ピクシブ百科事典

マスキッパ

ますきっぱ

マスキッパとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.455
英語名Carnivine
ぶんるいむしとりポケモン
タイプくさ
たかさ1.4m
おもさ27.0kg
とくせいふゆう


概要

食虫植物の一種であるハエトリソウがモデルのポケモン。
名前の由来はD. muscipula(ハエトリソウの学名)+すきっ歯と思われる。
でも残念ながらむしタイプは弱点であるし、ハエポケモンは未だ実装されてはいない。まあ初代ではハエとりポケモンなのに虫4倍って言う前例もあったし気にしてはいけない。

そして特性はまさかのふゆう
図鑑説明には「しょくしゅを きように うごかして あるきまわり」とか書かれているのだが……。まぁ、これにも似たような事例があるので気にしてはいけない。

ちなみに、この特性のお陰でスカイバトルに参加できる鳥ポケモンにシレッと混じって大空に舞い上がるマスキッパの姿は非常にシュールである。なお、参加可能なポケモンの大半がひこうタイプなので当然ながらタイプ相性は最悪。ますますシュール。

初登場作品は『ダイヤモンド・パール』。シンオウ地方ではノモセ大湿原にのみ日替わりで出現するポケモンで、NPCもほとんど使ってこないので図鑑登録にやや苦労するレアポケモンである(影が薄いと言ってはいけない)。

生態

湿地帯に生息し、足に生えた触手(根っこではないらしい)で木に巻きついて植物に擬態、甘い香りの唾液に引き寄せられたポケモンを大顎で捕食する。また、食虫植物らしく、1日かけて獲物をじっくり消化するようだ。
前述の通り、ふゆう持ちであるが、移動は浮遊して行なっているわけではなく、触手を小刻みに動かして歩行している模様。

ゲーム上の特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
7410072907246

種族値は鈍足・低耐久・両刀寄りという、はっきり言ってかなりバランスの悪い配分。
単くさタイプ故に弱点も当然多く、鈍足のせいで先制できる場面がほとんど無い。かといって耐久に優れるわけでも無いため、出しどころを誤ると何も出来ずに沈んでしまうことがままある。

何よりも、同世代から登場したモジャンボの存在により、その立場は非常に厳しいと言わざるを得ない

モジャンボとはタイプが同じな上に攻撃も同値、それ以外の数値は特防以外完敗であり、その特防もモジャンボが低過ぎるだけで結局マスキッパとの差はほとんど無い。
習得する技は決して悪いラインナップではないのだが、マスキッパの強みになる技の大半をモジャンボが覚えてしまうため、結果的に差別化に苦労する羽目になっている。

たとえば第5世代ではいかりのこなを習得したが、なんとモジャンボも同時に習得。第6世代でははたきおとすが強化されたものの、こっちもモジャンボがとっくに習得していた。
このように強化の度にモジャンボが立ちはだかるという状態が続いており、長らく苦しめられてきた。
おのれモジャンボ……

ただし完全劣化というわけではなく、かみくだくむしくいなど、一応モジャンボが覚えない独自の技も少ないが習得する。問題はそれらの技に他との差を覆すほどのパワーが無いことなので、そのあたりは今度の強化に期待したい。

また、ユニークな個性として前述した特性「ふゆう」が挙げられる。単くさタイプのふゆう持ちは現状マスキッパのみである。
……が、元々じめんタイプを半減するくさタイプなので恩恵は思った以上に少ない。それどころか、ふゆう持ちと言う事は隠れ特性に期待できないと言う事でもある(ドータクンマタドガスなど、一応例外は存在する)。
おまけに第7世代でフィールド特性が登場して以降は、強力な効果を持つフィールドの恩恵が受けられないというデメリットが増えてしまった。
結局、ユニークなだけで大して特性が活きないポケモンと化してしまっているのが現状。

こうした理由からか、第6世代のPGLレーティングバトル統計データに於いてORAS発売後も使用率が伸び悩み、シーズン9、17では完全に統計データが非表示になるという憂き目にあってしまう。(もっとも、当時はファイアローなどの影響でくさタイプ全体が厳しい立場にあり、くさタイプの中でも底辺に位置していたマスキッパが活躍できる土壌は皆無であったとさえ言える)

続く第7世代のUSUMではじごくづきアシッドボムと有用な技を習得し、ようやくモジャンボとの貴重な差別化要素を増やすことができた。
しかし、環境においては当時猛威を振るっていたミミッキュの対策としてはがねタイプのポケモンが大幅に増加するなど向い風が続いており、残念ながら使用率が改善することはほぼ無かった。

そして第8世代ではとうとういなくなってしまった。終生のライバルであるモジャンボは『鎧の孤島』でめでたく復帰したが、マスキッパは『冠の雪原』でも結局復帰ならず。こんなところでも差をつけられてしまい、涙を禁じ得ない事態になっていたがBDSPで復活した。

主な使用トレーナー


コジロウのマスキッパ

コジロウ…ってかマスキッパ


CV: 阪口大助(サトシフカマルの声も担当)

ダイヤモンド&パール』にて登場。本作におけるコジロウの主力ポケモンである。
ノモセ大湿原で弱っていたところを、幼い頃のコジロウに助けられてゲットされた。その後はシンオウ地方にある別荘でよく一緒に遊んでいたらしい。
別荘の玩具箱の中にモンスターボールともども仕舞われ、何年も放置されていたが、偶然コジロウに見つけられ手持ちに加わることとなった。
長年ボールの中で忘れ去られていたにもかかわらず、コジロウには非常に懐いており、愛情表現としてよく噛み付く。つまりは『ダイヤモンド&パール』におけるウツボットサボネアの後継的ポジションである。
(一度だけ、マスキッパ自身の意図とは別に他のキャラが噛み付かれたこともあった)

余談

メインシリーズではトコトン不遇な扱いを受けているマスキッパだが、派生作品である『ポケモン+ノブナガの野望』においては序盤から非常に使いやすい強ポケとして親しまれている

はいだしょうこ画伯が描いたスプーに似ているという指摘もある。マスキッパの姿・イラストを逆さまにして、スプーの絵画と並べると何かわかるかも知れない…。
2018年度ゆるキャラグランプリ優勝のあのキャラに似てるとも言われている。

モチーフとなったハエトリソウは英語でヴィーナス・フライ・トラップと言うが、それは葉の縁にあるトゲを女神に見立てたからだとか。とんでもない想像力の持ち主もいたものだ。

関連イラスト

ダメガネマスキ
スキー!


マスキッパ
マスキッパ



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ
食虫植物 ハエトリソウ
コジロウ(アニポケ) マゴイチ
クイタラン……ステータス傾向が似ている単タイプで、虫食いの生態を持つ点が共通する。

コジロウ愛用のくさタイプ:ウツボット サボネア モロバレル

関連記事

親記事

くさタイプ くさたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マスキッパ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マスキッパ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499922

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました