ピクシブ百科事典

ムーランド

むーらんど

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.508
英語名Stoutland
ぶんるいかんだいポケモン
タイプノーマル
たかさ1.2m
おもさ61.0kg
とくせいいかく / すなかき / きもったま(PGL限定)


進化

ヨーテリーハーデリアムーランド

大型中型小型



概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)にて初登場のポケモン。
ハーデリアがLv32で進化する。

立派なひげをたくわえた老犬のようないでたちが特徴。
由来は「ニューファンドランド(カナダ東岸のニューファンドランド島を原産地とする犬種)」と思われる。
水難救助を得意とする代表犬種がニューファンドランド種であり、ホワイトにおける図鑑にはムーランドのことを「海や山で遭難した人の救出が得意」と記載している。

ゲームでの特徴

こうげきが"100"とそこそこ高く、その他もバランス良く高めになっている。XYではこうげきがさらに110へ強化された。
特攻のみが"45"と低く抑えられており、第5世代のポケモンらしく無駄のない種族値のポケモン。
メジャー級とまでには行かないものの、他の序盤ノーマル達と比べると大きく差をつけている。

特性はどちらも優秀。
相手の攻撃力を下げる「いかく」で元々そこそこ高めな物理耐久を伸ばす事が出来る。
すなかき」は砂嵐状態でのダメージを防ぎ、素早さを2倍に増やす特性。
素早さに補正をかけない性格でも無振りで130族と同速となれ、少し努力値を降っておけばある程度のスカーフ持ちも抜ける。格闘弱点なので砂パの弱点補完にはなりえないのが欠点か。

さらに攻撃面では今までの序盤のノーマルタイプ進化系にかなり差をつけており、思い出しで3キバを扱えるだけでなく、とっしん」「ワイルドボルト」「かみくだく」「がんせきふうじなど、旅パで連れ歩く分には申し分の無い技レパートリーを持っている。
また、図鑑の説明からかなみのり」を覚えることができる。水ポケモンがほとんど出現しない第5世代では貴重な存在であり、これのおかげで終盤までムーランドを連れ歩いた人も少なからずいるはずである。
第6世代で「じゃれつく」、第7世代で「サイコファング」と、苦手なかくとうタイプへの対抗技を2世代立て続けに習得した。

ライドポケモンとしてのムーランド


最新作「サン」「ムーン」では冒険進行のカギとなるライドポケモンの一体として登場する。序盤で出会えるライドポケモンの中でも高い移動速度を持つ。また移動が緩やかになる代わりに隠された道具を探り当てる(=旧作のダウジングマシンにあたる)能力を持つ。

アニメ

BW編でカベルネの手持ちポケモンとして初登場。
サン・ムーン編ではニャビーと共に暮らす年老いた個体が登場。ロトム図鑑曰く「かなりなご長寿さんロト」で、毛並みも乱れて目元が見えないくらい伸びている。ニャビーの親代わりとも言えるポケモンだが年齢とニャビーが見た夢もあって視聴者からその結末が不安視されていた。
その後の展開はこちらを参照されたし。
老ムーランドの死後、ライドポケモン用に厩舎で飼われている若いムーランドの群れも登場した。

関連イラスト

再投稿犬猫
お嬢様と愛犬



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW ポケモン ヘルガー グランブル
ヨーテリー ハーデリア トリミアン ドーブル イワンコ ヨーテリー ニャビー

pixivに投稿された作品 pixivで「ムーランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389292

コメント