ピクシブ百科事典

マスキッパ

ますきっぱ

マスキッパとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.455
英語名Carnivine
ぶんるいむしとりポケモン
タイプくさ
たかさ1.4m
おもさ27.0kg
とくせいふゆう


概要

ハエトリソウがモデルのポケモン。
でも残念ながらむしタイプは弱点である。まあ初代ではハエとりポケモンなのに虫4倍って言う前例もあったし気にしてはいけない。
そしてじめんタイプを半減するくさタイプにも関わらず特性はまさかのふゆう
ふゆう持ちと言う事は隠れ特性に期待できないと言う事でもある。
なおヨマワルゴース系統は進化すると浮遊できなくなります。
そのせいで特性があまりにも活きないポケモンと化してしまっている。
おまけに後の世代でとある理由で特性が不利なものへとなるという…。
特性に関してはもっと酷い扇風機もいるけど。

はいだしょうこ画伯が描いたスプーに似ているという指摘もある。マスキッパの姿・イラストを逆さまにして、スプーの絵画と並べると何かわかるかも知れない…。
ステータス面はそれほど悪くはないが、似たような能力のモジャンボがいるため影に隠れがち。
そしてくさタイプの宿命として弱点が多い、進化するときは複合タイプであって欲しいものである。

第五世代では種族値配分のよく似たほのおタイプの後輩が登場した。

余談だが、ハエトリソウは英語でヴィーナス・フライ・トラップと言うが、それは葉の縁にあるトゲを女神に見立てたからだとか、とんでもない想像力の持ち主もいたものだ。

コジロウのマスキッパ

コジロウ…ってかマスキッパ


CV: 阪口大助(サトシフカマルの声も担当)

ノモセ大湿原で弱っていたところを、幼い頃のコジロウに助けられてゲットされた。
その後はシンオウ地方にある別荘でよく一緒に遊んでいたらしい。
長年玩具箱の中にモンスターボールともども仕舞われ忘れ去られたにも関わらず、コジロウには非常に懐いており、愛情表現としてよく噛み付く。
(一度だけ、マスキッパ自身の意図とは別に他のキャラが噛み付かれたこともあった)

関連イラスト

ダメガネマスキ

あの人を噛みしめたい


スキー!



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ
コジロウ(アニポケ) マゴイチ
ウツボット サボネア モロバレル

pixivに投稿された作品 pixivで「マスキッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287224

コメント