ピクシブ百科事典

クレッフィ

くれっふぃ

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.707
ぶんるいかぎたばポケモン
タイプはがね / フェアリー
たかさ0.2m
おもさ3.0kg
とくせいいたずらごころ / マジシャン(隠れ特性)


概要

ポケモンXYで初登場した、第6世代における数少ないはがねタイプの一匹(他にはヒトツキ系統のみ)。
キーホルダーを合わせたような姿をしたポケモンで、タイプを見るに妖精の一種らしい。

鍵穴のような形状の口に、ストラップのような胴体、頭部と角の間からリング状に繋げた細長い腕が生えているという、何ともユニークな体系をしている。

穏やかな性格だが、どういう訳か鍵を集めたがる習性を持ち、時には民家から盗んでしまう事もある。そして敵に襲われたときは、腕に通した幾つもの鍵をジャラジャラと打ち鳴らして威嚇する。
お気に入りの鍵は絶対手放さない性質を利用し、防犯のために金庫の鍵を持たせるトレーナーも存在するが、マスターキーじゃないと嫌だというこだわりがある模様。

主に鉄分を食すらしく、角を金属のすき間に突っ込んで金属イオンを吸う事も行っている。昔は鉱山に棲んでいたが、エサの鉱物が減ってきたので人里に現れるようになったという。

金のクレッフィ、銀のクレッフィ


色違いは銀色の全身が金色になり、ピンクの部分は水色へと変わる。

性能

タイプはクチートと同じはがねフェアリータイプ
やや尖り気味の能力を持つクチートと違い、良くも悪くも平均的な能力の持ち主。
しかし、両タイプの耐性が高い事もあり、耐久面は意外と優秀。

特性は凶悪特性の一つであるいたずらごころ
使用可能な変化技は、専用技「フェアリーロック」を始め、「リフレクター」「ひかりのかべ」「まきびし」「めいそう」「でんじは」などがある。

相性補完に優れるサポート役として対戦での使用率も高く、いたずらごころによるハメ戦法が猛威を振るう様は、BWエルフーンを彷彿させる。
タイプ一致では無いものの、イカサマも使用できるのでいばみが等が単純かつ最も強力。
隠れ特性はマフォクシー系統と同じ「マジシャン」だが、いたずらごころの方が強力なのでほとんど使われない。

対戦で威張り殺されたポケモンは数知れず、相手を強制的に運ゲーへ持ち込むいわゆる「害悪戦法」の使い手として名高い。しかも仕様上、ラムを持たせても後出しになると結局運ゲーになる。
そのため、「糞鍵」などと揶揄されることもあるが、必ずしも聞いていて快い表現ではないため、その点については配慮されたい。

第7世代ではいたずらごころの弱体化、まひ・こんらんの仕様変更によって害悪戦法は弱体化したが、弱体化・仕様変更の影響を全くを受けない「リフレクター」「ひかりのかべ」等を使うサポート要員としての優秀さは健在。

アニメでのクレッフィ

トライポカロンの案内役を務める男性ムッシュ・ピエールのパートナーとして登場。
CVはうえだゆうじが担当し、性別はオス(エルマフォクシー(メス)とダンスしていたので)。
普段はピエールが持つステッキの先端に収まっているが、大会ではプリンセスキーの贈呈役を担っている。

2014年夏公開のポケモン映画短編「ピカチュウ、これなんのカギ?」では主役ポケモンに抜擢された。
このクレッフィは空間に開いた不思議な鍵穴に鍵を差し込む事で様々な世界に行く事ができるが、鍵穴は一定時間が経つと消えて無くなってしまう。
クレッフィ自身の世界にはこれまで集めた鍵のコレクションが文字通り山積みになっていてちょっとでもバランスが崩れると…

今年の映画のクレッフィ


序盤では大好きな鍵を見つけて某梨の妖精を思わせるハイテンションを見せてくれた。

関連イラスト

Klefki
なかよしポケモンまとめ



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンXY はがねタイプ フェアリータイプ
 鍵穴 キーホルダー

関連記事

親記事

はがねタイプ はがねたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クレッフィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292684

コメント