ピクシブ百科事典

するどいめ

するどいめ

するどいめとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第3世代
効果所有者に対する命中率ダウンの効果を無効化する。相手の回避率の上昇を無視する(第6世代)
所有するポケモンを手持ちの一番上に入れると、レベルの低い野生ポケモンが出にくくなる。
所有するポケモンを手持ちの一番上に入れると、「いわくだき」でアイテムが出やすくなる(『HGSS』のみ)

概要

第3世代から存在する特性。
相手を直視する程の鋭い目によって、命中率を下げられなくなる効果がある。
所有者は主に鳥ポケモンだが、オタチミネズミの様な警戒心の強いポケモンやニューラの様な獲物をじわじわと狙うようなポケモンにも所有者は多い。

しかしこの特性は第5世代まで外れ特性扱いを受けていた。
命中率を下げられても所詮は運ゲーに持ち込むだけであり、そのような効果のある技の採用率が低く、追加効果による命中低下にしても技の威力が伴っていない為あまり役に立たない特性だった。
唯一と言っていいほど採用率が高い技といえば「だくりゅう」だが、その技を受けて返せる技があるかといえば……。
一応フィールド上ではある程度使える効果だったため完全に死ぬ事は無かったが、それでも「あって損は無い」程度の特性である点は否めなかった。
加えて所有者の性能が今一つパッとしないことから、不遇扱いの代名詞にもなっていた。
第5世代で登場した隠れ特性としてこれを持たされたポケモンまでいる始末。

第6世代では相手の回避率を無視する効果が追加されて、少々使いやすくなった。
特に、一度使われたらまともに攻撃が当たらない「ちいさくなる」持ちに対しての強力なメタとなりうる。
ただし回避率を無視するだけなので「そらをとぶ」や「あなをほる」のような技でフィールドからいなくなっている状態では命中しない。注意。
ノーガード」の劣化に見えるが、あちらの攻撃までも必ず当たるわけではないので差別化は十分できる。

所有ポケモン

太字は隠れ特性。


関連タグ

ポケモン 特性

pixivに投稿された作品 pixivで「するどいめ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2053

コメント