ピクシブ百科事典

エレキフィールド

えれきふぃーるど

『ポケットモンスター』シリーズに登場する技、また同名のバトル場の状態。
目次[非表示]

あしもとに でんきが かけめぐる!

データ

初出第6世代
タイプでんき
威力-
命中-
PP10
分類へんか
範囲フィールド全体
直接攻撃×
効果後述
英語名Electric Terrain


概要

第6世代から存在する技。 
5ターンの間、地面にいるポケモンはねむり状態にならなくなり、でんきタイプの技の威力が1.5倍になるフィールドを生み出す技である。
第6世代で新設されたフィールド技の一種。
習得できるポケモンはやはりでんきタイプのみ。

第5世代ではいまいち地味であり、そもそも耐久に不安のあるでんきタイプしか習得できない事に加え技タイプの都合上じめんタイプ相手だと張る意味すらないと言う困った状態だったため採用率はお察しのものだった。
しかもひみつのちからの追加効果はマヒ(素と同じ)。悲しすぎる。
ちなみにしぜんのちから10まんボルトに変化する為、一応くさタイプがひこう対策として使う…と言う事も出来なくはなかったりする。

第7世代では特性で自動で張れるカプ・コケコが追加された。
エレキフィールドが持っていた欠点が一気に解決された為、現在進行形で猛威を振るう事になった。
但しひみつのちからは相変わらずである。
なお、デンジュモクの捕獲を比較的面倒にしてしまっていたりする。

なおおきがえピカチュウの一つ「ドクター・ピカチュウ」は衣装チェンジによりこの技を習得することができたが、サン・ムーンでピチューのタマゴ技に追加されたため、(送れないにしても)意味が無くなってしまった。

アニポケでのエレキフィールド

XY/XY&Z

シトロンレントラーが使用。
ミアレシティジム戦では、これによってワイルドボルトを強化し、サトシルチャブルピカチュウを圧倒した。それに対しサトシはヌメルゴンあまごいによって放電させて無効化したが、ゲームではこのような仕様はない。
劇場版『ボルケニオンと機巧のマギアナ』ではライボルトが使用。レントラーのものとは違い、ステルスロックとの併用で檻として機能した。

サン&ムーン

第2話でサトシにバトルを挑んだカプ・コケコが使用。
対するサトシのピカチュウもでんきタイプであるため有利に働くと思われたが、力の差があり過ぎたためピカチュウの技は通用しなかった。
ちなみにこの時、周囲の森一帯が黄色味を帯びるという演出がなされている。

関連タグ

ポケモン
わざ(ポケモン) ポケモン技一覧
でんきタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「エレキフィールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 970

コメント