ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

初出第3世代
効果所有者に対する命中率ダウンの効果を無効化する。及び相手の回避率の上昇を無視する(第6世代以降)
所有するポケモンを手持ちの一番上に入れると、レベルの低い野生ポケモンが出にくくなる。
所有するポケモンを手持ちの一番上に入れると、「いわくだき」でアイテムが出やすくなる(『HGSS』のみ)

概要編集

第3世代から存在する特性。相手を直視する程の鋭い視線によって、命中率を下げられなくなる効果がある。

所有者は序盤鳥ポケモンに多いのだが、鳥系以外だとオタチミネズミの様な警戒心の強いポケモン、ニューラスコルピ/ドラピオンのように生態的にそれっぽいポケモン、果てはエビワラースカンプーといった、確かに鋭い目付きをしたヤツもいる。オタチはもう片方が「にげあし」なので、対戦に起用するならこっちを推奨。


しかしこの特性、すなかけフラッシュだくりゅうといった自分への命中低下は防げてもかげぶんしんとかちいさくなるなどの「相手の回避率アップ」は受けるので、第五世代までは痒いところに手が届かない特性であった(フィールド上ではまあまあ使えるので、HGSSなら探索要員という活用法はあった)。

 

しかし第6世代では相手の回避率も無視する効果が追加されて一気に地位が向上し、一度使われたらまともに攻撃が当たらない「ちいさくなる」持ちに対しての強力なメタとなりうるように。

ただし回避率を無視するだけなので「そらをとぶ」や「あなをほる」のような技でフィールドからいなくなっている状態は相変わらず命中しない。

また、道具「ひかりのこな」や「のんきのおこう」、特性「ゆきがくれ」や「すながくれ」や「ちどりあし」、なかよし度の効果など、ランク変動を伴わない回避率の上昇に対しては効果が無い。


所有ポケモン編集

太字は隠れ特性。


関連タグ編集

ポケモン 特性

 

ノーガード:お互いの技が必中するという潔い特性。命中低下・回避アップだけでなく「そらをとぶ」などで相手が消えているときでも確実に当てられる点で「するどいめ」の上位互換だが、それが相手にも作用するのでリスクが大きい。

 

不遇ポケモン:第五世代当時は従来の微妙性能だったので、隠れ特性としてこれを持たされたポケモンは不遇呼ばわりされた。

関連記事

親記事

とくせい とくせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51071

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました