ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ムーランド

むーらんど

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0508
イッシュ図鑑No.024
アローラ図鑑No.152
ヨロイ島図鑑No.115
ローマ字表記Mooland
分類かんだいポケモン
タイプノーマル
高さ1.2m
重さ61.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性いかく / すなかき / きもったま(隠れ特性)
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称

英語Stoutland
ドイツ語Bissbark
フランス語Mastouffe
韓国語바랜드
中国語长毛狗

進化

イッシュ犬 三銃士を連れてきたよ!

初期中間最終
ヨーテリーハーデリア(Lv.16)ムーランド(Lv.32)

概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)にて初登場のポケモン。

ヨーテリーの最終進化形態であり、第8世代でタチフサグマが登場するまでは序盤ノーマルで唯一2進化するポケモンだった(鳥ポケモン・複合を合わせればピジョットが既に登場していたが)。


立派なひげをたくわえた老犬のようないでたちが特徴。

名前の由来はおそらく「尨犬(むくいぬ。長く豊かな体毛の犬)」+「ニューファンドランド(カナダ東岸のニューファンドランド島を原産地とする犬種)」と思われる。

水難救助を得意とする代表犬種がニューファンドランド種であり、ホワイトにおける図鑑にはムーランドのことを「海や山で遭難した人の救出が得意」と記載している。

それにしても水分で毛とか重くなったりしないんだろうか?

もしかしたら長い髭の中身が空洞で意外と軽いのかもしれない


特に寒さに強いらしく、長い体毛のお陰で冬の雪山でも一晩は平気とされ、寒い地方では暖をとるのに使われた程。

これに加えて人を襲うこともなく、賢くて勇敢な性格でもある事がレスキュー隊員のお供に任命されている大きな要因だろう。

子供のお守りも任されるほど人々からの信頼も厚く、アニポケでもこの性質が表れている。

野生の個体も捕まえてから3日で懐くこともその人気の理由だろう。

ただし、寒い地方に強い反面、暑い地方は苦手で、アローラの個体はとても苦しそうにしている。

なお、野生の個体はこの髭の立派さで仲間内での評価が決まる模様。



ゲームでの特徴

第5世代では揺れる草むらから一定確率で出現する。

場所によっては進化可能なレベルより低いムーランドを捕獲できるため、捕獲後は即戦力として使う事も出来る。


ライドポケモンとしてのムーランド

サン・ムーン及びウルトラサン・ウルトラムーンでは冒険進行のカギとなる「ライドポケモン」の一体として登場する。

序盤で出会えるライドポケモンの中でも高い移動速度を持ち、通常時のケンタロスに比肩する。

また移動が緩やかになる代わりに隠された道具を探り当てる(=旧作のダウジングマシンにあたる)能力を持つ。

そのため、ケンタロスではなくコチラを移動や孵化厳選に使用するというトレーナーも多い。

LEGENDSアルセウス』ではガチグマが似たポジションに充てがわれている。


性能

種族値

世代HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第5世代8510090459080490
第6世代以降8511090459080500
増減+0+10+0+0+0+0+10

攻撃の種族値が"100"とそこそこ高く、その他もバランス良く高めになっている。

第6世代のXYではさらに110へ強化され、序盤ノーマルでは唯一種族値の上昇の恩恵を受けているポケモンである。

特攻のみが"45"と低く抑えられており、第5世代のポケモンらしく無駄のない種族値を持つ。


メジャー級とまでには行かないものの、それまでの序盤ノーマル達と比べると高いステータスを誇り、大きく差をつけている。

が、同時に序盤ノーマル以外の同タイプには優秀なライバルが多く存在するというのも事実。

ランダム対戦で使用するならば、そのあたりの差別化は意識しておきたい。


特性はどれも非常に優秀。

相手の攻撃力を下げる「いかく」で元々そこそこ高めな物理耐久を伸ばす事が出来る。

すなかき」は砂嵐状態でのダメージを防ぎ、素早さを2倍に増やす特性。

素早さに補正をかけない性格でも無振りで130族と同速となれ、少し努力値を降っておけばある程度のスカーフ持ちも抜ける。

格闘弱点なので砂パの弱点補完にはなりえないのが欠点か。

隠れ特性の「きもったま」ならばゴーストタイプを恐れずタイプ一致技を放つことが可能。

第8世代からは相手の「いかく」も無効化できるようになり、物理偏重のムーランドにはとても有難い。


さらに攻撃面でも今までの序盤のノーマルタイプ進化系にかなり差をつけており、思い出しや技マシンで3キバを扱えるだけでなく、とっしん」「ワイルドボルト」「かみくだく」「がんせきふうじなど、旅パで連れ歩く分には申し分の無い技レパートリーを持っている。

また、図鑑の説明からか、進化前のハーデリアからなみのり」を覚えることができる

水ポケモンがほとんど出現しない第5世代では貴重な存在であり、これのおかげで終盤までムーランドを連れ歩いた人も少なからずいるはずである。

第6世代でじゃれつく、第7世代でサイコファングと、苦手なかくとうタイプへの対抗技を2世代立て続けに習得した。


一致技で最強なのは威力だけで言えば「ギガインパクト」なのだが、使いやすさではとっておきが上回る(威力も10違う程度)。

というのも、「とっておき」は技を全て使用しなければ発動できない面倒な制約があるが、とっておき以外の習得技は1つだけにするという方法でノーリスク発動が可能であり、きもったまとの相性もかなり良い。この枠は「まもる」や「あくび」などが候補。

ただし、とっておきはPPがたったの5しかないので過信は禁物。


第8世代ではDLC『鎧の孤島』から復帰。

わざマシンで「すなあらし」を覚えれないものの、「がんせきふうじ」によるダイマックス技(ダイロック)を放てば、砂嵐状態になって自力で「すなかき」が発動出来るようになる他、「あなをほる」をダイアース用に習得させるなどサブウェポンをダイマックスに応用した様々な戦術が構築可能となった。



使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版

  • カベルネ
  • リキオー(BW90話)
  • デビー(BW102話)
  • オスカー(ミュウツー~覚醒への序章~)

漫画版


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • カベルネのムーランド
    • BW39話のドンバトルにて登場し、サトシのガマガルと対戦。三色牙のコンボを軸とした戦い方をする。ガマガルには効果なしの「かみなりのキバ」で失敗したかのように見せかけて油断させ、「こおりのキバ」でガマガルを冷凍。しかし、「ちょうおんぱ」で脱出され、口にマッドショットを受けた上にハイドロポンプにより敗北した。

  • BW90話ではリキオー、102話でデビー、「ミュウツー~覚醒への序章~」ではオスカーの手持ちが登場。

  • 老ムーランド
    • サン・ムーン編ではニャビーと共に暮らす年老いた個体が登場。ロトム図鑑曰く「かなりなご長寿さんロト」で、毛並みも乱れて目元が見えないくらい伸びている。ニャビーの親代わりとも言えるポケモンだが年齢とニャビーが見た夢もあって視聴者からその結末が不安視されていた。その後の展開はこちらを参照されたし。

その他

BW105話・143話
XY1話
SM32話・72話
新無印76話
めざポケ5話
劇場版白き英雄キュレムVS聖剣士ケルディオ

関連イラスト

再投稿犬猫お嬢様と愛犬

ムーランド砂場にいるムーランド


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンBW ポケモンBW2

ポケモン一覧 ノーマルタイプ ヨーテリー ハーデリア


0507.ハーデリア0508.ムーランド→0509.チョロネコ



序盤ノーマル一覧


犬ポケモン


ポケモン関連

フローゼル/ゴルダック:人命救助に役立っているポケモンで、こちらは水難救助が得意。ただし、後者に関しては一方で川を汚した人間を水中に引き込み連れ去る昔話が残されている。

関連記事

親記事

ハーデリア はーでりあ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 818834

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました