ピクシブ百科事典

ふゆう

ふゆう

ふゆうとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第3世代
効果じめんタイプの技を受けなくなる
英語名Levitate


概要

第3世代から存在する特性。
効果は「じめんタイプの技を受けなくなる」という単純明快なもの。タイプで抜群になろうが一切受けない。

所有者はかなり多く、ゴース系統・ドガース系統・ムウマ系統・アンノーンビブラーバフライゴンルナトーンソルロックヤジロン系統・ヨマワルリーシャン系統・ラティアスラティオスドーミラー系統・マスキッパロトムユクシーエムリットアグノムギラティナ(オリジンフォルム)・クレセリアシビシラス系統・フリージオサザンドラクワガノンの計34種類
(ただしゲンガー第7世代で「のろわれボディ」に変更された)

明らかに浮いてなさそうなポケモンも数多くいるが気にしてはいけない。
XYではゲンガー以外ちゃんと浮くようになり、そのゲンガーは第7世代で特性変更を受けたので全員浮くことになった。
なお、夢特性での所有者はゼロ。

あくまでも「じめんタイプの技を無効にする」だけなのでひこうタイプになるわけではない。当然他のタイプの技は元のタイプの相性で受ける。
ただし「地面から浮いている」扱いになるので、「うちおとす」や「じゅうりょく」で効果を打ち消されてしまう。
なお「はねやすめ」は「ひこうタイプがなくなる」だけなので「ふゆう」には一切影響しない。

この特性によって実質弱点が1つ減るゴース系統・ドガース系統・ルナトーン・ソルロック・ドーミラー系統・ロトム(スピン除く)・シビシラス系統にとっては恩恵が大きい。
反面元が半減であるマスキッパには恩恵が小さく、元が無効であるスピンロトムは実質特性無しでの戦闘を強いられてしまう

仕方ないと言えば仕方が無いのだが、第6世代から登場したフィールド技の効果も受けられない。
特に、第7世代では自動フィールド展開特性持ちが活躍していることもありデメリットは小さくない。まあこの辺はひこうタイプ全般が持つ弱点でもあり、ポケモンによってはフィールドがデメリットになりうる場合もあるので一長一短である。

そして、この特性を持っているポケモンは(通常・夢問わず)特性がふゆうに固定されてしまうと言う困った特徴まで併せ持ってしまう。
例外は当初から特性が2種類あるドーミラー系統と、進化する事によって「ふゆう」を失うヨマワル
残念ながら進化して「ふゆう」になるポケモンに他の特性は無い

なお、グラフィック上は浮いていても特性「ふゆう」でないポケモンはたくさんいる。
が、それら全てに「ふゆう」が与えられていないのは単にバランスの問題である。
もし「ふゆう」持ちが大量に現れたならばじめんタイプが涙目になるのは言うまでもない。

関連項目

ポケモン 特性 浮遊 隠れ特性
ひこうタイプ
地面から浮く仲間:でんじふゆう ふうせん テレキネシス

pixivに投稿された作品 pixivで「ふゆう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3993

コメント