2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ペリッパー

ぺりっぱー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.279
英語名Pelipper
ぶんるいみずどりポケモン
タイプみず / ひこう
たかさ1.2m
おもさ28.0kg
とくせいするどいめ/あめふらし(第7世代〜)/あめうけざら(隠れ特性)


進化

キャモメペリッパー(レベル25)

キャモメとペリッパー



概要

名前の由来はおそらくペリカン+フリッパー(ヒレ足)。

カモメが進化したらペリカンになってしまった。
ペリカンはペリカン目、カモメはチドリ目のため、動物学的につながりは薄い。
これは少数説だが、水辺に生息する鳥という緩やかなくくりの中で、かもメールがカモメをモチーフにした暑中見舞用葉書であり、ペリカン便がペリカンがデザインの軽貨物であったことから、鉄砲戦車になった点と同じように、文化的観点をイメージした進化像ではないかと思われる。
(余談だが、ペリカン便を扱っていた日本通運のルーツは東京の飛脚屋にある。)


水鳥らしく「なみのり」と「そらをとぶ」の両方を使えるナイス鳥。「たきのぼり」と「ダイビング」が使えないのが惜しい所。この組み合わせは同タイプの後輩も使える。

尚、序盤鳥に数えられるスバメより早く出てくるキャモメの進化形の筈だが、基本的に序盤鳥に含まれることはない
ノーマルではなくみずタイプ複合なのが原因だと考えられる。

ポケモン不思議のダンジョン第1作ではペリッパーれんらくじょの運営を行っており、新しい依頼があると手紙を郵便受けに「スコン!」と入れては飛び去るという役割で登場している。口調は独特というかかなり個性的で、第1作にはダンジョンに敵キャラとして登場しないという特徴がある(普通の敬語で話す個体もいる)。

生態

海岸近くの崖に巣を作り、海面スレスレに飛行し、疲れると海に浮かんで休憩する。餌の調達は若いオスの仕事で、嘴はひとすくいでヨワシ30匹を平らげたり、幼稚園児一人を入れれるほどに大きい。また、嘴は子供を保護するのに使われるほか、他のポケモンやタマゴを安全な場所へ運んだりするなど、口に入るものなら何でも襲う現実のペリカンよりかはマイルドな性格になっている。
ただし、どこへ連れて行くかは不明と記載されているポケモン図鑑もあるのでやっぱりマイルドになっているかどうかはわからない。

NEWポケモンスナップ」では岩場の上に巣を作っており、卵も確認できる。卵の模様は原作ゲームの汎用タイプの模様ではなく、アニポケのような固有デザインであり、入道雲と青空のような模様が描かれている。
休憩する際は水上に浮かんでいるが、魚ポケモン達に引けを取らないスピードで水中で狩りを行う様子も観察できる。



ゲーム上の特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
キャモメ403030553085
ぺリッパー6050100957065
比較+20+20+70+40+40-20

防御が大きく伸びるが素早さが大きく下がってしまう。まぁ実際ペリカンは飛行する鳥の中でも屈指の重さを持つ鳥なので仕方あるまい。むしろステータスだけなら後輩のスワンナの方がキャモメの進化系っぽい。オオスバメに素早さが全然足りていないが…

物理耐久寄りの種族値だが見た目によらずHPはそうでもないためあまり硬くはない。ついでに特防も序盤の草むらに登場するポケモンらしく低めなため、使い手によっては四倍弱点の「チャージビーム」や「でんげきは」でもあっさり落ちる。
自慢の物理耐久も高いHPと特性「いかく」を持つ同タイプのギャラドスにあっさり上回られてしまうのが辛い。

幸い、特攻はそこそこあるため相手の物理攻撃を受けつつ特殊技で反撃することなら出来る。ギャラドスは特攻が低いので十分な差別化になる。
ハイドロポンプ」、BWから追加された「ぼうふう」と地味にタイプ一致技には恵まれている。みずタイプお家芸の「れいとうビーム」はもちろんのこと、なぜか「でんげきは」など変わった技を覚えたりする。「ぼうふう」を覚える以前はキャモメの時しか覚えられない「エアスラッシュ」が使われていた。

特性に「あめふらし」。
雨状態の恩恵を受けやすいみず技と「ぼうふう」を共にタイプ一致で撃てるペリッパーとのシナジーは高く、天候のターン制限はありながらもボールから出して間もなくは1.5倍に強化されたみず技と必中の威力165のひこう技を両方撃てるようになった。これはニョロトノカイオーガには出来ない芸当である。
またやや不安気味だった特殊攻撃も95に上方修正され、高い防御を生かした耐久型から一転し強力な雨パの特殊アタッカーとしてレートで数を増やしてきている。
 
ただしもちろん欠点もあり、上述通り雨状態にした事であちらの「かみなり」も必中になる事は注意が必要である。これに関してはダブルバトルであればライチュウアズマオウを横に置いておけば防ぐ事はできる。
また天候始動役としては悪い意味で絶妙な素早さも欠点であり、晴れパキュウコンには確実に天候を上書き出来るが、砂パバンギラス霰パユキノオーにはギリギリ素早さが勝ってしまっている分タイマンだと逆に天候を上書きされかねない。
アマルルガカバルドンギガイアスコータスも言うまでもなくこいつらが最鈍に設定されていると確実に天候を上書きされるので注意。

夢特性は「あめうけざら」。雨パに組み込んで物理耐久と「はねやすめ」を駆使すればそれなりに活躍出来そうである。ただし雨状態は第六世代からターン制限がかかった事や、あちらの「かみなり」も必中になる点に注意。

ちなみに第四世代から教え技で「ダストシュート」を覚えられる。こいつが使う光景を想像すると実に嫌な予感しかしない(ちなみにはきだすも覚える)。

ペリッパーのはきだすこうげき!


※画像はイメージです

ORASからは野生の個体がしあわせタマゴを所持するようになった。ペリッパー自体がなみのりすれば比較的安易に出会える種族な上、図鑑ナビの高性能っぷりも相まってポケモン廃人からはラブカスに次ぐ乱獲対象と化してしまっている。いくら数が多いとはいえ絶滅してしまわないか心配である。

第9世代では唯一のあめふらし枠として内定。
雨天候自体は特別大きな弱体化や強化こそ無かったが、今作はパラドックスポケモンが晴れ天候またはエレキフィールドで強化される特性を持つ
コータスバチンウニも内定しており、パラドックスポケモンを採用するパーティにはそれなりの確率で組み込まれると推定される。(コータスは晴れパ以外でも強いのだが)
パラドックスポケモンを強化する過程で、雨とのコンボをコータス後出しで妨害される、エレキフィールド+電気技で地面タイプ以外ゴリ押されるといった場面も過去作より増えると思われ、今までの雨パと同じ立ち回りでは苦戦するかもしれない。相対的にはやや逆風気味か。
一応テラスタルで電気4倍を誤魔化す事も出来るので、どうしてもペリッパーで打開が必要な相手と対面した時に備え厳選(草、電気、地面あたりが候補)しておくのが吉。


使用トレーナー

ゲーム版

※厳密には手持ちではなく、パートナーポケモン。

アニメ版

漫画版
  • ハギ老人(ポケスペ)
  • シズク(ポケスペ)
  • ユキ(ポケスペ)

アニメ版

初めて本格的に活躍したのは、AG編第10話「史上最強のペリッパー現る!!」にて。非公認ジムのトレーナー・アントニーのポケモンとして登場。でんきショックかえんほうしゃつるのムチ等、本来ペリッパーが覚えられない技を使ってサトシ達挑戦者を苦しめてきた。しかしそれは、小型のポケモンが入った大量のモンスターボールを自分の口の中に蓄えておき、状況に応じて、個々のボールからポケモンを出して技を出していたというカラクリだった。
それを影で見ていたムコニャにより悪用されてしまうが、紆余曲折を経て、上記の不正を止めてアントニー共々正々堂々と戦う事を誓ったのだった。

また、ナギもジム戦の2番手で繰り出す。相性の悪いピカチュウの電気技をはがねのつばさを使って地面に受け流すという戦法で苦しめ、結果相討ちとなった。

新無印編では、ムコニャの秘密兵器「ロケット・ガチャット」の運搬役として登場。2人の「ガッチャ、カモーン!!」の掛け声で現地に駆け付けて、口からガチャを落として去っていくのがお約束である。
しかし、従来のロケット団の運搬役だったデリバードでないというのは、どういうことなの・・・
ちなみにデリバード同様、戦闘も可能であり、第49話では「ガチャが詰まって出てこなかった」事の責任として初めてバトルに投入された。
覚えている技は「つばさでうつ」「ハイドロポンプ」。

関連イラスト

空の郵便屋さん
ハトを食べるペリカン


The Post and the Matchmaker
こいつが おれの きりふだっ!(15years after)


何故かネタ絵の比率が高い。

関連タグ

ポケモン一覧 キャモメ  ペリカン

278キャモメ279ペリッパー→280ラルトス

デリバード:物を運ぶ系ポケモンの先輩

ギャラドス タマンタ/マンタイン コアルヒー/スワンナ ウッウタイプが同じ(ウッウのみ順序が違うが)

カイオーガ ニョロトノ:特性あめふらしを持つ仲間

序盤鳥

関連記事

親記事

キャモメ きゃもめ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 669481

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました