ピクシブ百科事典

マラカッチ

まらかっち

マラカッチとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.556
イッシュ図鑑第1版No.062
イッシュ図鑑第2版No.119
英語名Maractus
ぶんるいサボテンポケモン
タイプくさ
たかさ1.0m
おもさ28.0kg
とくせいちょすい / ようりょくそ / よびみず


概要

第5世代初登場の、サボテンモチーフのポケモン。
身体を揺らすとマラカスのような音が鳴り、これを使って外敵を追い払う習性がある。
名前の由来は「マラカス+カクテーンゲワッチ(ドイツ語で「サボテン」)」。間違ってもアレの事ではない。

丸サボテンなサボネアに比べると、楕円が連なった姿をしている。多分ウチワサボテンだろう。
ツインテールを連想させるデザインと独特の愛嬌のある可愛い顔から熱心なファンも多い。

第5世代ではサボテンらしく砂漠に生息…していたのだが、特性がすながくれでは無い為勝手にHPを磨り減らしてしまう。
見た目優先で生息地を決められた悲劇である…。
ちなみに特性がちょすいようりょくそなので何故?と思われるが、サボテンは水分吸収も行うし光合成もする。おかしい事ではない。

色違いは非常にカラフル。これも人気が高い。

マラカッチちゃん



能力は攻撃面重視の型となっている。
その分耐久はいまひとつであり、くさタイプらしく耐性が低いのが難点。
技に関しても他のくさタイプも習得できる技が並んでおり、マラカッチならではと言う要素が少ないのが難点。
そうするとやはり同じサボテン型ポケモンのノクタスの壁は大きい…。
見た目と違ってコットンガードを覚えるが、これもエルフーンがいる始末。

とは言え能力不足というわけでは無い為、全く戦えないと言う事はない。
一致技は物理・特殊共に大技が揃っており、小技もふいうちがむしゃら等面白いものが揃っている。トレーナーの育成次第では能力以上の実力を発揮できるだろう。

第6世代でははなふぶきを習得可能になった。
この技を習得できるポケモンの中では一番攻撃力が高い。とは言え既にウッドハンマーを習得できるので、反動を取るか威力を取るかよく吟味しよう。
さらにORASでは差別化要素としては大きいニードルガードを習得できるように。
他に覚えるポケモンがブリガロンとノクタスしかいない為、この点は大きいと言える。

第5世代ではポケモンだいすきクラブのプレイルームのミニゲームでマラカッチが担当する、4枚の花びらを輪っかにしてそろえて消すパズルゲーム、マラカッチのくるくるブロッサムが存在していた。

アニメ版

第5世代ポケモンなので、勿論初登場はBW。
ゲストキャラクター・トビオの手持ちポケモンとして、3人組みのマラカッチ、「トリオ・ザ・マラカッチ」が登場。
それぞれ「マーくん」「ラーくん」「カッチン」というニックネームがついており、カッチンは他2体に比べて体が小さく、首にスカーフをまいている。

関連タグ

ポケモン
ポケモン一覧
ノクタス





関連イラスト

踊るサボテン
まらかっち


らくがきウマウママラカッチ



関連記事

ポケモン ポケモンBW ポケモン一覧 くさタイプ サボネア ノクタス サボテン
ツインテール ミュウ(TOA)

pixivに投稿された作品 pixivで「マラカッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 521948

コメント