ピクシブ百科事典

オオタチ

おおたち

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

※この記事ではポケモンについて記述する。
 パシフィック・リムのオオタチについては「オオタチ(怪獣)」の記事を参照。

基礎データ

ずかんNo.162
英語名Furret
ぶんるいどうながポケモン
タイプノーマル
たかさ1.8m
おもさ32.5kg
とくせいにげあし / するどいめ、おみとおし(かくれとくせい)


進化

オタチオオタチ

もふもふ



概要

オタチの進化系。進化後のほうが可愛いと評判のもふもふポケモン。
イタチモチーフなので可愛い顔して肉食獣。『すばしっこく うごきまわって コラッタを おそう。』(銀、SS図鑑参照)

/あーん\



BWで隠れ特性「おみとおし」を習得。これは、「場に出てきた時に相手の持ち物が分かる」というもの。さらにわざマシンで「どろぼう」を、タマゴ技で「トリック」「ほしがる」を覚える。この3つの技を全て覚えられる「おみとおし」持ちはオタチとオオタチのみである。そのため、野生ポケモンから持ち物を奪う要員として重宝する。
「ほしがる」のPPは40(「どろぼう」の4倍)あるため、PP切れをあまり気にせず長時間道具狩りに潜れる点が大きい。これに加えて「どろぼう」を覚えられるので、相手がゴーストタイプの場合も安心。「トリック」も道具回収に使える技なので覚えさせておくと吉。

BWでは、道具狩りの弊害となる特性「ねんちゃく」持ちはヤブクロン(進化すると特性が変わる)のみ。また、ヤブクロンが持っていることのあるアイテムは進化後のダストダスがより高確率で持っているため、「ねんちゃく」に関しては特に気にする必要はない。

対戦においても、「おみとおし」のおかげで相手の道具が判明している状態で「トリック」をすることが可能となった。デメリットアイテムやこだわりアイテム持ちに「トリック」を仕掛けてしまう事が少なくなるのは大きなメリット。更に、同じく「おみとおし」+「トリック」を持つジュペッタよりも素早くが高く、こだわりスカーフ持ちのダゲキヘラクロスを抜いて「とんぼがえり」で撤退できる点も良い。

XYではHP・こうげき以外の能力がオオタチより高く(残り2つも微々たる差)おみとおし+すりかえのコンボが使えるオンバーンが登場。
タイプの違いによる耐性差はあるとはいえ、オオタチの立場が危ぶまれている。
またオオタチに限らずメガストーンに対してどろぼうやトリックなどは出来ない点にも注意。
ちなみにほしがるのPPが40→25に減少したが、どろぼうのPPも10→25に増加したため、両立した場合の使用回数は変わっていない。

第7世代で新たにレベルアップ技で「こうそくいどう」、そして胴長だからかとぐろをまくを習得。積んで自ら攻撃しても良いし、「バトンタッチ」で味方に引き継がせるのも良いだろう。

関連イラスト

寒くない

【CC131】オオタッチ!
すりすり
羊毛 bigオオタチ
らびゅー!
=しましまωしましま=



関連タグ

ポケモン一覧 HGSS
ラッタ オタチ マッスグマ ビーダル ミルホッグ ホルビー
ザングース フローゼル スカタンク フタチマル コジョンド
おおたちたち

pixivに投稿された作品 pixivで「オオタチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2305687

コメント