ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第2世代
タイプノーマル
PP10
範囲自分
効果1ターンの間、全ての技を受けない。連続で出すと失敗しやすい。優先度+4


概要

第2世代から存在する技。
第2世代以降、わざマシン17の常連となっている。

技を使ったターン、いかなる技も受けなくなる。。
但し「ほえる」等の強制交代技、「フェイント」等の一部の攻撃技のように、無効化できない技もいくつか存在する。
また、Zワザに対してこれを使った場合は守り切れず、本来の4分の1のダメージを受ける。
連続で使用した場合、その都度成功率が半分(第6世代以降は3分の1)になっていくと言う特徴がある。
5連続くらい「まもる」出来た人は相当の運の持ち主。

シングルでは、主にスリップダメージやあくびの為のターン稼ぎとして採用される。
かえんだまを持たせて特性こんじょう等を発動させたり、かそくを発動させたりする為に採用することも多い。
また、1ターン「まもる」事で相手のわざを見て、その後の対応策を考える為に使う事も出来る。
その為「自身の身を守る」と言うよりは「戦法の一環」としての採用が主となる。

ダブルバトル以上では、まもるを使ったポケモンの他にも行動できるポケモンがいる為、その使い勝手は大きく変化する。
「まもる」で相手の攻撃を防ぐ、という事は「相手の行動を無効化する」に等しい。
これにより相手の思惑を崩し、自分に有利な局面を作り出す事が可能となる。
その為、ダブル以上では特に理由が無い限り採用が基本と言う程の重要な技となっている。

但し「まもる」がそれ程の重要な技と言う事は相手のポケモンにも採用されているという事でもある。
相手のどのポケモンが「まもる」を使ってくるかを読む力も重要になるだろう。

そして前述の通り「連続で使うと成功率が落ちる」為、無計画に使うと肝心な時に守れなくなったり、相手に積みの起点にされてしまう事もある。
相手の行動をしっかりと読んで、上手に立ち回りたいところである。

読みも関係なしに2回目のまもるをしにいく(通称2連守る)のは現実的ではない為、あくまで最終手段として控えること(最も初代からそういう場面では命中率や追加効果に賭けてきたことを考えると今更な話でもあるが)。

前述の通り用途が広く、習得できない理由をつけにくい為、わざマシンを使えるポケモンであればレジギガスを除いて全員が習得できる。
なお、何気にレベルアップで「まもる」を覚えるミノムッチコフーライにもわざマシンが使える。旨みは何も無いかもしれないが。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧 
ノーマルタイプ
みがわり こらえる ふういん 
他まもる系のわざ
みきり ファストガード ワイドガード マジックコート 
ニードルガード…元ブリガロン使用 
たたみがえし…元ゲッコウガ使用 
キングシールドギルガルド専用 
トリックガード…元クレッフィ使用 
トーチカドヒドイデ専用

pixivに投稿された作品 pixivで「まもる(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7539

コメント