ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マラカッチ

まらかっち

マラカッチとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0556
イッシュ図鑑(BW)No.062
イッシュ図鑑(BW2)No.119
ガラル図鑑No.296
ローマ字表記Maracacchi
ぶんるいサボテンポケモン
タイプくさ
たかさ1.0m
おもさ28.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいちょすい / ようりょくそ / よびみず隠れ特性
タマゴグループしょくぶつ

各言語版での名称

英語・ポーランド語Maractus
ドイツ語Maracamba
フランス語Maracachi
韓国語마라카치
中国語沙铃仙人掌

概要

ポケモンBW』(第5世代)で初登場した、サボテンモチーフのポケモン

同じサボテンモチーフのサボネア系統に比べると、楕円体が連なった体型が目立っており、特にウチワサボテンの類に分類されるものと思われる。


先方と同様に目元が一段凹んでいるが、こちらはその中全体が金色に輝いており、ともすれば無機物のようにも見える。明確に宝石との関係が語られるヤミラミとも異なり、現状図鑑での言及も無いため具体的にどういう構造なのかは不明。

また、足は分化しておらず、移動時は小刻みに跳ね回る。

頭からはさらに2本の楕円体が伸びており、その先端に1輪ずつピンク色の花が咲く。「ツインテールのよう」と形容される事もあるが、性別比は♂:♀=1:1であり♂も同じ姿をしている。


色違いは淡い緑がより淡く、濃い緑は紫がかり、棘や目も赤紫色となる。花びらはオレンジ色に変わる。

マラカッチ

身体を揺らすとマラカスのような音が鳴り、これを使って外敵を追い払う習性がある。

1年に1度をばら撒き、この種は非常に栄養満点な食料である。食べ物に乏しい砂漠での貴重な栄養源であるため、鳥ポケモンが襲ってくるので気苦労が絶えないという。


以上の事から名前の由来は「マラカス+マリアッチであると考えられる。


ゲーム上の特徴


対戦での評価

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計
マラカッチ7586671066760461
ノクタス70115601156055475

「鈍足両刀」の代表的存在だったノクタスを幾分マイルドにしたようなステータス配分をしている。あくタイプも付かず、くさタイプのみになっている。とは言え、それで劇的に耐久性が上がったというわけでもなく、合計値自体ノクタスを下回っているため、やや物足りない印象を受けてしまう。


特性も、くさタイプにありがちな「ようりょくそ」と、第5世代でノクタスも手にした「ちょすい」なので、登場時より差別化が課題となっている。


それでなくとも同期には、よりステータスの高い「ようりょくそ」持ちのドレディア、絡め手に特化したエルフーン、そして御三家ジャローダと、単くさタイプばかり(当時)がひしめいており、外見的にも三者三様の個性があった事から埋もれてしまいやすかった。


習得技に関しては、一致技は物理・特殊共に一通りのものが揃っており、不一致技も「ふいうち」や「がむしゃら」など単くさタイプとしては面白い選択肢がある。

ただ、「ふいうち」はノクタスのメインウェポン候補になる技であり、あえてマラカッチで放つメリットは奇襲目的ぐらいしかない。先方はあくタイプ由来の絡め手も多数有しているという点も差別化を困難にしている。


元ネタにマミラミア属のサボテンが含まれるのか、見た目によらず「コットンガード」も覚えるものの、これもエルフーンの方がよっぽど上手く扱える始末である。

隠れ特性の「よびみず」と「てだすけ」「おさきにどうぞ」などを組み合わせて、団体戦でのサポーターを務めるのが最も手っ取り早い道だろうか。


第6世代

XY』では「はなふぶき」を習得した。習得者の中では一番「こうげき」が高くなる。もっともマラカッチは既に「ウッドハンマー」を習得していたので、反動を取るか味方を巻き込むリスクを取るかの選択となった。


ORAS』では「ニードルガード」を習得した。ノクタスも同時習得したため差別化には繋がらなかったが、有用な技であり、元ブリガロン専用技という事もあって習得者が絞られる傾向にもあるため、あって困るものではなかった。


第8世代

ノクタスなどが出禁となる中、先述のように無事登場した。最大のライバルが不在となった事で、なし崩し的に今までで最も強みを活かせた世代とも言われた。


技体系の見直しでは、「グラススライダー」や「ウェザーボール」などを得た一方、「がむしゃら」や「はたきおとす」などを失った。特性が「晴れパ」や「雨パ」との相性が良いマラカッチにとって「ウェザーボール」は大きな収穫と言えたが、失った技も有用性が高く痛手でもあった。


新要素のダイマックスは「ダイジェット」の流行が逆風となったものの、自身も「とびはねる」を「ダイジェット」にして使えたため、差し引きで±0という評価に落ち着いている。


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版

  • トビオ(BW53話)

 

漫画版


番外作品

ポケパーク2

1回目のウィッシュパークイベント後、ポートエリアの「なみうちのはまべ」に登場。いつも3匹で踊っているが、1匹が方向音痴であるうえに待ち合わせ場所を間違えた為、他の2匹から連れてくる事を頼まれる。その1匹を見つけて2匹のもとへ連れてくると友達になってくれる。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • トビオのトリオ・ザ・マラカッチ
    • BW53話で3人組みのマラカッチ、「トリオ・ザ・マラカッチ」が登場。それぞれ「マーくん(CV.西村ちなみ)」、「ラーくん(CV.渡辺明乃)」、「カッチン(CV.古島清孝)」というニックネームがついており、カッチンは他2体に比べて体が小さく、首にスカーフをまいている。

その他

BW69話・112話・117話・125話
新無印5話・50話・92話
劇場版キュレムVS聖剣士ケルディオ

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 8話:町のポケモンとして登場。

関連イラスト

まらかっちマラカッチ

ヘイヘエイMariachi Maractus


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン BW BW2

ポケモン一覧 くさタイプ

マラカッチのくるくるブロッサム

マラカス マリアッチ


0555.ヒヒダルマ / ガラルヒヒダルマ0556.マラカッチ→0557.イシズマイ


同くさ単タイプ


その他

関連記事

親記事

くさタイプ くさたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1451972

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました