ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シビビール

しびびーる

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0603
イッシュ図鑑(BW)No.109
イッシュ図鑑(BW2)No.178
パルデア図鑑No.342
キタカミ図鑑No.176
ブルーベリー図鑑No.135
ローマ字表記Shibibeel
ぶんるいでんきうおポケモン
タイプでんき
たかさ1.2m
おもさ22.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいふゆう
タマゴグループふていけい

各言語版での名称

ドイツ語Zapplalek
英語・スペイン語・イタリア語Eelektrik
フランス語Lampéroie
韓国語저리릴
中国語(簡体字)麻麻鳗
中国語(繁体字)麻麻鰻

進化

シビ・シビ・シビ

シビシラスシビビール(レベル39) → シビルドン(「かみなりのいし」を使用)


概要

シビシラスの進化系にして、シビルドンの進化前。

体色は一気にウナギっぽくなったが、口はぐるりと牙の生えた筒状で、デンキウナギヤツメウナギの複合モチーフな事が一番分かりやすい姿である。


主にに棲むポケモンで、河口付近の川にもたまに出没する模様。

まだまだ成長途中なのか食欲旺盛。獲物を見つけるとすぐに巻きつき、発電器官な体の斑点部分を押し付けて感電させ、そのまま丸齧りからの丸呑みにするという。


名前の由来は「痺れ」+「eel(ウナギ)」と思われる。


ゲーム上の特徴

進化して常時浮かなくなってしまったが、特性は変わらず「ふゆう」のままであり、シビシラスの頃は不可能だったわざマシンの使用も可能になった。


種族値は攻撃が1番高く、HP、素早さが低め。特攻は低くはないが微妙なところ。根気よくレベルを上げれば「でんじほう」「あばれる」など高威力の技を習得する。


野生での遭遇機会はシビシラスより少なく、特に初出作の『BW1』では進化でしか手に入らない。

進化レベルも結構高めなため、電気石の洞穴などでかみなりのいしを手に入れていた場合、シビビール時代は一瞬で終了、…なんて事態もしばしば。


普通のゲームではよくある地味な中間進化ポケモンといえよう。

しかし、これがポケモンカードゲームであると話は別(番外作品参照)。


番外作品

『ポケモンカードゲーム』

シビビール(BW2)は中間進化ながら、特性のエレキダイナモがかなり優秀で、ベンチに控えているだけで、毎ターン電気エネルギーを一個つけ続けるという破格の性能を持つ。

さらに、このポケモンは1進化ポケモンなので、素早く進化できるというのがメリット。


このため電気エネルギーの加速役として引っ張りだこであり、特に電気エネルギーor炎エネルギーのどちらかを全て消費しなければいけない代わりに、付いていれば付いている程威力が高くなる技、ドラゴンバーストを持つレックウザEXとの相性が抜群。

もし消費しても特性で付けたり、レックウザEXが持つ技てんのさけびを使えば、再び超火力のドラゴンバーストを打てるコンボが出来てしまう。


このように、シビビールはポケモンカードゲームではかなり優秀であり、進化系のシビルドンより優秀とも言われ、ポケモンカードゲームをやる上では無視できない存在である。


アニメ版

BW125話にてマリンカップトーナメントの対戦相手として初登場したが、ピカチュウにやられる1カット2秒のみであった。


関連イラスト

デスマスシビビールあれ?

浮遊ウナギシビビール^ ^


関連タグ

ポケモン一覧 でんきタイプ 


0602.シビシラス0603.シビビール→0604.シビルドン


かみなりのいし繋がり

ピカチュウ / ライチュウ

イーブイ / サンダース

レアコイル / ジバコイル(8世代から)

デンヂムシ / クワガノン(8世代から)

ノズパス / ダイノーズ(LEGENDSアルセウスから)

ズピカ / ハラバリー

関連記事

親記事

シビシラス しびしらす

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503017

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました