ピクシブ百科事典

ファストガード

ふぁすとがーど

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する技の一種。
目次[非表示]

データ

初出第5世代
タイプかくとう
分類変化
威力-
命中率-
PP15
範囲味方の場
直接攻撃×
効果使用したターン、相手の先制技を全て無効化する。優先度+3。連続で出すと失敗しやすい(第5世代)


概要

第5世代から存在する技。
1ターンの間、味方全体をあらゆる先制技から守る技である。
かくとうタイプの技でも数少ない変化技。

上記の通り、防御の対象になるのは優先度が+1以上の技のみ。
シングルバトルでは効果も優先度もまもるみきりの下位互換になってしまう為、使われる事はまずない。
(唯一まもるを習得できないレジギガスはファストガードを覚えない為代用として使われる事もない)

その為、この技の本領はダブルバトル以上となる。
しかし、先制攻撃は殆どが優先度+1や+2である為、同じ優先度+3であるこのゆびとまれいかりのこなで対象を引っ張った方が効率がいい為、やはり使われる事は稀だった。
唯一ねこだましのみが同じ優先度+3なのでこれだけは素早さ勝負になる。その為使ったとしても完全に信頼できるかと言えばそうでも無いのが実情である。しかも連続使用は成功率を下げる。どうしようもなかった。

第6世代からは連続で使っても失敗しなくなった。
また、わざが実際に繰り出されるときの優先度で効果が発動するようになったので、第5世代では防ぐ事ができなかったいたずらごころや、同様に優先度を変化させるはやてのつばさによって優先度が上がったわざも防ぐ事が出来るようになり、需要が上がった。
さらに、このゆびとまれやいかりのこなの優先度が+2に下げられた=ねこだましを防げなくなったのも差別化という意味では大きい。

関連項目

ポケモン技絵 ポケモン技一覧 かくとうタイプ
ワイドガード ニードルガード キングシールド トリックガード
まもる みきり こらえる たたみがえし コットンガード

コメント