ピクシブ百科事典

エンブオー

えんぶおー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

イッシュ図鑑No.006
全国図鑑No.500
英語名Emboar
ぶんるいおおひぶたポケモン
タイプほのお / かくとう
高さ1.6m
重さ150.0kg
とくせいもうか / すてみ(夢特性


進化

年賀状・2019亥


ポカブ(Lv.17) → チャオブー(Lv.36) → エンブオー

概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)から登場した、ポカブの最終進化系。図鑑ナンバーの記念すべきNo.500はこのポケモンである。

チャオブーから更に逞しい体つきに成長し、容貌も耳の代わりに太い眉毛が逆立っている等、厳めしい親分じみたものになった。この外見に反し仲間思いというギャップ萌え要素も。

首回りは常時燃え盛っているが、実はこの炎は襟巻ではなく顎髭である。この顎髭で腕を着火し、パンチを食らわせるという設定で、気合が入るとより強く燃え上がるらしい。
体格通りのパワーと体系に見合わぬスピードを兼ね備えた格闘技の達人で、数多くの技を使いこなす。事実アニメでは結構身軽に動いているが、残念なことにゲームでは全く発揮されない。

どうやら「中華」がコンセプトのデザインのようで、思わずゴウカザルの隣に並べてあげたくなる。イメージとしては三国志の武将をイメージしてデザインされたのだとか。
名前の由来は「演武+豚+閻魔大王」と推測されるが、単に「炎の豚王」を縮めているだけかもしれない。英語名のEmboarEmbar(燃えさし)とBoar(イノシシ)の合成語だろう。

ゲームでの特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
110123651006565

イッシュ地方ではほのおタイプが少ないこともあり、ストーリーにおいて重要な存在である。
攻撃・特攻の両方が高く、両刀型に向いているという点でゴウカザルバシャーモと似通っているが、素早さは低く少々使いにくい。

HPは高いものの防御・特防が低いので努力値無振りだと耐久面は並み。バシャーモやゴウカザルより少し硬い程度である。反動技も多いということもあって倒れやすい。

攻撃技に関しては多彩かつ器用。
もろはのずつき」「フレアドライブ」「ばかぢから」などの高威力技を習得する。「ワイルドボルト」も覚える。
意外な事に技マシンでみずタイプの「ねっとう」を覚えられ、エンブオーはセキタンザンが出るまでは対戦で使用できる唯一の「みずタイプの攻撃技を覚えられるほのおタイプ」だった(禁止級を含めるとボルケニオンも存在する。ちなみにみずタイプ技を覚えるほのおタイプのポケモンはエンブオーよりも前に存在しており、あまごいを覚えるブースターファイヤーなどの一部のポケモン、第四世代からからにこもるを覚えるコータスフォルムチェンジでほのおタイプに変化できるポワルンアルセウスがいる)。


第6世代ではタマゴ技で「ふいうち」を習得し、他の2匹との更なる差別化に成功した。さらに夢特性の「すてみ」の解禁により、「もろはのずつき」や「フレアドライブ」を威力1.2倍で使え、超高火力なポケモンになった。鈍足低耐久ゆえ使いにくいポケモンであるが、ロマンある性能と言える。

65という乏しい素早さについては如何ともし難く、歴代御三家の中でも、メガニウムダイケンキと並んで不遇とされている。

こだわりスカーフ」を持たせたり、「ニトロチャージ」や「ローキック」を1度使用しただけではS130以上のポケモンに対して先手を取ることができず、不安定感は残る。かといって「トリックルーム」を使うにしてはS65は速すぎる。「アームハンマー」と「のろい」を組み合わせるのが得策か。

ポケモンGO

2019年のウルトラボーナスとして実装された第5世代に初登場。

バシャーモが使いやすいのに対し、ゴウカザルはイマイチすぎる性能になってしまったこともあり、エンブオーはどうなるのかと期待と不安がされていた。

そして、いざ蓋を開けてみると...

なんとゴウカザルよりも使いづらくなってしまった。

技構成は通常技で「ひのこ」、「けたぐり」。どちらも威力・チャージ共にイマイチで使用率はそんなに高くなく、エース級の実力を発揮できるとは言いにくい(何気にアップデートでひのこの威力が6→7に上がっているが)。
ゲージ技は相性補完として有用な「いわなだれ」、タイプ一致のかくとう技である「きあいだま」、ここまでは問題ないのだが、ほのお技はなんとフルゲージで威力95の「ねっぷう」。ほのおタイプとしての運用は今のところできないに等しいといってもよい。かくとうタイプとしてもやはりバシャーモに後れを取ってしまう。
原作でも使用率が低いというのに、まさかこちらでも不遇の一途をたどってしまうとは…。

さすがにこのままではあんまりだと思われたのか、後に新たなほのお技として「ニトロチャージ」を習得。トレーナーバトルでは小出しにしやすく確実に攻撃が1段階上がる為、同じく必要エネルギーの少ない「いわなだれ」と併せての運用が考えられる様になった。

ポケモンGO コミュニティ・デイ7月はポカブ


そして、2021年7月3日にポカブのコミュニティ・デイが開催され、遂に御三家専用のほのお技である「ブラストバーン」を修得し、長い不遇から遂に脱却した。メガシンカポケモンを除けば、ブラストバーン持ちのポケモンとしてはバシャーモに次ぐ第2位の火力を出せるので、バシャーモを持っていない人は育成してはいかがだろうか。

アニメでの活躍

初出は劇場版のOP。

ベストウイッシュではドンナマイトにてベルが使用。チャオブーが進化したものと思われる。
初戦でシューティーローブシンと対決。初めは相手に押されるものの、ベルの励ましに応え、ローブシンがとどめに放った「ストーンエッジ」を全て受け止めてしまう。そこからの「なげつける」で形勢は逆転。最終的にはローブシンの持つ柱を奪って投げつけ勝利する。
次の試合ではラングレーキリキザンと対決。相性差もあってすんなり勝利する。
しかし準決勝ではケニヤンダゲキのフットワークに決定打となり得る攻撃を悉く避けられ、最終的に敗北してしまう。

その数話後、サトシのポカブを捨てた非道トレーナー「スワマ」の手持ちとしてパートナーの「クイタラン」と共にサトシとダブルバトルを繰り広げる。

シーズン2に入ってからはイッシュリーグでベルのエンブオー再登場。しかしとんでもないわざ構成になっていた…。

主な使用ポケモントレーナー

チェレン / ツタージャを選んだ場合
ベル / ミジュマルを選んだ場合

モーソーポケモン
ぎゅーっ



関連イラスト

エンブオー II
エンブゥブゥォー!


焼豚
エンブオーのヒートスタンプ!



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW ブーピッグ ガノンドロフ 

Noキリ番ポケモン
100ビリリダマ(ヒスイビリリダマ)
200ムウマ
300エネコ
400ビーダル
500エンブオー
600ギギアル
700ニンフィア
800ネクロズマ(たそがれのたてがみ/あかつきのつばさウルトラネクロズマ)
900バサギリ

イッシュ御三家・最終形態

くさタイプジャローダ
ほのおタイプエンブオー
みずタイプダイケンキ


炎御三家・最終形態

ポケモン該当地方
リザードンカントー御三家
バクフーン(ヒスイバクフーン)ジョウト御三家(ヒスイ御三家)
バシャーモホウエン御三家
ゴウカザルシンオウ御三家
エンブオーイッシュ御三家
マフォクシーカロス御三家
ガオガエンアローラ御三家
エースバーンガラル御三家

関連記事

親記事

チャオブー ちゃおぶー

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エンブオー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エンブオー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4589795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました