ピクシブ百科事典

ジャローダ

じゃろーだ

ジャローダとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.497
イッシュ図鑑 No.003
英語名 Serperior
ぶんるい ロイヤルポケモン
タイプ くさ
たかさ 3.3m
おもさ 63.0kg
とくせい しんりょく / あまのじゃく(隠れ特性)


ポケリフレ情報


頭頂部
襟(?)部分
危険

進化

ツタージャ(Lv.17) → ジャノビー(Lv.36) → ジャローダ

みんなでとぐろ




概要

ツタージャの最終進化形。初登場は第5世代(ポケモンBW)。
名前の由来は系統共通の「(音読み:ジャ)」+「道(英:Road)」ないしは「卿(英:Lord)」+「蛇(音読み:ダ)」と考えられる。

進化によってがなくなり、胴体が大きく伸びて一気に蛇らしい体型に変化した。胴体に黄色い唐草模様が入り、高い襟のようなヒレ状の構造が表れるなど、分類名に違わない高貴さを漂わせる。
目つきも睥睨するような鋭く冷たいものとなり、その筋のトレーナーに大層人気があるとか。ジャローダさんマジロイヤル

もなくなっているように見えるが、こちらはちゃんと残っている。ヒレ(?)の根元付近で垂れている葉っぱのようなものがそれであり、「ポケモンミュージカル」ではグッズを持つこともできる。

ジャローダのあれ
リーフブレード五刀流


何気に高さが3.3mもあり、草御三家どころか御三家全体で見ても一番大きい上に、BWで初登場したポケモン中最大の大きさを持つ。後にホワイトキュレム(3.6m)に抜かれたものの、それでも大きい事には変わりない。

ゲームにおける特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
7575957595113


「蛇=素早い」というイメージにもかかわらず素早い蛇型ポケモンがいなかった中、初めて種族値100を超える蛇型ポケモンとして登場した。
草御三家では同じ爬虫類モチーフのジュカインに次ぐ速さで、御三家全体で見ても素早い方に位置する。また、素早いポケモンでありながら耐久力がかなり高水準。

一方で、攻撃力についてはお察しレベルの数値であり、シナリオ攻略ではいくら強い技を覚えさせてもダメージが稼げない。
しかも自力習得できる攻撃技は自タイプとノーマルタイプのみと極端に偏っている。わざマシンを用いても「めざめるパワー」がすぐに候補に上がってくるほど貧弱なレパートリーであり、『BW2』以降の教え技で「アクアテール」「アイアンテール(タマゴ技でもある)」「りゅうのはどう」「げきりん」「はたきおとす」等が揃うまでアタッカーは困難だった。そしてくさ技は全タイプ中最も通りが悪い

こうした特徴から、シナリオ中ではぶっちぎりに頼りにならない御三家である。
道中でゲットできる他のくさタイプ(エルフーンドレディアヤナッキーなど)は技の揃いや能力面で大きく勝っており、これらに乗り換えた人が多数いた。
相対的にはいつぞやのハーブポケモン以上に厳しい環境だったと言える。
敢えて育てるなら「せいちょう」「やどりぎのタネ」のどちらかがあると幾分楽。

シナリオで苦労する分の反動なのか、対人戦においては優秀の一言。技も状態異常をかける手段こそ少ないものの、蛇由来の優秀な遺伝技「へびにらみ」に始まり「やどりぎのタネ」「ひかりのかべ」「いえき」「ちょうはつ」など概ね揃っており、「みがわり」と「やどりぎのタネ」を併用した持久戦や、「へびにらみ」を活かした麻痺撒きサポートを一通りこなすことができる。
地味に積み技も優秀で、やはり蛇由来の「とぐろをまく」の他「つるぎのまい」「めいそう」「せいちょう」を備えるため、積みアタッカーもこなせなくはない。こうげき・とくこうは同値なので両方に対応できるのも強みの1つ。

そして『ORAS』で解禁された隠れ特性あまのじゃくでまさかのアタッカーとしての才能が開花した
この特性を持った状態でリーフストーム」を使うと「とくこう」を2段階も上げられるのである。
威力130のタイプ一致ボーナス1.5倍という超火力が次のターンには威力が半減するどころか倍増して襲いかかると言えばその恐ろしさがお分かりいただけるだろうか。
素の攻撃力が上記の通りなので、実際にはそこまでゴリ押しが利くわけではないのだが、ジャローダは搦め手に秀でたポケモンである。各種変化技に攻撃技1枠という構成にしていた個体も珍しくはなく、問題無く「リーフストーム」を戦術に組み込むことができた。
早い話が本来火力を度外視するサポーターが強力なブースト手段を備えたわけで、攻防共に隙の無い、高いレベルでバランスの取れたポケモンになった。
特にくさ技の通りが良くなるさかさバトルでは最警戒ポケモンの一角にまで登り詰めており、第5世代御三家の中ではぶっちぎりの使用率を誇っている。
なお、積み技との相性が最悪なため、この特性で積みアタッカーになることはできない。

外伝作品

ポケモンGO

本作に於いても、本家同様先手を打っての搦め手を得意とするポケモンとなっている。

火力こそ低めなものの防御の種族値が高めになっており、CPは低めだがメガニウム等と同様に耐久力も重要となるスーパーリーグに適しており、通常わざが出も速いタイプ一致の「つるのムチ」ならばゲージわざのチャージも速い。
習得するゲージわざは「くさむすび」「グラスミキサー」「つばめがえし」そして限定技の「ハードプラント」。この内グラスミキサーは相手の攻撃をがくっと下げる効果を持ち、通常わざが前述したつるのムチならゲージの溜まりも速い為先手を打って相手の火力を削ぎやすい。また同じくゲージの溜まりが速いつばめがえしも同タイプのメガニウムやこちらの弱点を突いてくるむしタイプ辺りの相手に対し持っておくとより柔軟に動ける。

ウツボット等他のグラスミキサー使いに比べ火力が出しづらく素の火力も低めな為、高めの耐久力・手数とデバフを上手く活かして立ち回りたい。スーパーリーグではチルタリスエアームド等「ゴッドバード」使いも多数いる為、弱点を補完出来るポケモンも控えておくと安心。

Newポケモンスナップ

「樹海(トキシキの森およびイルミナスポット)」に生息。第5世代御三家の中では唯一の出演。
トキシキの森では2番目の季節分岐が「秋」の時にのみ、2番目および4番目(分岐先のみ)に出現する。
イルミナスポットではとあるイルミナポケモンと仲良さそうにしている。

主な使用トレーナー

チェレン / 『BW』でミジュマルをパートナーに選んだ場合。
ベル / 『BW』でポカブをパートナーに選んだ場合。
ヒュウ / 『BW2』でミジュマルをパートナーに選んだ場合。
デント / 『BW2』のPWTワールドリーダーズトーナメントでのみ使用。
モトナリ / 『ポケモン+ノブナガの野望』のブショー(ブショー進化後のベストリンク)。
シューティー / アニポケでの主人公のライバルの1人。

キミとふたりで
ベルちゃんとジャローダ


よしよし
アオバ



関連イラスト

蛇王
マイ・フェア・ジャローダ


にょろにょろ×2
ちびジャローダ



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW くさタイプ
ポケモン御三家

イッシュ御三家・最終進化形

くさタイプジャローダ
ほのおタイプエンブオー
みずタイプダイケンキ

草御三家・最終形態

ポケモン該当地方
フシギバナカントー御三家
メガニウムジョウト御三家
ジュカインホウエン御三家
ドダイトスシンオウ御三家
ジャローダイッシュ御三家
ブリガロンカロス御三家
ジュナイパーアローラ御三家
ゴリランダーガラル御三家


他の蛇ポケモン
アーボ アーボック  イワーク ハガネール ノコッチ ハブネーク

関連記事

親記事

ジャノビー じゃのびー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャローダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9773886

コメント