ピクシブ百科事典

とびげり

とびげり

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するわざの一種。外れたら反動を喰らうかくとうタイプの蹴り技。
目次[非表示]

この項目はゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場する技についての項目です。それ以外での使用については飛び蹴りを参照。

データ

初出第1世代
いりょく70(~第3世代)→85(第4世代)→100(第5世代~)
めいちゅう95
PP25(~第4世代)→10(第5世代)
タイプかくとう
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
効果技を外した場合反動を受ける
反動ダメージ本来与えるダメージの1/8(~第3世代)
本来与えるダメージの1/2(第4世代)
自身の最大HPの1/2(第5世代~)
英語名Jump Kick


概要

初代からある技。
かくとうタイプの技の中では威力は高い方ではあるが、技に失敗すると勢い余って地面にぶつかりダメージを受けると言うハイリスク・ハイリターンな技。

初代では「とびひざげり」・「まわしげり」同様、サワムラーの専用技であった。
なお、当時サワムラーだけでかくとう技3種類を独占していた為、多くのかくとうタイプがけたぐりじごくぐるまで我慢しなければならない事態だった。
なお、とびげりの専用技としての立場は、第4世代でミミロップ系統が習得するまで続いた。

ちなみにとびひざげり効果は同じ。故にとびげりはとびひざげりの下位互換…と言いたいところだが、両立できるのがサワムラーコジョンド系統しかいないので下位互換とは言えなかったりする

実はとびひざげりを覚えず、とびげりのみを覚える種族も多い。
前述のミミロップに加え、オドシシメブキジカ系列がそれに当たる。
(ミミロップはORASでとびひざげりを習得可能のようである。)
主に身軽さが売りの四足動物が覚えるようだ。

第4世代では威力が85に上がった代わりに反動の方も1/8から1/2に強化された
前述通りミミロップ系統が習得して専用技で無くなったのもこの頃である。

第5世代では使用ポケモンの最大HPの半分となり、反動で落ちる事が少なくなった。
合わせて威力も100まで上がったが、何故かPPがとびひざげりと同じ10まで落とされてしまった。

第7世代では新ポケモンでありUBのフェローチェが、そして過去ポケモンからはドードリオが習得可能となり、特にドードリオはこの技の習得により大きくアドバンテージを得たと言えるだろう。

ここまで技に関する説明をしてきたが、難点はやはり命中95とかくとう技、そして見逃せないレベルの反動だろう。
外してしまった時の反動は「1発で落ちないレベル」とは言え無視できたものではなく、まもるゴーストタイプへの交代で透かされてしまっては目も当てられない。
とびひざげりよりは命中が高いが、5%で外す可能性はありえなく無い。

その為、無計画に扱わず、状況を読んで技を使う事も重要になるだろう。

関連タグ

ポケモン技絵 かくとうタイプ キックの鬼 サワムラー とびひざげり

pixivに投稿された作品 pixivで「とびげり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7102

コメント