ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ編集

全国図鑑No.0871
ガラル図鑑No.353
パルデア図鑑No.321
ローマ字表記Bachinuni
分類うにポケモン
タイプでんき
高さ0.3m
重さ1.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性ひらいしん/エレキメイカー(隠れ特性)
タマゴグループすいちゅう1/ふていけい

各言語版での名称編集

ドイツ語Britzigel
英語・イタリア語・スペイン語Pincurchin
フランス語Wattapik
韓国語찌르성게
中国語(簡体字)啪嚓海胆
中国語(繁体字)啪嚓海膽

概要編集

ポケモン剣盾に登場するポケモン。

名前の由来は「ばちん!」(電撃の擬音)+『バフンウニ』。


これまでいそうでいなかったウニをモチーフとしたポケモン。外見のモデルは我々がよくウニと呼んでいる『ムラサキウニ』。設定や習得技からガンガゼの要素も入っていると思われる。

外見は正しくウニといった感じで、ウニの身に当たる部分が口に、瞳が三角状になっているのが特徴。唇は電気を通さない。

コイツアイツを彷彿とさせる可愛らしい見た目である(特に後者はシルエットも似ている)。


ウニらしく海の浅瀬に棲み、五本の鋭い歯で岩場の海藻をこそぎ落とし食べている。そしてエサを消化する過程で発電が行われる生態。

それら電気を鋭いトゲの先端から放ち、その上一本一本に電気を蓄える性質があるため、折れても3時間は放電し続けるという、護身用の武器としてはかなりの優れ物。


性格は非常に臆病で、体に藻屑が触れただけで驚き放電してしまうというハタ迷惑な面もある。


1枚のキャベツを奪い合うバチンウニ「お前は食べないから安心しな」

剣盾発売当時、「キャベツを食べるウニ」のニュースが流行っていたこともあり、バチンウニがキャベツを食べているイラストも見られる。キャベツを食べたウニは、天然よりも味が良くなるらしい。本作ではカマスジョーの味について触れられていたが、バチンウニの味は如何程のものなのだろうか。


エサを探して海辺をうろつく ヒドイデがバチンウニの折れたトゲを食べようとして痺れている事があるらしい。


水棲生物モチーフな点からみずタイプが入っているのかと思いきや、マッギョシビシラス一族同様みずタイプ複合ではない。しかし、タマゴグループはすいちゅう1に属している。

野生下では9ばんどうろの草むらにもランダムエンカウントするので、ある意味自身のタイプに忠実なヤツだとも言える。


性能編集

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
4810195918515435

第8世代の新ポケモンの最終形態では最も低い合計種族値435。両刀超鈍足アタッカーで、でんきタイプの技を物理技から特殊技まで幅広く習得する。

火力は特性がないと低め、耐久も低いHPが足を引っ張りそこまで高くはないとやや扱いづらい数値か。


モチーフが水棲生物なだけあり、アクアブレイクハイドロポンプといった強力なみずタイプの技やベノムショックじごくづきなどのサブウェポン、おまけにつぼをつくどくびしじこさいせいといったサポート技まで広く覚えるので物理型/特殊型どちらでも使う事が可能。詰み技にのろいがある為、物理型として使うのも手だが、特殊技に限りこおりタイプのサブウェポンが搭載できるのも地味ながら長所である。見た目通りに電気物理としてはなかなか優秀なびりびりちくちくも習得できる、ただし鈍すぎる為かボルトチェンジは覚えない、覚えれば後攻ボルトチェンジで負担がかけられただけに惜しい所である。


しかし、HPの種族値が48とかなり低め、弱点はじめんタイプのみで、前述の習得技で苦手なじめんタイプに対策はできるが、過信できる能力とは言い難い。

素早さの値もかなり低く、トリックルーム下なら、びりびりちくちくの怯みも狙えるものの、わざわざトリックルームで運用するにはやや能力不足気味。この点はタマゴわざであるふいうちでカバーすることもできるが、どの道この低すぎる素早さとどう付き合っていくかが、バチンウニ運用のカギとなるだろう。

また「じばく」も覚えるので、敵に大ダメージを与えて離脱するのもアリである。トゲのついた爆弾は創作作品ではよく見られる光景なので、ウニのような生物モチーフとはいえインパクトある退場が狙えるだろう……。

後続の事を考える際は、タマゴわざの「おきみやげ」をお薦め。


隠れ特性はエレキメイカー。他の三種類のフィールド特性も、第8世代の新ポケモンの隠れ特性として登場している。フィールド特性を持つポケモン内では最も素早さが低く、同時に出したときには最後に貼ることが可能。退場技も持ち合わせるので、エレキフィールド展開・後続の起点作り要員として使い捨てることも一応はできる。

また、鎧の孤島で非常に相性が良いライジングボルトを習得。実質威力273の電気技を耐えられる相手は殆ど居ない為、バチンウニを採用する上での強みとなる。


総じて、アタッカーをこなしつつ、後続の場作りも出来るという見た目と数値以上に優秀なポケモンと言える。

弱点は電気技以外の火力が低い事と超鈍足にもかかわらず、耐久が高くない事か。


ところがDLCの冠の雪原ではカプ・コケコが復帰。同じエレキメイカー持ちであり、ライジングボルトを習得してしまってこのポケモンの立場が薄くなるのでは…と危惧した人もいそうだが、あちらは結局ライジングボルトを習得しなかったため、まだまだ大丈夫だろう。


第9世代編集

第9世代でもSV発売時点で唯一のエレキメイカー要員。

この関係かライジングボルトを没収された

なお、ミライドンは上位互換の特性ハドロンエンジンを持つが、あちらは禁止級伝説であるのとフィールド取りとしては素早さが高すぎるため差別化は不要。

猛威を払うであろうテツノツツミでんきタイプ仲間であるテツノカイナテツノイバラ、互いに弱点を補い合えるテツノコウベとのシナジーが期待されていたが…。

シーズン3では圏外や3桁だったシーズン1・2と比べれば使用率が上がったが、それでもシングル・ダブル共にまだまだ低く、やはり数値の低さが祟ってしまっている模様。古代パとシナジーがあるコータスと比べてもかなりの差が出ている。


テラレイドバトルには星3.星5.星6で出現する。

たまに水テラスタルであることがあり電気技をひらいしんで無効にしてくる。星6は技範囲が広めであり、

両刀型であるために長期戦だとこちらが疲弊しやすい。

全技を半減以下に抑えるのが難しいがちょすい持ちの地面タイプ等なら可能で麻痺状態にもならず有用である。


使用トレーナー編集

ゲーム版


漫画版


アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集


  • 新無印129話・130話・131話:モブで登場。

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ編集

  • 16話・42話:モブで登場

GOTCHA!編集

ホップの個体が登場するが、ゴリランダーのドラムの上に乗っている。かわいい。


漫画版編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

15章にて、こちらでもホップの手持ちで登場。


関連イラスト編集

バチンウニちゃんソードシールドの推しのバチンウニ

バチンウニ【ポケモン】バチンウニ×ナマコブシ【その2】


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン ポケモン剣盾

ポケモン一覧 でんきタイプ


0870.タイレーツ0871.バチンウニ→0872.ユキハミ


ポケモン関連編集

とりお

関連記事

親記事

おもち組 おもちぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6029773

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました