものや、1964年7月場所4日目、海乃山(172cm)が大鵬に対して決め、大鵬を休場に追い込んだ一番などが有名である(ちなみに櫻錦の一番の決まり手は、手で双葉山の首のあたりを叩いて落としたので『飛び違い』とも言われる)。しかし、吉葉山は大型の横綱だったがこの技をよく使った(ただし、この技で勝った十六番のうち、十三番は平幕時代であり、横綱昇進後は一番のみである)。

2006年11月場所8日目において、横綱朝青龍が小結稀勢の里に対してこの技で勝ったが、立合いの際の奇襲は横綱には相応しくないとして、横綱審議委員会から苦言を呈された。ちなみに朝青龍は、2007年7月場所9日目の雅山戦において再びこの技を仕掛けたが、失敗に終わった。勝負は朝青龍が寄り切りで勝った。

関連イラスト

You are challenged by...!!!


(画像右)

関連タグ

くさむすび ローキック(ポケモン)
蹴返し

pixivに投稿された作品 pixivで「けたぐり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18957

コメント