ピクシブ百科事典

クレッフィ

くれっふぃ

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.707
ぶんるいかぎたばポケモン
タイプはがね / フェアリー
たかさ0.2m
おもさ3.0kg
とくせいいたずらごころ / マジシャン(隠れ特性)


概要

ポケモンXYで初登場したポケモン。
第6世代における数少ないはがねタイプの一匹(他にはギルガルドのみ)。
鍵を束にしたような見た目をしており、クレッフィ自体も鍵を集める習性がある。
敵に襲われたときはこの鍵を使って相手を威嚇する。
お気に入りの鍵は絶対手放さない性質を利用し、防犯のために金庫の鍵を持たせるトレーナーもいると言う。

2014年夏に公開のポケモン映画短編「ピカチュウ、これなんのカギ?」の主要ポケモンとなることが発表された。
劇中クレッフィは空間に開いた不思議な鍵穴に鍵を差し込む事で様々な世界に行く事ができる、ただしこの鍵穴は一定時間が経つと消えて無くなってしまう。
鍵穴の先はクレッフィ専用の空間になっておりここではたくさんの鍵穴が出現、消滅している。
クレッフィの世界にはこれまで集めた鍵のコレクションが文字通り山積みになっていてちょっとでもバランスが崩れると…
序盤では大好きな鍵を見つけて某梨の妖精を思わせるハイテンションを見せてくれた。

今年の映画のクレッフィ



性能

タイプはクチートと同じはがねフェアリータイプ
やや尖り気味の能力を持つクチートと違い、良くも悪くも平均的な能力の持ち主。
しかし、両タイプの耐性が高い事もあり、耐久面は意外と優秀。

特性は凶悪特性の一つであるいたずらごころ
使用可能な変化技はリフレクター&ひかりのかべまきびしめいそうでんじはなどがある。
相性補完に優れるサポート役として対戦での使用率も高く、いたずらごころによるハメ戦法が猛威を振るう様は、BWエルフーンを彷彿させる。
タイプ一致では無いものの、イカサマも使用できるのでいばみが等が単純かつ最も強力。
対戦で威張り殺されたポケモンは数知れず、相手を強制的に運ゲーへ持ち込むいわゆる「害悪戦法」の使い手として名高い。そのため、糞鍵などと揶揄されることもあるが、必ずしも聞いていて快い表現ではないため、その点については配慮されたい。
第7世代ではいたずらごころの弱体化、まひ・こんらんの仕様変更によって害悪戦法は弱体化したが、弱体化・仕様変更の影響を全くを受けない「リフレクター」「ひかりのかべ」等を使うサポート要員としての優秀さは健在。
隠れ特性はマフォクシー系統と同じ「マジシャン」だが、いたずらごころの方が強力なのでほとんど使われない。

アニポケ

トライポカロンの案内役を務める男性ムッシュ・ピエールのパートナーとして登場。CVはうえだゆうじが担当。性別はオス(エルマフォクシー(メス)とダンスしていたので)。
普段はピエールが持つステッキの先端に収まっているが、大会ではプリンセスキーの贈呈役を担っている。

関連イラスト

Klefki!
クレッフィたん可愛い



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンXY
はがねタイプ フェアリータイプ
クチート

pixivに投稿された作品 pixivで「クレッフィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 246546

コメント